黒執事 Book of Murderのクチコミ・レビュー

クチコミ・レビューFilmarks

3.7

観た人
396

観たい人
157

投稿者:白波 2020年08月03日

2014年11月1日鑑賞
こちらは劇場新作ではなく、OVA版上・下巻を劇場公開したものです。
気がついたら公開してて慌てて観に行きました。
来場者特典はすでに上巻は終了しており、なんとか下巻分が間に合った感じでした。
やはりというか女性率が圧倒的で、帰りのエレベーターでは男性は自分のみでしたよ。 
さて今回はあの「Book of Murder」、どのように仕上げるのかとても興味深かったです。
最初の感じたのは音楽の良さと、やたらに響かせる低音の効果音でした。
特に低温はビリビリと良く響き、ミステリーや嵐の様な雰囲気に一役かっていました。 こういった演出は音響の良い劇場では特に生きてきますね。
それとTV版よりもCGの使い方が豪華になっていました。 廊下を滑る様に素早く進む演出など、実にミステリーのそれっぽい効果が多くて良かったでよ。
色調も暗めになっており雰囲気もあります。 ただ、TV版最後のような作画の荒れが少し見て取れました。 特に下巻は顕著だったと思います。 スクリーンだから余計目立ってしまうのでしょうね。
OVA発売時には改善されているのを期待しています。 とは言えそもそも「Book of Murder」、それもアリなのではないでしょうか。 あのトンデモストーリー(良い意味で)の映像化なので色々振り切れている気もしました。
観客も分かっている様子で、下巻の種明かし展開を実に楽しんでいる様子。
個人的にはセバスのあの死に様(原作を初めて見た時は吹きました)をそのまま再現してくれたのが嬉しかったです。
再び吹き出しそうになったのを今回は何とか堪えましたが。 そんなノリノリな展開をたっぷりと見せておいて、最後にはきっちり黒執事らしく締めくくるのが実に上手い作りでした。
原作をまた読み返したくなる気にさせる、実に面白い作品でした

投稿者:カトコウ 2020年05月03日

うーむ。今作だけでは評価しづらいというか
下巻見た上でどうかなというところはあるかな

正直、セバスチャンがああなっても
おそらく鑑賞者の9割8分くらいは何も心配してないから
劇中との温度差が激しい分
そこにかける尺が、そんないるかなってちょっと思っちゃった

いや演者のファンがセリフを聞くには聞き応えあるかも

投稿者:YellowJoeFish 2020年02月28日

上巻・下巻まとめてのレビュー。

2014年のDVDだから43インチTVで見ると画質がやばかったw

知ってる内容だったけど、面白かったー!時間軸がだいぶ前のものだから色々と懐かしかったし、亡くなったアグニも見れてよかった( ˘꒳​˘ )
セバスチャンがとにかく忙しすぎw1分1秒争うスピードで色々こなしてたから、犯人にバレないかハラハラしてた。
原作が忠実に再現されてて嬉しかった。

次はBook of the Atlantic(カンパニア号の巻)見るぞー。

レビューをもっと見る・投稿する

クチコミ・レビューTSUTAYA DISCAS

アクマで真相ですから

投稿者:なゆ(21)デンゲリ 2018年03月20日

 劇場版『黒執事』後半。

 謎解きです。

 怒涛の解決編……なんでしょうか。
 まともな推理ものじゃないですし、とんでもな展開なので目が離せません。そこまで仕込むか……という感じです。

 予想やなにやらを裏切りまくりです。

 終わった後の後味の悪さが癖になる。

アクマで殺されてますから

投稿者:なゆ(21)デンゲリ 2018年03月19日

 劇場版『黒執事』前半。

 サーカス編の続きです。
 ほぼ屋敷の中だけです。
 様々な人が登場するので……まあ、名前は覚えられません。

 ファントムハイヴで起こった殺人事件。
 容疑者はシエル。


 セバスチャンの仕込がなかなか。さすがです。

 セバスチャンが殺されるという、なんとも衝撃的な展開。

 なんとも奇妙なミステリー展開。

 でもって、ラストに登場するいかにも……な牧師。

サスペンス完結!

投稿者:Jigsawkiller 2015年03月09日


上巻同様の理由で観に行って来ました。

上巻に比べてストーリー展開は割とサクサク行きます。謎の牧師(セバスを知っている方々にはバレバレですね)を中心に物語は一気に結末へ。下巻では新たな殺人も無く、殆ど原因(犯人)追求な内容となっています。今回の作品の面白さは全てこの下巻に凝縮。犯人がハッキリする事が真の面白さでは無い所に黒執事の良さが現れています。後半、一旦物語は終止符を迎えますが、納得できないキーパーソンは再び屋敷へと舞い戻ります。そこでセバスが生きている事を目の当たりにし、詳細が明かされるのですが…その回想シーン、つまりセバスの裏行動が本当に面白い。
黒執事の魅力ですが、セバス自身は勿論、原作とアニメの内容が全く同じでは無い事。基本の流れは変えずにオチを変えたり、細やかな設定を変えたり。だから原作を知っていても楽しめます。



眠気度20点
オススメ度80点

レビューをもっと見る・投稿する

クチコミ・レビューTSUTAYA

レビューを書いてみませんか?

レビューをもっと見る・投稿する