ニューヨークの巴里夫(パリジャン)のクチコミ・レビュー

クチコミ・レビューFilmarks

3.6

観た人
3285

観たい人
4317

投稿者:taazan 2021年11月28日

異文化での子育てや職探し、人との関わり合いに四苦八苦する話。
劇的に何か起こる訳では無いんだけど、面白かった。

投稿者:umakoron 2021年11月21日

トピックがありすぎて忙しない

ニューヨークが舞台だから
そんなものかも知れないが‥‥


アメリカとフランス文化をMIXさせ
フランス恋愛のエキスをギュッと
詰め込んだ痛快映画

重めの映画が好きな人には
物足りない

なんでもありすぎてかなりカオス
流石に自由すぎるでしょー

投稿者:keikakondo 2021年11月19日

色んなことが起こったのでうまくまとめられないが、息子が最高だった!

ジョークも挿入歌もどれも好み
見応えのある映画を観られて満足した

レビューをもっと見る・投稿する

クチコミ・レビューTSUTAYA DISCAS

ええつー!?3部作だったの?!知らずに見たけど楽しめました(^^♪

投稿者:飛べない魔女 2015年06月17日

あはは、知りませんでしたよ。
「スパニッシュ・アパートメント」「ロシアン・ドールズ」に続くお話だったとは!!
でもね、充分楽しめました。
過去の人間関係とかエピソードを全く知らなくても、
今の彼らの存在だけで充分面白かったです。
主人公のグザヴィエはダメ男かもしれないけど、どこか憎めなくて優しくて
優柔不断だけど、誰にでも好かれる気のいいやつで
だからこそ、損をしたり利用されたりしちゃう、ちょっとついてない男だけど
一緒にいたら、心地良いタイプかも。
グザヴィエが、”アメリカ人と話してていて、自分の乏しい英語力に、相手がだんだん自分を子供扱いになっていくのが判り、
そうすると劣等感にどんどん陥る”みたいなこと言ってたけど、あれ、ほんとそうだよね。
思わず、うんうん、そうそう、って共感しちゃいました。
アメリカ人ってどうしてああも早口でまくし立てるんだろう?
外国人が普通に英語話せるのは当然だと思っているんだよねぇ、彼らは^_^;

グザヴィエ役のロマン・デュリスは「タイピスト」のときは変な顔だな(笑)・・って思っていたけど
巴里夫では髭のせいか、ちょっと良い男に見えた(笑)
この人、髭があった方が俄然いい!

何でこんな複雑に《適当で優しくて憎めない奴》

投稿者:カマンベール 2015年06月10日

そもそもの離婚の原因はというと・・・グザヴィエが
レズの友達に精子を提供した事を知ったウェンディ(妻)が
面白くなかった事!
何たって、グザヴィエって男・・・思慮ってものが、皆無。
頼まれれば断れない。妻から離婚を言い渡されれば、わざわざ
ニューヨークまで、子供達を追っかけて付いて行く。
挙句に、永住権を得るため、偽装結婚まで、やる始末。
理性は、あるのかぁー?
おまけに、元彼女とまで、愛が再燃しそうな勢い!
何で、こんな複雑に!!
ヤダぁ、こんな男。こんがらがって、とっ散らかって、愛されて

これぞ、パリジャン!??

とにかく楽しくて大好き!!

投稿者:パープルローズ 2015年06月07日

「スパニッシュ・アパートメント」「ロシアン・ドールズ」そして「ニューヨークの巴里夫」
私はこの3部作大好きです。
リンクレーターの「恋人たちの距離」に続く3部作のように、練りに練られたという作品ではないし、
「流れる時間」などという高尚なテーマがあるわけでもなく、
単に当たったから続編を作ってみました的な3部作だけど、とにかく楽しい!!

「スパニッシュ・アパートメント」は私にもこんな時代があったなあという
懐かしい気持ちになれるところが好きだったけど、
このニューヨーク編は自分の年代にいちばん近づいたせいか、3本の中でいちばん好き。
前作に出てきた変な隣人を登場させたり、
留学時代に学んだスペイン語が役に立ったり、
過去作ファンへのサービスも忘れてないところがうれしいです。

主役のロマン・デュリスは背も低いし、決してハンサムとはいえないけど、
このグザヴィエという人物はほんとに憎めない奴で、彼のはまり役だと思います。

前作「ロシアン・ドールズ」から10年の月日が流れ、
グザヴィエとウェンディ(ケリー・ライリー)の間にはふたりの子供が。
しかし、突然破局は訪れ、ウェンディはふたりの子供を連れて新しい恋人の住むNYに行ってしまう。
子供に会いたくて仕方のないグザヴィエも、彼らを追いかけてNYへ。

子供との面会権を得るための苦肉の策。
レズビアンのイサベル(セシル・ドゥ・フランス)の出産の手助け。
元恋人マルティーヌ(オドレイ・トトゥ)との復縁。
今回も文字通りNYを奔走するグザヴィエの姿が笑えます。

いちばんおかしかったのが、
「同じ男を捨てて仲良くなったマルティーヌとウェンディ」と、
マルティーヌへの「アメリカ男を見つけてあげるよ。」というせりふ(笑)。
そういえば、ラストのパレードのシーンで、
公園でグザヴィエに声をかけてきた黒人男が、偽装結婚の相手といい感じになってたので、
もし続きができるとしたらカオスになりそうですね。観たいわ~。

レビューをもっと見る・投稿する

クチコミ・レビューTSUTAYA

レビューを書いてみませんか?

レビューを投稿する