マイ・ブラザー 哀しみの銃弾のクチコミ・レビュー

クチコミ・レビューFilmarks

3.5

観た人
488

観たい人
569

投稿者:える 2021年05月23日

兄クライヴオーウェン マリオンコティヤール ミラクニス
弟ビリークラダップ ゾーイサルダナ

兄は前科者 弟は警察官
人を殺した金でプロポーズしても未来は暗い
一度の失敗に懲りることなく能天気なクズっぷり
兄の暴走で弟は窮地に
弟の情けで逃れるつもりが 兄に助けられていた
キャストが役柄と合ってた映画

投稿者:グラビティボルト 2021年02月08日

共同脚本参加なのにジェームズ・グレイのエッセンスが作品を支配する凍りついた家族の映画。
出所したチンピラ兄貴が再びドロップアウトする過程に不穏な細部が散見されたり、いくらでもダウナーになりそうな所をラストはシンプルな一本道の追跡劇になる。
顔を合わせれば即殴り合いか罵倒の繰り返しになるチンピラ兄貴と刑事の弟で、止めに入った親父も傷付ける程の「どうしようもなさ」なんだけども、終盤でその愛憎のきっかけを活かす「ノック」の演出で兄貴に活路が見える作りがニクい。

投稿者:晴海通り 2020年12月28日

んー、どうですか?自分の奥さんをキャスティングして興行的に成功した映画、あんまり無いんじゃないですか?(笑)

ビリー・クラダップの顔がたまらなく好き。垂れ目で優しそうで。兄のクライヴ・オーウェンもいい男ぶり。マリオン・コティヤールは荒んでてもいい女。

素材が良くてシェフの腕が足らなかったパターンですかね。もうちょっと流れとかリズムとかトーンが欲しかったな。最近そんなことばっかり評してる気がするけど(笑)でも2時間近く人を拘束するんだから、やっぱり惹きつけ続ける何かが必要ですよね、映画って。

レビューをもっと見る・投稿する

クチコミ・レビューTSUTAYA DISCAS

愛の地獄

投稿者:忙中有閑 2015年01月23日

クライヴ・オーウェンは私がかなり気に入ってる男優の一人ですが、本作は予告編見た限りあまり面白い映画では無さそうで躊躇したんだけど、他に面白そうなのが無かったんで、まぁいいか、程度のノリで借りて来ました。
結論から言うとなかなか面白い映画でしたが、タイトルは「Blood Ties」で邦題は「マイ・ブラザー」ですから、最近流行の「家族愛」映画で「そこそこ」の当たりを狙った作品にも見える。しかし私には主人公のクリスって男(クライヴ)が従来欧米や日本の映画、小説にあまり登場したことの無い「珍しい」キャラのように思えました。先頃亡くなった日本のヤクザ映画の大スター健さんや文太さんが若い頃ずっと演じてたような(亡くなったばかりで、こんな言い方するのは気が引けますが)「ただのアホなチンピラ」だけど「迷い」が無いからカッコ良く見えるし、製作側も(勿論本人も)そう(カッコ良いと)思ってるタイプともちょっと違う。ヒトに『愛される』とか『イイヤツだと思われる』ことを全く期待してない、と言うか「そのために自分を曲げる」ことを一切しない。「アホ」と書きましたが「何にも考えて無い本当の『アホ』とは違ってかなり「知性的」です。愛する人の為であっても自分の好みに合わないことは絶対やらない。自分が周囲なり対面の相手から何を期待されているのか、何を期待されていないか「分かんない」ヤツを我々は「KY」と呼んで馬鹿にしますし、精神医学では「アスペルガー症候群」などと呼んで「病気」に分類しちゃってますが、クリスの場合は「分かっていてもやらない」んですね。彼の行動基準は常に「自分がやりたいかどうか」であって「ウケ狙い」は眼中に無い。「他人」を「愛する」ことには結構熱心なんだけど、「愛される」ことに関心が無い。だから「他人」に「期待」もしないから「失望」も「恨み」も無い。彼のようなタイプを究極の「自己中」と言うんですね。恋人も家族も世間も、彼に「期待」すれば必ず「裏切られる」んだけど、結局それは勝手に彼に「期待」した方が悪い、ってことになる。
こういう手合いは実に「始末が悪い」。全ての行動が「純粋」で「迷いが無い」ように見えるから「カッコ良い」。一直線に口説かれたらかなりのイイ女(元妻;マリオン・コティヤール、新妻;ミラ・クニス)だって「ひとたまりも無い」(笑)。弟のフランク(ビリー・クラダップ)なんて一番の「被害者」で、兄貴クリスに「愛されて」育って彼のこと大好きなのに、フランクの「期待」は全て「裏切られる」。「自己中」クリスは必然的に「世間」と対立して「犯罪者」になるんだけど、フランクはクリスへの潜在的「反発」に駆られて「刑事」を職業に選び、兄の「更生」への「期待」が常に「裏切られる」という「不幸」な人生に自らを閉じ込めてしまう。
ラスト・シーン、フランクに危害を加えようとするチンピラを寸前で阻止するクリスのほとんど「陶酔」に似た「喜び」に満ちた表情を、「やっぱり『兄弟愛』ってイイね!」ってハリウッドお得意の定番「ハッピー・エンド」と観ることは、私には全く出来なかったですね。刑事の職を辞して、兄への「期待と失望」の「愛の地獄」をやっとのことで抜け出しかけたフランクが、またもクリスの「自己中」な行動によって「地獄」に引き戻された「悲劇」を、監督、脚本のギヨーム・カネ(フランス人で、あの典型的ドイツ美人ダイアン・クルーガーのダンナだそうです)は意図した、と思われますし、私の「お気に入り」イギリス人俳優クライヴ・オーウェンの起用は、あの場面のためだったと私には思えるのですね。

兄弟の絆と確執

投稿者:ミルクチョコ 2014年10月03日

仏版オリジナル演じたギョーム・.カネが監督に回り、リメイク。1970年代の米ニューヨーク・ブルックリンを舞台に、犯罪者と警察官の兄弟と、彼らを取り巻く人々の葛藤やドラマを描いたクライムサスペンス。
7年ぶりに刑務所から出所してくるクリス(クライヴ・オーウェン)の元へ元妻のモニカ(マリオン・コティヤール)と共に迎えに来る弟のフランク(ビリー・クラダップ)のシーンから始まります。
子供の頃からワルで犯罪者の兄と正義のために働く警察官の弟。対極の道を歩む兄弟の運命が女性たちも巻き込みドラマチックに展開します。
警官でありながら、前科者である兄のクリスを自分の家に同居させ、仕事の世話をしたものの、昔馴染みの悪党ルイスの誘いに乗って再び犯罪に手を染めるクリス。過去のしがらみから逃れられなく、過去の栄華に身を置いた方が生き易いと、誰もが転落していくように、クリスも大金を手にすると、元妻モニカを売春宿の女将に据え、2人の仲は「悪事のパートナー」として復活していきます。

ステレオタイプな善悪の図式化に走らず、あくまでも兄弟愛と確執を描いた脚本が巧いです。
その果ての兄弟ならではの確執と愛情が何とも言えません。ラストのグランドセントラル駅で弟を助けたクライヴ・オーウェンの顔が良かったです。
ベタだけど泣けます。切なく、ほろ苦い余韻を残しました。

レビューをもっと見る・投稿する

クチコミ・レビューTSUTAYA

レビューを書いてみませんか?

レビューを投稿する