女子ーズのクチコミ・レビュー

クチコミ・レビューFilmarks

3.0

観た人
10941

観たい人
2142

投稿者:いいんちょ 2020年10月26日

出てる女優のメンツがすげえ。だが、んなことはいいんだよ、とにかくこういうのは指して「シュールでユルいコメディ」みたいに評するのはいい加減やめるべき。笑えないのが笑える、みたいなの古いんだよ。

あと、福田雄一監督の佐藤二朗依存が深刻。この頃から始まってたのか。依存しすぎだよ。まじで佐藤二朗断ちするべき。重度のアディクションだよ。

投稿者:おむ 2020年10月23日

福田ワールド全開!
何も考えずに楽しめるので、仕事で疲れ切った週末夜の頭には最適な映画です。

ただ、これを映画館で見るかと言われたらちょっと違うかな
映画管の大スクリーン、大音量で鑑賞するというよりは、自宅でDVDか配信動画で見るといった感じ。
そういうのは嫌いじゃないです。

投稿者:みわ 2020年10月16日

さすが福田雄一監督って感じの作品。

まずこんな設定思いつくのがすごい。笑
5人のキャラもすごくわかりやすかったし、こんな女子いる気がする〜って感じもした。

野暮用・まつエクで来なかったり、怪獣が待ってくれたり、怪獣前にしての女子会だったり、ロボットとか戦う場所がいい具合にショボかったり、、、大爆笑は無いけど、クスッとするポイントがすごく多かった。
あとはやっぱり佐藤二朗での尺の取り方とか、歩道橋のシーンの尺の長さとかもさすがって感じで面白かった。

こんな小ネタたくさんだけど、しっかり物語も進んでいたから飽きずに見ることができた。


何も考えずにクスッと笑おうという軽い気持ちで見るといい映画だと思う。

レビューをもっと見る・投稿する

クチコミ・レビューTSUTAYA DISCAS

『電子戦隊デンジマン』世代ですから、どストライクですわっ!

投稿者:伝衛門 2018年02月05日

戦隊モノは『バトルフィーバーJ』がきっかけで大好きなジャンルなのですが、
一番のお気に入りは『電子戦隊デンジマン』です。

『バトルフィーバJ』でもミス・アメリカという女性戦士は存在していましたが、
ピンク戦士という枠がコスチュームと合わせて確立されたのは、
『電子戦隊デンジマン』からだったように記憶しています。

お気に入りの理由は、桃井あきら/デンジピンクの存在かと!
脚フェチにはたまらないコスチューム、圧倒的に弱くピンチに遭遇しやすい、
そして、放送開始当初はテニスプレイヤーになる夢を実現させる為、
デンジマンに加入することを拒否してみせる強い意思。
まさにピンク戦士の鑑のようなキャラ設定。

本作品は、タイトル通り女の子だけのチーム編成で、
女の子ならではの事情をふんだんに織り込み、そのわがまま放題の事情を
怪人側が全て受け入れてしまうというゆるゆる設定が魅力の作品。

若手女優らが佐藤二朗さんのアドリブに笑いをこらえながら、
懸命に演技を続けている姿勢もなかなか良いです!

笑えました

投稿者:ゆきみちゃん 2017年03月18日

現実とあり得ない事が入り乱れ、笑えました。女子が一生懸命戦ってても笑えました。かわいかったです。息抜きの映画になりました。

なぜピンクじゃない?

投稿者:だいこんさん 2016年10月30日

苗字に色が入ってることが条件って、桃なら名前結構あるでしょ。黄のほうが難しいかと・・・
それはともかく、面白い!グダグダなんだけど笑える。怪人もいい人?ばかりで(笑)ずっと待っててくれるんだよねぇ(笑)

なんといっても桐谷美玲以下かわいい娘ばかりの戦隊がたまらん!私的にはもう少し架純ちゃんに活躍してほしかったけど。とにかく続編希望!2が見たい!

レビューをもっと見る・投稿する

クチコミ・レビューTSUTAYA

面白い

投稿者:ナランチャ 2016年05月26日

安心して見れるような映画でしたw
ずっとニヤニヤしながら見てましたw

ゆるい

投稿者:もりちっち 2016年01月28日

怪人さんを待たせる、律儀に待ってる怪人さん、集まるのに苦労して見たいで、笑えないギャグに成ってます、

美玲ちゃん最高

投稿者:マンホ゛ウ 2015年05月01日

桐谷美玲の演技に迷いがなく、全力で取り組んだ感じに好感が持てて、もっと好きになった。高畑充希のツッコミもまた最高。有村架純のオトボケっぷりもいい。途中、中だるみもあるが、全体的にストーリーもしっかりしていて、戦隊ものとしても、良くできている。さすが福田監督作品。

レビューをもっと見る・投稿する