みんなあげちゃうのクチコミ・レビュー

クチコミ・レビューFilmarks

3.2

観た人
38

観たい人
35

投稿者:mitakosama 2021年05月22日

弓月光のエロコメ漫画の実写化。監督は当時ピンク映画を作っていた金子修介だが、氏の後の活躍を彷彿させる面白さがあるよ。
全体的にしょーもないギャグなのだが、笑いの間が良いので割と笑える。
あと特撮パロディの多さも監督の趣味丸出しやね。冒頭でウルトラの母とか、銭湯のヤクザの入れ墨がキングギドラだとか他にも色々。

大金持ちの娘・間宮悠乃が、冴えない浪人生・地下中六郎に「処女いりませんか?」と押し掛け女房。
性欲満々な悠乃に六郎も振り回されながらも惹かれて行く。
間宮の家に行くが身分が違く受け入れて貰えないが、六郎は五重塔の試練を乗り越えて二人は結ばれる。

悠乃・六郎共によくわからん俳優さん。悠乃は大胆に脱いでるが演技は棒だなー。しかも80年台ヒロインぽく「キャハ」って笑う。六郎の俳優は受け口で微妙なイケメンだな。

他に座布団配りの山田隆夫くんや、三波豊和なんかも出演してるね。

ラストは勝ち抜いていく少年ジャンプ感溢れるバトルだが、五重塔なのに敵が二人しか出てこない。
一人目はギロチンの蘭子。
二人目は何だかよくわからん宇宙人。時空が歪んでいるんだと。何でもありなんだな(笑)

バカバカしいのに所々笑わされて悔しい。

投稿者:方眼 2020年11月21日

弓月光の漫画原作。真剣白刃取りというしょーもないギャグに大笑いである。大阪の怪獣ってなんやねん。ウルトラの母て。

投稿者:アオジル 2019年01月22日

平成ガメラシリーズなどの金子修介監督のピンク映画時代に作られた(監督としては最初の)一般向け映画。
冒頭に(何故か)ウルトラの母が出てきたり、ちょいちょい特撮ネタが入ってるのは金子監督だからか。(しかも脚本は井上敏樹)。

今見るとかなり時代を感じるけど、良い意味でくだらなく楽しいエロコメディでした

レビューをもっと見る・投稿する

クチコミ・レビューTSUTAYA

レビューを書いてみませんか?

レビューを投稿する