連続ドラマW テミスの求刑のクチコミ・レビュー

クチコミ・レビューTSUTAYA DISCAS

脚本は『良』 演出『?』

投稿者:ハムエッグ 2019年05月08日

 一連の事件の起点になるヒロインの父親が殺害される交番が『神社の境内のある』ってのがまず「?」。
 父親を殺したとされる青年は、実は偽りの自供で20年の実刑(考えると重いよね1人の殺害なのに警官殺しって事で?、池袋の母子2人ひき殺した元官僚は実刑でも4・5年でしょ?裁く法律?罪状?が違うからってエライ違いだね)になり刑の確定後、親に無実を訴えるも信じてもらえず(担当した弁護士もか?)2年後刑務所で自殺する。(恐らく自殺してから数ヶ月経ってると思うが別件で加害者自宅に訪ねるまで被害者遺族であるヒロインは知らなかった。そういえば加害者の出所って被害者や被害者遺族には知らされないって聞いた事あるな)

 父親を殺されて3年たった現在、父親の事件を担当した田島検事に事務官として付いているヒロイン。 
 その田島検事が3年前の事件が冤罪の疑いが強いと今更ながら調査していた担当弁護士殺しで追われる事になる。
 で、確保される時に左肩を狙撃されて負傷した筈なのに、演出最大の謎の治療した形跡が全く無く取り調べを受ける。

 そうそう、物凄く脱線するが、池袋の元官僚が逮捕されない理由を弁護士コメンテーターが『怪我してるから逮捕したら治療時間に時間を取られて十分な取調べが期間内に出来ないから保留してるのでは?』って言ってるそうだが、他の事件でも容疑者が確保時に怪我をした場合も逮捕は保留されるのだろうか?

 真犯人はキャスト名に載る俳優に限られるから、予想は付きますね。 しかし動機がリアルちゃあリアルの些細な事(人生は終わるから些細でもないかもしれないが)

裏切らない

投稿者:ふくちゃん 2016年04月13日

WOWOWドラマはやっぱり面白い 岸谷五郎も良かった。

地味でイマイチ盛り上がらないリーガルサスペンス

投稿者:みなみ 2015年12月27日

「テミス」とはギリシャ神話の正義の女神のこと。

巡査である父が勤務中交番で殺されたという過去をもつ星利菜(仲里依紗)は
検事事務官として、田島検事のもとで働いている。
父を殺した犯人が冤罪を主張して刑務所内で自殺、当時の弁護士も冤罪の証拠をつかんだとたん殺され、
田島が犯人として追われる。2つの殺人事件の犯人は果たして誰なのか?!

冤罪がテーマのリーガルサスペンスだが、全体的に地味。
犯人は何となく予想がついたし、もっと話が大きくなると思ったのに
イマイチ盛り上がらず。
キャストも、ヒロイン仲里依紗はとてもよかったけど、
ほかはちょっと薄っぺらく感じました。

レビューをもっと見る・投稿する

クチコミ・レビューTSUTAYA

サクサク観れるミステリー

投稿者:南国ぱんだぁ 2016年12月13日

前編・後編を合わせても4話しかないので、1日で一気に観れました。

冒頭から引き込まれるように物語が始まり、私は推理がヘタクソなので、最後まで犯人はわからずハラハラ出来て、とても面白いかったです。

法廷ミステリーになるのかな?
裁判とか絡むミステリーが好きな人は楽しめると思います。

レビューをもっと見る・投稿する