バクマン。のクチコミ・レビュー

クチコミ・レビューFilmarks

3.6

観た人
75526

観たい人
17993

投稿者:NAO141 2020年11月23日

「友情・努力・勝利」
少年ジャンプの三大原則をそのまま映像化したような作品。面白かった!!
エンドロールもなかなか良い♪

子どもの頃、自分や周りの友人にとって少年ジャンプがすべてだった。青春そのものだったように思う。少年ジャンプ黄金期と言われた時代に数々の作品を楽しめた自分は幸せだったと思う。
「ドラゴンボール」「幽☆遊☆白書」「スラムダンク」が特に好きだった。
当時、少年ジャンプは150円か170円くらいだったように思う。
地域の子供会で廃品回収の手伝いのようなことをしていたが、廃品として棄てられた少年ジャンプを友人と回収して読み漁っていた時代が懐かしい笑
当時少年ジャンプでは「ドラゴンボール」でセルゲームが開幕し悟空VSセルのバトルが始まる同じタイミングで「幽☆遊☆白書」も暗黒武術大会が決勝戦を迎え蔵馬VS鴉のバトルが始まる時だったような気がする。ワクワクしていた子ども時代を思い出した笑
その後漫画(コミック)からは一度離れ、再び「この作品面白い!」と思ったのは大学生の時に読んだ「DEATH NOTE」だったが、これもやはり少年ジャンプだった笑
少年ジャンプは自分の青春として大切な雑誌だったなぁ笑

本作「バクマン。」も「デスノート」の原作者である大場つぐみ&小畑健による大人気コミック。
やはり少年ジャンプって良い!!笑

投稿者:パピヨン 2020年11月23日

大根監督は今、日本映画界を背負っている一人であり、エンターテイメントとしてちゃんと料理出来るお方。上手!凄い!カッコイイ!

投稿者:icecreamcake 2020年11月23日

ひさびさ見たけど面白かった
公開当日くらいに見に行ったときは原作大好きすぎてうーんて感じだったけどいま改めて見たら原作とは違う良さあるって思えた!青春映画
キャスト公開されてすぐの時は最高と秋人逆やろってぼろくそゆうてたけどいざ見てみたら違和感なかったし、今回はむしろこの配役しか考えれんなってくらいしっくりきた神木隆之介と佐藤健の演技力すごい小松菜ちゃん大好きやけど小豆ではない

レビューをもっと見る・投稿する

クチコミ・レビューTSUTAYA DISCAS

熱中できることは素晴らしい

投稿者:ひろ 2020年06月19日

熱くてとてもよかった。漫画業界の厳しさを知らされましたが、青春映画としてとても面白かった。
エンドロール洒落てて凝ってます。最後は「ずっと待ってる」、いや先に行ってもずっと待っててもらいたいです。



微笑ましい

投稿者:才谷屋 2018年02月25日

現実とはかけ離れているであろう
ほのぼのした映画
悪くはなかったよ

最後の最後のほうまで大分楽しめたけれど

投稿者:よっち 2017年10月09日

惜しかったなぁ~。。
かなり終盤の方まで楽しめたけれど、原作の面白さを知っているだけに、伏線が回収されていないところとか、すかっとしない部分が残念だった。
俳優さんたちもみんな演技力があったし面白かったし、そういう意味ではすごくよかったんだけれど、「続編アリ前提?」と思ったほどすかっとしなかった。

レビューをもっと見る・投稿する

クチコミ・レビューTSUTAYA

面白い

投稿者:モトア 2016年10月21日

原作ファンなので実写化は期待していなかったのですが、すんなりと楽しめました。
2時間なので物足りないところや省かれている話も多いのですが、これはこれで良かったと思います。

観ていてワクワクする

投稿者:マンボウ 2016年10月09日

漫画家の話を、あんなにドラマチックに描けるなんて、大根監督最高。
神木くんの演技はもちろん、私の中では、漫画を書き始める前の情けない高校生役を、佐藤健が上手く演じていたと思う。

小松菜奈も「渇き。」観て毛嫌いしていたけど、健くん演じる最高がずっと憧れているヒロイン役を、とてもキュートで可愛いらしく演じていて好感をもった。

デビュー当時から山田孝之くん推しだが、二人が最初に漫画持ち込みをしたジャンプ編集部で、後の担当者役は、抑えぎみでリアリティーがあり、脇役として際立っていたと思う。読者アンケートで二人が初めて1位をとって喜ぶ表情が忘れられない。

さりげなく感動する

投稿者:チャレンジャイのジャイ 2016年08月24日

漫画から映画になるやつは、ほぼハズレが多いけど、バクマンは当たりだと思う。神様のいうとおりの2番目に良い映画だった。寄生獣より、はるかに良い。

レビューをもっと見る・投稿する