TOKYO TRIBE/トーキョー・トライブのクチコミ・レビュー

クチコミ・レビューFilmarks

3.0

観た人
15417

観たい人
4029

投稿者:に 2019年04月21日

良くも悪くも園子温作品。原作ファンは怒るだろうっていうか俺は何度か観ながらキレてたけど単体の映画として面白いんだよね。

投稿者:ぺす 2019年04月13日

個人的に見なくてもいい映画だけど何故か3回見てゲラゲラ笑ってしまう。
私は原作読んだことないのでそんなノリで見れるけど原作ファンは怒りそうだなコレ・・・・・っていつも思う。
役者は豪華だし全編ラップという発想は面白いけど内容は正直あんまりない。。

投稿者:manami 2019年04月03日

染谷将太が可愛くて可愛くて可愛い。全っ然カワイイ役じゃないのに、信じられないくらい可愛い。
清野菜名もまぁいつも通り可愛い、でも園子温作品でメインを張るには闇も病みも足らないな。フレッシュさ瑞々しさありすぎ。
って言うかこの監督はほんとパンチラ好きなんだね。パンチラと、フロントホックのブラを全部は脱がさないところに、非常にフェティシズムが薫ってるわ。
それから窪塚洋介! やはりこういうヤベー奴になってる時の彼は、色気がヤベーです。しかもちゃんとブクロだなんて素敵、ただし佐藤隆太は残念ながらブクロじゃない!
「スンミが乗せられた車のナンバーが459(地獄)」っていうセンスが全体を貫いている。無理な人はきっと開始10分で強制終了したくなる世界観。メラが海を敵視する理由なんて、良くも悪くもアホ丸出し。
それから、少年役の子は、坂口茉琴っていう女の子らしいよ〜。

81

レビューをもっと見る・投稿する

クチコミ・レビューTSUTAYA DISCAS

テスト

投稿者:ああああ 2018年11月21日

テスト

8割ラップ

投稿者:arisa 2015年09月20日

8割ラップで進められるストーリーなので、ラップを聞きなれてない、好きではない人からするとつまらないかも知れない。
鈴木亮平の役作り、清野菜名のアクション、染谷将太のMC、どれもよかったが1番存在感があったのは窪塚洋介。彼が登場するだけで異様な雰囲気を漂わせる。

パンチライム

投稿者:ビンス 2015年08月19日

全編ラップミュージカルで
全セリフがラップかましている
ということでかなり興味をそそられ観てみました。
全セリフがラップではなかったけど
セリフのほとんどがラップで
ビートにあわせてフロウしてライムしてフックかましてます。
モノホンのラッパーも多数出演していましたが
ボクには鈴木亮平さん演じるメラのラップが一番サイコーでした。
本職を完全に喰ってました。
存在感というリズム感といいゴキゲンで
パンチも効いててノリノリで素晴らしかったです。
ストーリーは原作を園版にエロバカアレンジされており
それはそれで楽しいけど
なんだか残るものが少ないというか・・・
結局色々ラップかましてても
芯に響いてきません。
カッコつけるんじゃなく
もっと生々しいものが見たかったですね。
その点、鈴木さんのメラは生々しく
だからこそあんなにカッコ良かったんだと思います。
ただでさえラッパーは調子こいてるように見えるので
さじ加減は非常に難しいと思いますが、
震えるよな生々しさ
それが感じられればもっと楽しかった。
パンチ力がない。

あと、歌詞の韻踏みが美しくない。
もっと上手に踏んで欲しいと思うのは
贅沢な注文でしょうか?
言葉の音だけでかろうじて踏む韻じゃなく
ちゃんと意味とメロディとリズムが整った韻が良かったです。
そういう意味でいえば
ボクはライムスターやドラゴンアッシュの韻が素晴らしいと思っています。

竹内力
楽しそう(笑)
しょこたん
楽しそう(笑)

今回一番の収穫とインパクトは
鈴木さんのメラとスンミを演じた清野菜名さんでしょう。
これは揺るぎません。
あそこまで爽快なパンチラを
久しぶりに観ました。
そして園作品ではあたりまえのヌード
根性ありますね。
アクションシーン時の身体能力も高そうだったし
今度が楽しみな女優です。

レビューをもっと見る・投稿する

クチコミ・レビューTSUTAYA

見る価値無い駄作

投稿者:。 2015年06月23日

見る価値無い駄作。ラップでストーリーは進行していくが、
下手なラップだし、ラップと台詞がマッチングしていないから聞きづらい。

この作品公開時に、出演者が文句ある奴は、作品見てから言え。と言っていたが、文句しか出ない駄作でした。

戦車や巨大な扇風機?みたいなのとかCGがイマイチだし。
ロボも武将の鎧もチープ感があるし。

この作品で、何を見せたかったのか、伝えたかったのかがわからないし。

原作まる無視

投稿者:細川武人 2015年03月13日

漫画を読んだ事ある人なら本作品は必ずと言っていい程、受け入れ難いものでしょう。漫画のほうはカイとメラが元々親友であり、勘違いから仲違いしたがやはりお互いまだ憎み切れないと言った描写があったり、ただのトライブ同士の抗争だけではなくヒューマンドラマのようなテイストもあります。しかし本作品ではクールで切れ者のメラがただの筋肉馬鹿。スンミもただのモブキャラ。そして一番最悪なのが下手なラップ。実際にラッパーを起用してるそうですが、主人公のカイ以外のラップは聞くに耐えません。借りる人は最初から期待しないがいいです。

ラップ=女?

投稿者:やまぽん 2015年02月21日

つまらない。日本人のラップのイメージまたアウトローのイメージを典型的に描いた作品随所に何故か女の裸シーンやパンチラを出し会話が何故かラップ?ボス的な奴[竹内力]も後半にサラッと死にやっつけ感満載でした。疑問なのが、抗争シーンで無駄にCGの戦車が出てきましたが、あれは必要だったのか?ずっと現実味があった話が急にあれ?って感じでした。R指定はありませんが、子供には見せたくない映画です。

レビューをもっと見る・投稿する