下町ロケットのクチコミ・レビュー

クチコミ・レビューTSUTAYA

最後の最後で納得しました

投稿者:船橋の星 2011年08月07日

直木賞選考委員の方が「読み終わった時の爽快感がある」とおっしゃっていました。私も読み始めて一気に4時間で読みとおしてしまうほど引き込まれるものがありました。テレビで著者池井戸潤氏が自らテレビドラマにもなることを紹介され「原作を超えた」と言われるのは困る、と言っていたが、私は最後の最後で納得しました。なぜ、主人公佃社長が、このロケットの水素エンジンに使うバルブシステムの特許を取り、これを決して売り渡さないし、使用させない理由が。帝国重工の役員会で、7年前に打ち上げに失敗したロケットの謎が明らかにされる・・・・・・・。

レビューをもっと見る・投稿する