チルド 甦る冷凍人間のクチコミ・レビュー

クチコミ・レビューFilmarks

2.8

観た人
25

観たい人
43

投稿者:しゃぶしゃぶ 2021年03月12日

ウェス・クレイヴンのワースト
ただひたすらにタルい。
冷凍人間である必要がないし、ラスト10分以外とにかく遅い映画。冒頭、警備員がのそのそ歩いてるトコが既に激遅。どーでもいー会話ばっかやし。

家族の輪が新入り(今回は再会だけど)によって乱されて徐々に均衡が失われてくってのは「旋律の夏」と同じ。
中盤、息子と母(だっけかな?)の会話の切り返しが、母の構図がおかしいせいで違和感ある。
重要なアイテムだろう「階段」の意味もよー分からんやった。終盤出てこんくなるし。

投稿者:犬 2020年06月12日

暖炉

若手社長のマイルズは、人体冷凍保存から10年後に意識を取り戻すが……

ウェス・クライヴンが描くSFホラー

恐ろしい
けど怖くない

彼はどうなったのか

映像が変わってる

いろいろ微妙でした

投稿者:dude 2018年07月30日

TV映画。大企業の若手社長が冷凍睡眠から目覚めたらサイコ化。臨死体験をした際に魂だけ置いてきてしまったんだとか。老人いじめは心にくる...。

レビューをもっと見る・投稿する

クチコミ・レビューTSUTAYA DISCAS

現実味がある

投稿者:アクション 2015年02月08日

現実に起こりそうで恐い

楽しい冷血

投稿者:レビュアー名未入力 2015年02月07日

アンディウォーホルに続いて またもWHDが今度は ウエスクレイブンを発掘してくれました

謎の冷凍倉庫からゾンビのようにチラー(原題)が二分で登場します と思いきや なんだおじさんのいたずらかよ

28分で主人公が蘇生 どうやら別人になってしまっている 肉体とは別の魂がテーマとなりそうだ 冷凍人間うんぬんは
マクガフィンなのだろう 悪の側面 人格の崩壊に焦点はあり ハンサムな冷血漢の主人公は おう「ウォーリアズ」の
マイケルベッグではないか なんだかヘルムートバーガみたいだ

初期クレイブンは人間の隠れた獣性をテーマとしてきたが 今作も通常のホラーをやろうとはしていない 
顔の表情を各自しつこく捉える 心理的演出を施している ジワリと来る恐怖 それは中身が空っぽな魂のない人間の恐怖 
後の作品 例えば潜在意識が大衆向けに具現化した フレディなんかよりずっとそれは恐ろしいのだ 味わい深いものがある

息子を溺愛する母との意外な対決のラストはグッド 映画は祈りで終わるのだ

思うに画質が最低なのは 使えないジャンクの中から根気よく良質な作品を 安く仕入れて安価でさばいているわけで 
この涙ぐましいWHDの努力は賞賛されてしかるべきでしょう

ウェス・クレイヴン監督作?!と飛びつきましたが…(>_<)

投稿者:みなみ 2015年01月27日

「ウェス・クレイヴン監督の知られざる名作か?!」と期待したのですが
つまらなかったです…
どうやらテレビムービーのようです。
映像は倍速録画VHSを何回もダビングしたような感じの画質です(>_<)

不治の病で治療法が見つかるまで冷凍保存されていた青年が、解凍・蘇生されたが、
別人のようになっていて冷酷な殺人を犯す…というストーリー。

(以下、ちょっとネタバレかもしれません…)

「なぜ人格変わったの?」と思ってたら、「長年死んだ状態になっていたため、魂がこの世からいなくなってしまい、
体と頭脳が蘇っても、心が無い人間になった」というような説明。
うーん、確かに理性と感情って別物だと思うこともあるけど、あまり説得力ないし、
演出も全然怖くないし、ダラダラしてるし、突っ込みどころもないし、これといって見所がなかったのが残念。

主人公はイケメンだったけど、画像粗いし。
「ウェス・クレイブン制覇するんだ!!」っていう人以外は、わざわざ見る価値無いかもです(^^;)

レビューをもっと見る・投稿する

クチコミ・レビューTSUTAYA

レビューを書いてみませんか?

レビューをもっと見る・投稿する