万能鑑定士Q -モナ・リザの瞳-のクチコミ・レビュー

クチコミ・レビューFilmarks

3.0

観た人
7402

観たい人
1236

投稿者:ゆい 2019年11月12日

綾瀬はるかの映画は些細な気づきが転がってて面白い。
イメージと想像力で記憶力を高めるのやってみようとか思った笑

投稿者:モウ 2019年10月23日

あ、そんな感じか、気が抜けちゃう映画。モナリザである必要性があったのか問いたくなります。ほんとにこんな試験みたいなのあってるんですか?鑑定士様

投稿者:芦屋紀文 2019年10月19日

万能鑑定士なのに万能鑑定士感が皆無。

致命的な映画ですね。
設定とかすごく面白そうだし
ルーブルとかまで行って金かけてるのに
主人公の魅力がほぼ皆無。
綾瀬さんもキャリア長いし、一皮剥けると
いいですね。
ボケボケした映画の主演はハマり役多いのに

彼女の見せ場って、
松坂桃李の時計の推理で終わってない?
たまたま鑑定能力が狂う原作の
話なんだろうけど、
なんじゃそりゃっていう。笑

レビューをもっと見る・投稿する

クチコミ・レビューTSUTAYA DISCAS

投稿者:ネットレンタル愛好者 2019年02月16日


思っていたのとは違ったが 面白かった

投稿者:kazupon 2017年05月26日

原作は、松岡圭祐さんの『Qシリーズ』だそうで、映画よりはTVドラマのシリーズに向いていると思いました。
ただ、今回は映画だから『モナ・リザ』やルーヴル美術館を題材にして、日本映画初のルーヴル美術館本格ロケが出来たのですね。
『ダ・ヴィンチ・コード』もそうでしたが、モナ・リザには謎がいっぱいですね。
主人公の凛田莉子(綾瀬はるか)が万能鑑定士Qで、彼女を取材する角川書店の記者が小笠原悠斗(松坂桃李)です。
まず、冒頭で莉子の鮮やかな論理的思考を披露します。
そして、その才能と知識の広さに目をつけた朝比奈(村上弘明)によって、臨時学芸員の試験を受けることになるのです。
それは、日本にやって来る「モナ・リザ」を守るのに必要な、本物と贋作を見極める力を磨くためです。
莉子の高度な論理的思考と導き出された答えを聞くのは面白かったのですが、肝心の事件解決の過程はつまらなかったです。
事件の背景が時代遅れに感じました。
また、建物内で絵を燃やしたら、直ぐに火災報知器が感知するでしょうに。
ツッコミ所が多かったです。
莉子と一緒に試験を受けた学芸員の流泉寺美沙(初音映莉子)が素敵でした。
見覚えがあると思ったら、『終戦のエンペラー』に出ていた女優さんなんですね。
綾瀬はるかと松坂桃李、初音映莉子の三人が出ているだけで、私は満足です。(笑)

はるかな瞳にLoVeを見る

投稿者:ビンス 2016年12月08日

松岡圭祐さんの書く物語はとても読み易く
スラスラと進みます。
この映画の原作シリーズも同様で
深く頭を使うことなく
楽しく読み進められるのが醍醐味。
でもって映画化されたこの作品も
深く頭を使うことなく観ることができます。
しかし、原作とは違いそれは良し悪しで
あまり心に残る印象的なものがありません。
ツッコミどころも多々あり
例えば、凄すぎる鑑定能力がありながら
あんなしょぼいトリックにハマる莉子、とか
そんなこんなが重なって
このシリーズは原作で楽しむべし、という結論。
それでも楽しめたのは
やはり主演がはるかちゃんだからでしょう。
やっぱりはるかちゃんは髪が厚いなぁ、などど
髪を結っていないはるかちゃんを見るたびに
いつも思うことをいつものように思いながら
彼女の一挙手一投足を鑑賞した次第です。
物語の中では
はるかちゃん演じる莉子が
モナリザの瞳の中に「LV」を発見したために
ピンチに陥れられますが
こっちは、はるかちゃんの瞳の中に「LoVe」を見ちゃってますからね
その魅力にやられちゃって
最後まで楽しむことができたというわけです。

それにしても炎のシーンのダメダメっぷりはヒドい
あの演出はイカンでしょ。
アカンでしょ。
あんな位置で炎が猛っちゃったら・・・・
燃え上がるのに
冷めゆく心

レビューをもっと見る・投稿する

クチコミ・レビューTSUTAYA

ミステリーとして◎

投稿者:マンホ゛ウ 2015年07月21日

日本初のルーフ゛ル美術館での、ロケ慣行ってことだったので観る価値はあった。ミステリーとしても面白かった。綾瀬はるかの鑑定士としての演技も、違和感なく良かった。確かに、松坂くんの捕らわれたまま、必死で火を消そうとするシーンは、実際にきつく拘束されすぎでは?、と制作者の意図に疑問を感じた。

投稿者:トントン 2015年01月11日

邦画のサスヘ゜ンスとしては 面白い作品だった。綾瀬はるかの 久しぶりの シリアス演技。コメテ゛ィより 断然 良いと 思う。凜として 清楚な印象。松坂桃李の 火を消そうと 必死なシーン。もう少し どうにか ならなかったのか? 失笑。もし 続編が 出来るなら 是非 観たい。

レビューをもっと見る・投稿する