メビウスのクチコミ・レビュー

クチコミ・レビューFilmarks

3.4

観た人
1440

観たい人
1545

投稿者:阿紋太郎 2019年07月20日

初めてのキム・ギドク監督作を前情報無しで鑑賞。ぶっ飛びすぎて整理が追いつかない!
“全編台詞無し”というのが効いていて登場人物と観る者をフラストレーション爆発寸前まで追い詰める。心の中で何度バカヤローと叫んだことか。。。怖さも度が過ぎると笑えてくる不思議な怪作。

投稿者:トランスマスター 2019年07月11日

♯117 [韓流祭り第二段]

インパクト勝ち。

金持ち家庭の三人家族
お父さんは、若い女とデートの帰りに車でF○CKしているところを息子と妻が目撃。怒った妻は、仏像の下にあるナイフで、夫のピーを切断しようとするも失敗。そこで父親の絡みをオカズにモゾモゾしている息子のピーをカットして家出(なぜ❓孫に会えなくなりますよ。)父親は、息子の為にマニアックな回答をググりながら身を呈して献身していくお話です。

◆良い点/注目ポイント
・全編にわたりセリフが一切なくても物語が成立してしまうという斬新な手法。
・浮気する相手が本命に似たタイプを選ぶ保守派と、全然違うタイプを開拓するフロンティア派がありますが、この親子は前者です。(理由は劇中でわかります。)
・下品な映画なのに、半グレのピーがバスに!のシーンや、半グレが、ナイフ持参で雑貨店に来てMプレーをお願いするところなど、コメディ映画顔負けの爆笑シーンがあります。(不謹慎ですいません。)

◆改善点
・主人公のイジメを暴力で蹴散らす正義のヤンキーヒーローと思っていたらただの野蛮人でした。
・ヒロインが自慢の胸を披露するシーンが多いのですが、お国柄から人工的な創作物の為少し残念です。
・石で足の甲をグリグリするシーンは、見ているだけでヒリヒリします。
・仏像などの偶像に対しイスラム教徒のような祈り方は、違和感があります。

◆総括
・この作品は一人で見るか、男が集まってワイワイ酒を飲みながらゆるく見る映画です。『SUNNY』のように邦画リメイク(絶対にされないけど)されたら
父親→ 渡部 篤郎
息子→ 星野源
母親・雑貨屋→優香
のキャスティングで見てみたいです。

-2019年119本目-

投稿者:Nao 2019年07月08日

どうなるのか気になって最後まで見ちゃったけど、なんでみちゃったのか…

セリフなしなことで、なんとなく崇高な感じにみえるけど、話の内容は共感できないし、理解できないことが多くてついていけなかった。

レビューをもっと見る・投稿する

クチコミ・レビューTSUTAYA DISCAS

誘惑に負けた

投稿者:塩胡椒 2017年05月12日

オトンのせいやん。
変な愛憎ドラマ。
ある意味衝撃的な展開だった!

やっぱり凄いキム・ギドク!!

投稿者:Tommy 2017年01月05日

一切台詞なし...だけど見終わると台詞は余計なものだったと思わせる映像の迫力にただただ打ちのめされた。愛とは?性とは?

メビウス

投稿者:片山刑事 2015年11月16日

 旦那さんが浮気してるのを知った奥さんが旦那さんの性器を切断しようとするけど、なぜか息子の性器を切断しちゃう血みどろの家族の話。

 初期のキム・ギドク作品とは変わってしまって、これはコメディなのだろうか? と不思議な気持ちになる80分でした。台詞が一切なくて説明もないけど、人間関係や感情がわかるのは凄いと思いますが、冒頭で主人公夫婦が喧嘩するシーンからしていきなり本気の殴り合いみたいなぶん殴りあいを繰り広げる夫婦が凄いです。そこからしてコメディなのかなこれ? と戸惑いながら見てしまいました。

 その後も浮気した旦那さんの性器を切断しようとするけど、失敗してその後なぜか息子さんの性器を切断するという。めちゃくちゃかわいそうな息子さん。そこから旦那さんは息子のためにいろいろ性器を復活させようとしたり、性器がない代わりに皮膚をこすって快感を得る方法を編み出したり。息子は息子で不良グループと付き合って、お父さんの愛人を不良グループでレイプされたり。大変なことが繰り広げられていきます。

 しまいには、お母さんが帰ってきたら、息子が移植した性器が今まで反応しなかったのに反応しちゃったもんだから、お父さんが激怒して……。というシークエンス。

 道路に性器が転がって、それが思い切り車に轢かれて「No!」となったりするシーンとかは絶対笑ってしまってキム・ギドグ監督作品はいったいどこへ転がっていくのだろうかと戸惑う映画でした。

レビューをもっと見る・投稿する

クチコミ・レビューTSUTAYA

レビューを書いてみませんか?

レビューをもっと見る・投稿する