ボディ・バンクのクチコミ・レビュー

クチコミ・レビューFilmarks

3.1

観た人
126

観たい人
84

投稿者:ひろ 2021年02月23日

可もなく不可もない感じ。

マンハッタンの病院で医師として働くヒューグラントが謎の死を遂げた浮浪者に疑問を感じて調べてみたらジーンハックマンが人体実験を行ってました。ってお話。

あの受付の女の人にとっては神様のようなジーンハックマンですがやはり倫理的な問題がありますし…

サラジェシカパーカーもよく「倫理的判断と医学的判断」について言えたものだw
ま〜彼女は無罪らしいから悪い事はしてなかったんだろうけどイマイチ立ち位置不明でした。

デヴィッドモースが不気味な怖さだったわ。

投稿者:はる 2021年02月17日

原題「Extreme Measures」
2回目の観賞
倫理観について考えさせらせる重いテーマ。
でも、ラストシーンでは気持ちが軽くなって気持ちよく終われる。

投稿者:みおこし 2021年02月07日

ニューヨークの病院で働く医師ガイのもとに、激しい発作に苦しむ急患が運ばれてくる。健闘も虚しく患者は息を引き取るが、常軌を逸した苦しみ方を不審に思い、付けていたリストバンドを元にガイは捜査を始める。謎の人物の妨害も受けながらたどり着いた先はとあるホームレスの居住区だった...。

ヒュー・グラントとジーン・ハックマンという、個人的にたまらない取り合わせ!しかし、ヒュー様作品には珍しく医療、そして生死の倫理観などかなりシビアなテーマが詰まった1本でした。
不可解な医療記録を発見したことで、医療現場の裏に潜む衝撃の事実を解き明かしていくガイ。強大な権威に立ち向かうというのはどんな場合でも恐ろしいことですが、本作はあまりにぶつかっていく相手がでっかすぎて終始ヒヤヒヤ。しかもデヴィッド・モース、ビル・ナン、J・K・シモンズなど一癖も二癖もある俳優さんが脇を固め、さらにジーン・ハックマンという最強の大御所がいる時点で登場人物の誰一人信用できないのですが、主役のヒューはラブコメの軽いイメージが強いから、余計に「気をつけて!やりすぎないで!」となっちゃいました(笑)。
その黒幕に対峙した時に明かされる事実はかなりショッキングな内容。ネタバレになるから書けないけれど、一概にその黒幕の真意を全面的に否定することはできず...。"命"の価値ってなんなんだろう、って観終わった後も色々考えさせられました。

スリリングなお話は楽しめたのですが、展開がところどころ急で回収されない伏線もあったことだけが悔やまれます。演技派揃いのキャスティングも素晴らしかった!
ヒューとサラ・ジェシカ・パーカーという『噂のモーガン夫妻』のコンビのシリアス演技が見られるのも貴重!

レビューをもっと見る・投稿する

クチコミ・レビューTSUTAYA

絶対ないとは言えない

投稿者:hysk 2004年08月05日

隠れて人間をモルモットのように実験材料にしてる所がどこかにあっても表に出なきゃ分かんないんですよね。なんかありそうで恐いなあ。医学がどんどん進歩するのはいいんだけど‥

なんともいえない

投稿者:FIGARO 2003年07月25日

う〜ん。考えれば考えるほど深〜いところにはまっていくような。切ないな。

あり得なくも無い話

投稿者:piano 2002年07月04日

生命の尊さは理解しているつもりでも死が身近になった時、この作品のように善悪の区別がつかなくなるかもしれない。そう考えると少し恐い。キャストは素晴らしいのに個性がイマイチ活かしきれておらず残念。

レビューをもっと見る・投稿する