アリのままでいたいのクチコミ・レビュー

クチコミ・レビューFilmarks

2.9

観た人
152

観たい人
111

投稿者:uni 2020年06月22日

子供向け映画かな、と思ったら、そのクオリティの高さに驚きです。

昆虫写真家で有名な栗林慧が、超接写用カメラを駆使して撮った昆虫の生態。
ただの虫を超えた、人間的感情すら覚える虫たちのそれぞれの生き方に、感動しました。
特に、カマキリが生まれてから死ぬまでの、弱肉強食の非情と、自分の義務を全うする壮絶な最期は、涙なくして見られません(T . T)

近年、昆虫が減ってきているという栗林慧の言葉に環境破壊の現実を感じます。
しかし、昆虫がいなくなることはないでしょう…。それより前にきっと人間がいなくなるよね。

謎のアニメキャラがゆるくて楽しい(笑)
ナレーションにDAIGO、吉田羊、杉咲花を起用、主題歌に福山雅治「蜜柑色の夏休み 2015」など、意外なほど(笑)豪華でした。

投稿者:こことと 2020年01月01日

馴染みのある虫のことが良くわかる

勧められて観たからキャストとか知らずで、
あれ?ナレーション途中からテンションおかしくない??
って思ったらDAIGO!笑
突然虫バトルみたいなの始まるし、地獄のミサワ始まるのは予想外で笑った

投稿者:サンタムール 2019年04月29日

夏休みの一発目の映画タイムは子供たちと昆虫モノを。
昆虫なんてキライなのに…子供たちのために頑張りましたよ。(。>д<)
樹液レストランにたかる昆虫達やカブトムシのおしっこシーン。

カマキリの卵から赤ちゃんカマキリが200匹出てくるシーンにはビールを吹きそうになりました。
小さい頃に松林で鬼ごっこしてて、不注意から、丁度そのカマキリの孵化の渦に顔面からいっちゃった事があり、トラウマになってるんですよね。
蟻が主役だと思ってたのに〰(。>д<)
結構カマキリシーンが長い!!
交尾の後、メスが雄の頭部を食べちゃうんであるが、身体だけになっても交尾を続ける雄のシーンは息子もスゲー!Σ( ̄□ ̄;)って驚いていました!

が、所々に入ってくるアニメがしょーもないので感動が薄れていまひとつな映画でした。
でもまぁ、エンディングの福山雅治の歌に免じて許すとしよう。(..)

レビューをもっと見る・投稿する

クチコミ・レビューTSUTAYA DISCAS

日本的ドキュメンタリーの佳作

投稿者:Dama_Darma 2018年01月08日

1年間を通しての昆虫の姿にフォーカスを当てた作品。
メインとなる虫にはカブトムシとカマキリが登場し、その他アリやトンボなど、様々な昆虫の姿を、アリの大きさから見たかのような『アリの眼カメラ』でミクロの世界を映してくれます。

この手のドキュメンタリー作品として見るならば、いかにも日本的な作りです。
効果音やBGM、叙情的なナレーションを使った映像は、プラネットチャンネルのような静かな観察者としての目線よりも、よりしみじみと、虫達を擬人的にとらえています。
弱肉強食の常である捕食シーンも、ショッキングな部分を控えめにしつつ、厳粛さを損なわないほどほどの線引き。
昆虫知識もマニアックなものよりかは一般教養にとどまるあたりですが、カブトムシのパワフルなシーンでナレーターの静かな喋りが一転してトップギアに入ったり、合間合間に入る地獄のミサワをキャラクターデザインに起用したアニメの声優があの野原一家の声役だったりと、いろいろとツッコみどころあり。

平坦なドキュメンタリーでない、アップダウンを盛り込んでいるちょうどよい楽しさがありました。
学習教材にもオススメできるかもしれません。

昆虫の世界は「弱肉強食」

投稿者:カマンベール 2017年03月22日

獲物を食い殺すカマキリやカブト虫そしてアリたち。
彼らの「アリのままは、生きる営み」
それは食べ物を得る(捕獲する)ことです。

ちび太君がDVDを持って現れたので、一緒に観る。
昆虫好きで夏は「水源地」で大物を採集する彼は、
物知りさんだ。
解説を聞きながら鑑賞。

この映画の目玉は「アリの目カメラ」の映像。
アリの目カメラは内視鏡を応用進化させた、超接近・クローズアップのカメラの事です。

映像は色鮮やかで光沢があります。
カブト虫が宝石のように輝きます。

それ以外で「ダーウィンが来た」以上の新知識は、それほどに感じなかったけれど、自分的には、
「雨粒が、昆虫に与えるダメージ」が新鮮でした。
高層ビルから小石が降って来たら?
人間にしたら、そんな感じでしようか?

雨粒の直撃は昆虫にとって「死」すら意味します。
直撃シーンは二回。撮影はきっと何十時間も待ち続けたのでしよう?

昆虫の命は一年で終えるものがほとんどです。
卵からサナギになり越冬します。
春になって脱皮して成虫に・・・そして生きる戦い・・・
命の営みが始まります。
そしてメスは、命がけで卵を生み、役目を終えて死んでいきます。

エンディング曲の福山雅治が珍しく、心に響きました。

レビューをもっと見る・投稿する

クチコミ・レビューTSUTAYA

レビューを書いてみませんか?

レビューをもっと見る・投稿する