美女と野獣のクチコミ・レビュー

クチコミ・レビューFilmarks

3.1

観た人
30957

観たい人
6949

投稿者:ナナ 2020年11月25日

ちょっと暗いけど原作により近いと思って見たら
、映像もドレスも綺麗だし何よりレアセドゥが綺麗
またディズニーと違って大人なかんじがフランス映画っぽい

投稿者:kotone 2020年11月22日

・ベルのドレスと城の部屋、景色がとにかく美しかった、、
・ビーグルたち(タドゥム)が可愛い!
・人間の強欲さが凄く醜く描かれてた^^;

投稿者:mgk 2020年11月19日

映画館で観て、映像美にはやはり圧倒された。
ストーリーは鬱々としていると言えば良いのか、ずっと曇りの日が続いているときのよう。ダークな要素が目立ち、いかにも幸せなおとぎ話、とはいかない。ディズニー作品を想像して観ると肩透かしをくらうだろう。話によると、こちらのほうが原作に忠実な内容となっているらしい。大人向けのおとぎ話だと思って観るとスッと入ってきやすい。

レア・セドゥ、そして彼女が纏う衣装の美しさ。もうこれだけで観る価値はあるかもしれない。
ただ野獣は想像以上に人面ライオンで、もう少し動物の愛らしさみたいなものがあっても良かったのではないかと思ってしまった。「野獣、怖い見た目に反して可愛いとこあるな〜」とほっこりするのが美女と野獣という作品だと認識している自分からすると、「野獣人面すぎ、愛らしさもゼロ、ふつうに怖い」という気持ちがずっと片隅にあり、ほっこりする瞬間は無かったような気がする。(あまり覚えていない)

あとヴァンサン・カッセルは渋いイケおじなので、人間に戻ってからのレア・セドゥとの組み合わせが「年の差婚!」って感じで、元妻のこともありなんだかリアルな感じに思えなかった。え、この2人が結婚するの?ほんとに好きなの?みたいな·····好きになる要素あったか?というか、その部分が描ききれていなかったのかなと感じた。

映像美と衣装については申し分無いけれど、ストーリーに関して言えば、ハッピーエンドのわりにどうもすっきりとしないという、そんな感想を抱いた作品。

レビューをもっと見る・投稿する

クチコミ・レビューTSUTAYA DISCAS

幻想的

投稿者:ankoro3 2020年05月30日

王子が髭もじゃのおっさんで、ベルがみそっ歯でイマイチなのを差し引いても、幻想的で美しく見応えのある映画でした。オススメします。マイナス1はそのキャスト分。

とにかく初体験

投稿者:趣味は洋画 2020年02月18日

美女と野獣(2014年、フランス・ドイツ、カラー、112分)

生まれてこのかた「美女と野獣」という作品を初めて観ました。
アニメを含む映画は勿論のこと、舞台(ミュージカル)、テレビ、小説、まったく未経験でした。
様々な場所で目にするだけに、タイトルだけは知っていましたが、少しでも苦手なジャンルの映画を克服しようとチャレンジしてみました。

物語はフランスの民話から受け継がれていることや、「野獣」がいかにして「野獣」になったのか、或いは「美女」との関わりはどうやって生まれたのかなど、素朴な疑問がひとつずつ解き明かされていきました。映画は今までに何本も作られ、フランス版のほかにアメリカ版やオーストラリアもあるようですが、ストーリーの流れは基本的に同じなのでしょう。(他作品を観てないので断言はできませんが)

予想どおり、私の苦手な「ファンタジー」の世界でしたが、映像は実に綺麗でした。森や古城の美術も素晴らしく、見応えがありました。
(撮影は2016年「ヒトラーへの285枚の葉書」のクリストフ・ボーカルヌでした)

ただ話の内容は ‘やっぱりファンタジーの世界なのか...’ といった印象で、あまり心に響くものは感じられませんでした。巨大な石像が急に動き出すシーンなどは、劇場で観たら迫力があったと思います。

ベルを演じたレア・セドゥは、この映画の翌年2015年「007/スペクター」でボンドガールに抜擢されていますが、新作の2020年「007/ノー・タイム・トゥ・ダイ」にも引き続き出演しているようで、今から公開が待ち遠しいです。
日本では今年4月公開のようですが、「007」シリーズはすべて劇場で観ているので...あっ、「美女と野獣」には関係ないですね。

珍しく(?)短めのレビューで終わります。

なるほど、美女と野獣ね

投稿者:ノーザンダーク・ボム 2018年06月19日

ベル役の女優さんが直球の美女ではないところがいい。
とても人間味があって、キャラがしっかり立っている。

城や森のセットというか、CGも趣ある。

これまで絵本もアニメも他の実写も何も見たことがなく、この映画で『美女と野獣』を初めて知ったので、お話しにも新鮮な感動をおぼえた。

なかなかよかった。

レビューをもっと見る・投稿する

クチコミ・レビューTSUTAYA

悲しい美女と哀しい野獣

投稿者:have-a-nice-day 2015年12月15日

甘くて美味しいケーキ菓子のような美女ではない、生身のヒロインと、元の姿に戻らないほうがよかったと思えるほどの謎の哀愁の魅力を秘めた王子の物語が、ディズニーに脳髄まで侵されていた身体に、心地よい回復の悦びを感じされてくれる。特にレア・セドゥの美女は、マリー・アントワネットを演じたキルステン・ダンストに比肩する、新しい存在感だ。

Dよりも…

投稿者:はる 2015年11月21日

良いかも。
長時間なのに、誰でも知ってるストーリーなのに飽きない。おとぎ話はヨーロッパが本場だったんだね。

王子様・・・?

投稿者:月夜 2015年10月19日

原作ヴィルヌーヴ版beauty&beast、フランス映画好きな人は良いのかも、個人的にはDisney版とアメリカ映画が好きなのでbeastを罵倒するベルは嫌な女・・衣装がアクセサリーと揃いで手刺繍など素晴らしい。宝石がプラスチック臭くて残念、凄い俳優さんらしいですが王子は無いと思った、beastは着ぐるみ感満載なのでマスク合成よりフェイスキャプチャとCGでアスランのようなライオンが見たかったな。

レビューをもっと見る・投稿する