南の島の大統領 -沈みゆくモルディブ-のクチコミ・レビュー

クチコミ・レビューFilmarks

3.6

観た人
88

観たい人
90

投稿者:な 2020年06月29日

いつか行ってみたいとは思ってたけど、海がきれいなことと海面上昇の影響を受けてることくらいしか知らなかった

私はここで何も知らずに考えずに生きていくこともできるけど、それではいけないと背筋を伸ばしてくれるような人たちの映画

投稿者:みゆ 2020年06月28日

2020.06.28(126)
Amazonプライムビデオ・字幕


私は2006年の3月に新婚旅行でモルディブへ行った。モルディブは1アイランド1リゾートで、1つの島に1つのリゾートホテルしかない。故に宿泊者は島を丸ごとプライベートビーチとして楽しむことが出来る。とにかく大変に美しいところだが、私たちが行った時は、まだスマトラ島沖地震による津波の痕跡が残っていて、修復工事をしている場所もあった。

そんな訳で、モルディブには思い入れがあるのだが、このドキュメンタリーでは、主人公である当時の大統領モハメド・ナシード氏が、モルディブの地を地球温暖化から守るべく、ひたすらに尽力する姿が描かれている。

見ていると、国際政治のなんと難しく大変なことよ…と、ため息が出てしまう。インドや中国との駆け引きは、ハラハラして胃が痛くなりそうだった。

映画ではナシード氏が大統領になるまでが如何に大変だったかも、まるでフィクション映画を示唆するような出来事とともに紹介していて、それもとても驚いた。日中のモルディブの筆舌に尽くしがたい猛烈な激烈な強烈な暑さを知っているので、あの狭い独房でよくぞ生きていられたなと。あの独房入りだけで十分な拷問だと思うのに、更なる拷問まであったとは…

今作は2011年に公開されたのだが、ナシード氏は2008年から務めた大統領の職を2012年に辞することになる。これはナシード氏によると前政権の勢力によるクーデターとのこと。そしてナシード氏は政治犯として逮捕され、それを弁護し、最終的にイギリスへ亡命させたのは、かのアマル・クルーニーである。

まず、何も知らずに今作を見ると、とにかく地球温暖化を止めなければと、二酸化炭素排出量を下げなければと、ナシード氏側に傾きがちになってしまう。

ただ、これは私には分からないことなので、あまり強くは言えないのだが、地球温暖化に二酸化炭素排出量が大きく関係しているという説は、ある科学者たちの間では有力であるが、また別の科学者たちの間では疑問視されているので、それを踏まえて今作を見ると、なかなか複雑な気持ちに陥ってしまう。

ナシード氏自身も今作の中で言っていたが、医療や教育よりも、護岸工事と再生可能エネルギーにお金を費やすのは間違っているのかもしれないという考え方もある。

では現在のモルディブがどうなっているのか、海面上昇により沈んでしまった島や、または沈みつつある島があるのかどうか、それは何故かインターネットで調べても、なかなか出てこない。不思議なことに古い記事ばかりだ。

きちんと整理せずに思い浮かんだままに書いたので、何が言いたいのかまとまらず、とっ散らかってしまったが、環境問題やエネルギー問題について興味がある方には、お勧めしたい1本である。

まぁ…政治は難しいし、よく分からない。見ようによっては、原子力発電推進派が裏で糸を引いているとも考えられるし、そうではなく本当に二酸化炭素排出量が地球温暖化に大きく関わっているのかも知れないし、とにかく本当のことが知りたいなと、凡人の私は途方に暮れてしまうのである。

投稿者:TadashiSakabe 2020年06月23日

誰もが行きたい美しいモルディブを消滅させてはならない!
数少ない素晴らしき指導者!
某国の指導者に爪の垢を煎じて与えたい
本当に素晴らしい景色に感動

レビューをもっと見る・投稿する

クチコミ・レビューTSUTAYA DISCAS

新しい英雄はじまる?

投稿者:TETSUYA 2015年01月13日

地球温暖化による海面上昇で国自体が消失してしまう可能性があるモルディブを守るために奔走するナシード大統領の活動を追ったドキュメンタリー。
独裁状態にあった前政権下で何度も投獄され拷問を受けながらも、民主政治を訴え、大統領に就任。自国の問題を世界に投げ掛け、大国のトップ達と対等に渡り合い、コペンハーゲンの会議でCO2削減の合意を得る迄のスリリングな展開をレディオヘッドの音楽と共に一気に見せる。
ナシードの活躍を紹介する為の作品だから当然ではあるわけだか、それにしても現代の英雄としか思えない行動力と実践力に満ちた偉大で誠実な政治家である。しかしながら、理想的な政治家を絵に描いたような素晴らしすぎる活躍の最後には、CO2排出濃度が会議を行った年よりも上昇した結果と、ナシードがクーデターにより大統領を辞任した、という現在で終わる。マトモな事をやる事の困難さが見事にあぶり出された作品だと思う。ナシードは辞任後も大統領選に立候補しているが再選を果たしていない。しかし彼はきっと諦めないだろう。私たちの国を含め、世界中の中から第二、第三のナシードが登場すれば、本作の意義は充分にある。

あっと言う間に終わった。

投稿者:Mike Rue 2014年11月20日

このドキュ、すっごい面白かった。あっと言う間に終わった~って感じ。映像は、夢のモルディブって感じで美しいし、内容もいい。大満足!

レビューをもっと見る・投稿する

クチコミ・レビューTSUTAYA

レビューを書いてみませんか?

レビューをもっと見る・投稿する