松竹新三羽烏傑作集 女舞のクチコミ・レビュー

クチコミ・レビューFilmarks

3.8

観た人
36

観たい人
31

投稿者:ヒラリー 2021年03月01日

特集:松竹 メロドラマの系譜
舞踊家の家に生まれた千弥
美しく才能にも恵まれていた彼女は教えを乞う為能楽宗家の西川に稽古をつけてもらう。
事前に西川は女遊びが酷いと聞いていたが予想を反して真面目。
稽古終わりに外に出るといつも黒い車が停まり女性の影はあるものの、自分にはそんな素振りが無い。
最終日、帰りをやけに引き留める西川と西川が気になる千弥
彼に狂わされた女の話や本性を知っても尚、離れられず…
前回見た集金旅行と同様岡田茉莉子×佐田啓二
今回は逆で狂わされる岡田茉莉子!!!!!!!!
私としては男を手玉に取って狂わせる方が好きだけど!
いつも見てた岡田茉莉子出演作はハイカラな感じだったからがっつり舞踊見られるとは…
脇を固める俳優陣も豪華でほくほく(ちょっとだけ北林谷栄出てた気がする…)
男女、師弟、父子が縺れに縺れてなかなかに地獄

投稿者:松井の天井直撃ホームラン 2019年12月27日

☆☆☆★★★

※ 鑑賞直後のメモから

日本映画伝統の芸道映画の秀作。
監督は大庭秀雄。

孤島の天才能楽師にして稀代の女たらしには佐田啓二。
芸道を極める為に、天才の芸を盗もうとするも。逆に骨抜きにされてしまうのが、美人舞踏家元の岡田茉莉子。
彼女のお弟子さんには岩下志麻。
岡田茉莉子を支援するのが宮口精ニ。この男が岡田茉莉子の結婚相手に推薦するのが仲谷昇。
しかし、岡田茉莉子は佐田啓二に狂ってしまっているので。それを知った仲谷昇は、お弟子の岩下志麻と仲良くなる。

作品中に登場する能の舞が《葵上》
不勉強の為に、女の恋の情念を表している…であろうこの舞を知った上で鑑賞出来たのならば、より面白く観れたのでしょうが…。
それでも、ドンドンと佐田啓二に入れ込んでしまい。恋に狂い始める岡田茉莉子がとても良い。
佐田啓二の女たらしっぷりも堂にいっており。女に対するその冷たさで、恋の主導権をサクッと握ってしまう辺り。まだまだ息子の中井貴一には、これ程の艶っぽさが出せてないのは残念。

後半になると、宮口精ニが支援者らしく2人を見守る渋い演技を披露。以前から口では佐田啓二を罵りながらも、その実力を認めていただけに。2人にとっての良き理解者となる。

恋に狂う美人舞踏家とツンデレ(死語)天才能楽師の話は。最後の舞台に際し一気に、それまで作品の中ではっきりと描かれなかった仲谷昇と岩下志麻の不倫関係。佐田啓二と元関係があった五条家との関わり。金沢へ引っ込んだ際の愛人らしき女等。多くの不安要素を、ご都合主義宜しく。あっとゆう間に強引に、且つ単純に終わらせしまうとは。大庭秀雄監督の職人技が冴えに冴えていた。

2010年12月29日 ラピュタ阿佐ヶ谷

投稿者:一 2019年06月15日

ブラックホールのように女の愛を吸込み、無化し、破滅に向かわせる佐田啓二がえげつなくて無理。最高。「君のことが好きなあいだは他の女は全部嫌いだ」セコい言い草である。ニヒル気取って放任主義な素振りをしてはいるが根は自分勝手なところ、他人事ではない気がしてきて泣きたくなる。

レビューをもっと見る・投稿する

クチコミ・レビューTSUTAYA

レビューを書いてみませんか?

レビューを投稿する