天国に行けないパパのクチコミ・レビュー

クチコミ・レビューFilmarks

3.8

観た人
605

観たい人
1265

投稿者:つばたろー 2021年01月20日

あんまり先入観なしで鑑賞しましたが、
かなり個人的に面白い映画でした!
皆さん言うようにカーチェイスから異様に映画のテンションが上がってきます。

そこまではうーん、コメディとしてもイマイチだ…と思いながら観てましたが。

カーチェイスからの中指
はめっちゃ笑いました
以外とほろっと来る場面もあり、
銃をロッカーに置いて家族の写真を見るシーン、
立てこもり犯を説得するシーン、
ドラマシーンも良いです。

個人的に好きなシーンですが
表彰式での警部の細かい表情は見ものです。

投稿者:ここにーる 2021年01月18日

TSUTAYA、ガラガラでむしろ安全だね。

殉職した方が何かと都合が良くなって慌てて死に急ぐがなかなか死なせてもらえない定年間近の窓際刑事のコメディものを発掘。うーん、ベタだわ。

投稿者:ムック 2020年12月17日

面白い!死にたいのに死ねないおっさんが主人公。どうにかして死のうと頑張るおっさん。ボッコボコの車でガチのカーチェイス、爆発しても絆創膏。終始ニヤニヤが止まらなかった!

レビューをもっと見る・投稿する

クチコミ・レビューTSUTAYA DISCAS

死を目前にすると、生が輝く

投稿者:まごわやさしい 2018年02月03日

病院のミスで血液検査の結果「もうすぐ死ぬ」と告知された刑事がダイナミックに生きる物語。
よくできたストーリーで、視聴後さわやかになる作品

殉職できないパパ

投稿者:なんの因果 2017年10月08日

「天国に行けないパパ」なんか聞いたようなタイトルだなぁ~。
ダブニー・コールマンも見たことある顔だし。(・・・って、ジャケ画像がないんかい?DISCAS!)
はい、製作は1990年。DVD化が2016年と言うことでただいま準新作カテゴリになっております。

あと少しで定年を迎える刑事バート(D・コールマン)。健康診断で他人の血液とすりかえられてしまい、
医師から重大な病気で余命2週間と告げられる。
病死では息子のダギーをハーバードに入れるには到底足りないが、在職中に殉職すれば多額の保険金がおりることを知り、さぁ~それから「タマを受けて死んでやろうじゃないか!」捨て身の作戦が始まる。
そんじょそこらのアクション映画より迫力あるカーチェイス、
(カーチエイスの面白さって時代や規模じゃないんですねー。笑いましたよ。)
人質をとって立てこもった爆弾男にバートはパンツ一丁で近づく。
(敵意を見せないためか。これ使える作戦じゃないですか?日本でもやってみたらどうでしょう。)
自身の生涯を思い出しつつ、後悔してもしょうがないがキミはまだ間に合う、と説得するバート。
人質さんたちももらい泣きで号泣しながら保護される。
そんなこんなで、殉職するはずが、大手柄で表彰されることに。
うまく逮捕するたびに、ガッカリした顔のバートが面白いです!

レビューをもっと見る・投稿する

クチコミ・レビューTSUTAYA

レビューを書いてみませんか?

レビューをもっと見る・投稿する