とむらい師たちのクチコミ・レビュー

クチコミ・レビューFilmarks

3.8

観た人
136

観たい人
123

投稿者:あかね 2021年04月13日

すごいぶっとびの映画だと
思ったら見終わった後に
子連れの監督と知り鼻血だした。

もう〜〜オープニングから最高。
地獄じみたオープニングに鼻血。
もうこうゆうの絶対良作なのよ。

前半はコメディチック。
霊柩車爆走運転の
後ろからきたご遺族に!
いやご家族やの下りはドリフ!!
霊柩車だけに0円やとか( ´∀`)!

勝さんがはいはいはいはい!!
って死人のデスマスク作るのに
死体に石工ぶっこみぶん投げの
リズムさに死体にニンニク注射!

水子祭のぶっとび地獄具合に
水木しげる並みの絵の
水子具合に発狂母達。
若干が口癖のキャラクターなど。
若干家族いるしは笑った笑!!

だけどもうあれよあれよの地獄ね。
ラストのこの世の終わり。
急激にきたから目から鱗。
復活の日みたいな...

デスマスクだらけの部屋が
芸術すぎるのと
最後のあのお化け屋敷みたいなのは
悪魔のいけにえ2の美しさと輝き

地獄からきこえる勝新太郎の歌声。
さすがやってくれる!!!

投稿者:ゆっきー 2021年02月28日

いやー前半もぎりぎり笑えるブラックコメディだが、後半からいよいよ勝新の狂気が暴走しはじめ、見る人全員を突き放す無茶なラストに呆然。
面白かった。壁一覧に並んだデスマスクが怖い。

しかし宮川一夫大先生の撮影と内容が合ってないな…

投稿者:半兵衛 2020年12月21日

確かに面白いけれど、三隅研次監督が本来得意としているシャープな映像美が感じられず、野坂昭如(原作)、藤本義一(脚本)、宮川一夫(撮影)というスタッフに引っ張られている感じである。それでもそんなごった煮的世界を90分にまとめているのは凄いと思う。

キャスティングはみんな良くて、主役のクレイジーなデスマスク職人の勝新をはじめ、伊藤雄之助、藤村有弘、財津一郎、エンタツ、藤岡琢也…。濃い面子によるアクの強い演技が野坂昭如の世界観とマッチしている。

でも今一つ喜劇として弾けてない気が。本来なら葬儀をネタにしたブラックな笑いを提供するはずで、所々成功しているけど全体としては笑えない雰囲気になっている。大映特有の上品な世界観が邪魔しているのか。

ただ野坂昭如独特の語り口とキャストの妙が癖になる味わいになり、はまればやみつきになるのも事実。あのラストの突き抜け感も堪らない(原作はもっとエグいらしいけど)。

レビューをもっと見る・投稿する

クチコミ・レビューTSUTAYA

レビューを書いてみませんか?

レビューをもっと見る・投稿する