ツンツン節だよ全員集合!!のクチコミ・レビュー

クチコミ・レビューFilmarks

2.8

観た人
36

観たい人
15

投稿者:mitakosama 2021年04月21日

ドリフ7作目。酷っどい内容(笑)
同じナベプロでもクレイジーは都会的なオシャレ感があったのに対し、ドリフは本当に汚ったな〜い最下層・最底辺を演じている。
今作は特にそういう雰囲気を感じる。しかもゲストに谷啓が参加しているだけあり、比較するとその傾向が顕著だ。長さんの横暴なゴリラっぷりも堂に入っているが、谷啓は同じようにしても何処か品があるんだよね。

長さんが田舎から東京で一旗揚げようと兄弟分である新作(谷啓)とセントラル移動食品なる会社を持ち、従業員として加藤・荒井・仲本・ブーをスカウト。まずこの人買いのシーンから酷い。海女にこき使われるカト茶はまだしも他三人は世捨て人として野生児の様な生活をしてる。マタギの荒井はまだマシだが、仲本は虎のパンツ一丁だ。どんな人間だ(笑)

案の定4人は長さんに奴隷労働を強いられる。移動食品とは要は屋台だ。
屋台のお客で名人・三遊亭圓生がゲスト出演してる。不思議なキャスティングだなぁ。上品の極みで、ドリフの下品さと対極にあるね。

そしてサラ金に借りたお金を巡りトラブルへ。このサラ金のシーンでモブのチンピラ役で志村けんが見切れてる。

長さんは4作目ミヨちゃんのためなら〜に続き、夜に一人でトイレに行けないキャラだ。今作もトイレの度にカト茶を連れ込むが、今作は更にエスカレートし、カト茶が死んだと見せかけ怯えながらトイレに行く長さんを幽霊の振りをして脅かす。ここが今作のピークですな。

今作のミヨちゃんは谷啓の妹役で、同じくミヨちゃんのためなら全員集合と同じく倍賞美津子。可愛い。

ラストに金融屋がシャベルカーで襲ってくるというドタバタ喜劇といい、最後までハチャメチャさが途切れずに楽しめるね。むちゃくちゃさはシリーズでピカイチ!

投稿者:しじらみ 2021年02月21日

このシリーズではなかなか面白い方。
加藤茶が幽霊に扮していかりや長介をビビらせるところは金をかけた古典コントとして楽しんだ。まあ、コントにしてももっと面白く見せられるはずだけども。
生き埋めになったいかりや長介を鈴木もぐらが助けようとするとクレーンに持ち上げられるところは映画としていい線いってる。

投稿者:ワン 2020年11月21日

人買いの長吉(いかりや長介)はセントラル移動食品の社長 信吉(谷啓)の依頼で故郷からヒデオ(加藤茶)、忠次(荒井注)、風太(高木ブー)、工作(仲本工事)を買ってくる。長吉の口車に乗せられ上京してきた4人だが待っていたのは牢屋みたいな部屋と過酷な強制労働だった。逃亡に失敗した4人はヒデオに死んだふりをさせ、臆病者の長吉を驚かせることにするが…


【松竹ドリフ第7作目】今までで一番つまらないかも。ドリフでは長吉ひとりだけが目立ち、他のメンバーはゲストとの絡みはあまりない。ヒデオが幽霊に扮するところだけは面白かった。

レビューをもっと見る・投稿する

クチコミ・レビューTSUTAYA

レビューを書いてみませんか?

レビューを投稿する