許されざる者のクチコミ・レビュー

クチコミ・レビューFilmarks

3.3

観た人
2684

観たい人
1376

投稿者:しばわんこ 2021年05月04日

クリント・イーストウッド主演の西部劇「許されざる者」のリメイク。
主演は渡辺謙。モーガン・フリーマン=柄本明、ジーン・ハックマン=渡辺謙。配役はとても良かった。
舞台を西部開拓時代のアメリカから明治時代の北海道に移しているが、思ったより違和感がなかった。北海道の壮大な自然は西部劇ともどこか共通する。日本の時代劇にリメイクしたというより明治時代の北海道に舞台を置き換えた西部劇という感じだった。物語はイーストウッド版にかなり忠実だった。
アイヌ人が物語に絡むのは、北海道という設定から単に黒人からアイヌに置き換えただけでなく、民族差別に対する李相白監督の思いが込められているように思った。
どうしてもイーストウッド版と比べると評価は下がるが、リメイク版としては悪くないと思う。

投稿者:桂木 2021年04月16日

渡辺謙なぜか座頭市ぽい、白目むくな
最後のアクションがアクションのおもしろさ1ミリもない
セリフがめちゃくちゃダサい
音楽の使い方、絵もダサい
銃と刀両方を使う設定が最悪
雪が降ってるのにイーストウッドの雨の方がしんどそう
保安官ともの書きの楽しいやりとりがまるでない、そこで保安官の厚みを感じたいのに
イーストウッド版のすごさを理解するための参考資料としてはよい

投稿者:R 2021年03月23日

浦和ユナイテッドシネマで鑑賞。

キネマ旬報の『鑑賞ガイド』で、この映画、ある評者が「本作を見るなら、オリジナルのイーストウッド版を2回観た方が良い」と書かれているのをチラ見してしまったので、観に行くモチベーションは若干下がり気味だったが、実際に観てみると『なかなか頑張っている映画ではないか』と思った。

明治時代の蝦夷を舞台にしたあたりや、アイヌ族やその文化を取り入れたあたりは良かったが、全体的にダーク感ただよう映画に仕上がっていた。

女郎屋の炎上シーンや、広々とした大地シーンは、素晴らしい描写。

まぁ、娯楽作と割り切って観れば、そこそこ楽しめた作品だった。

レビューをもっと見る・投稿する

クチコミ・レビューTSUTAYA

レビューを書いてみませんか?

レビューをもっと見る・投稿する