ゲーム・オブ・スローンズ 第五章:竜との舞踏のクチコミ・レビュー

クチコミ・レビューTSUTAYA DISCAS

面白すぎる・・・

投稿者:勇光 2019年10月26日

次から次へと急展開の連続! ずっと観つづけているためか頭痛を発しているのだが、面白すぎてやめられない。話の流れ方からして、最後のヒーローはジョン・スノウだなと思っていたらまさかの展開。が、ここにあの赤い魔女の魔術がでてきてさらに予想外の展開・・・おっとこれはシーズン6だったか・・。
王都では徹底的に悪役だったサーセイが悲惨な目にあう。自分がテコ入れして兵力をもたせた宗教団体が暴走しててんやわんやの大騒ぎ。北に逃げたサンサはまたもや罠にかかって大変大変。同じく北を目指したサンサの弟のブランは意識を他人やオオカミに乗り移らせる術を身につけてゾンビと戦うし、ブランの姉のアリアは妖術師みたいなのの弟子になってスゴイ技を身につけるようだ。また、ドラゴンの母として8千の兵士を従えたデナーリス・ターガリエンはひとつの都市国家を乗っ取って自分の王国にしたのはいいのだが、その統治がうまくいかなくて四苦八苦する。
細かな起承転結が次々と連結されていてとにかく面白い。

またまた怒涛の第5章!えええええ?X 5的な衝撃のラスト

投稿者:飛べない魔女 2018年05月07日

えええええ?
えええええ?
えええええ?
嘘でしょ?????
誰か嘘だと言ってぇぇぇーーーー!
ラストの衝撃に、ずっと心の中で叫んでた!
(ていうのは、タブレットで電車の中で観終わったので)
何であの人を?信じられん!
このドラマの展開は本当に予測不可能だ。
絶対無いであろうと思っていた人が消える。

そしてこの第6章は、さらに戦闘シーンが増し
その迫力と見事なCG映像が相まって、手に汗握るシーンが多かった。
そしてやり過ぎなハイ・スパロウ率いる七神正教って何?
宗教団体があんなに力を持っていてるってどういうこと?
ここらあたりはよく判らなかったが、憎らし過ぎて大嫌いだったサーセイに対する
仕打ちがあまりにも厳しくて目を覆うものがあった。
憎らしいからいい気味って最初は思ったけど、宗教が政治を超える?なんて
こんなことやり過ぎでしょ。

ああ、もうあっちも、こっちも、東西南北全く目が離せない展開。
そういや、今回ブランがほとんど出なかったけど、どうなっちゃったんだろ?

はい、はい、次は第6章!
完全に本ドラマの中毒に陥っている私です。
そういや、エログロシーンについても、もはや何も気にならなくなっている自分がいます(笑)

grave

投稿者:ビンス 2018年03月22日

この初志貫徹っぷり
この問答無用っぷり
なんなんだ
なんなんだこのドラマは!
主要キャラをぶっ殺しまくるその姿勢
一切の妥協を許しません。
こちらの期待を全くもってシャットアウト
まさにサドンデスの如くに
突然死が訪れ
感情移入していたキャラをさらっていきます。
ひとり、またひとりと
減っていく狼の血統
その誇り高さ故に
死に見いだされていく
彼らは誇りという両の手で
墓穴を掘ってしまうのです。
対する獅子の血統は
どんなことがあっても足掻きもがき抗い
生を貪ろうとする
その姿勢は最早「あっぱれ」というしかなく
感心すらしてしまうほど。
しかし、彼女らもまた
七つの大罪を身にまとい
高慢という両の手で
墓穴を掘り進めていくのです。
世界に迫りくる死の行進
理想と現実の狭間で苦悩する龍の血統
疲弊する狼と獅子
そして狂った雀たち
恨み辛み妬み嫉み僻み
シーズン8で終了が決定しているこの物語は
これから最大のクライマックスへ向け
動き出していくのでしょう
いざ、シーズン6へ

迷走しているかのようなアリアのパート
なんだかよくわからんし
結構どーでもいい


レビューをもっと見る・投稿する

クチコミ・レビューTSUTAYA

映画を超えた巨大ドラマ

投稿者:Larx0517 2016年08月15日

映画並みの制作費を投じ、映画並みのクオリティを保ちつつ、映画の時間枠に収まらず、ドラマ化したような長編ファンタジー巨編。
あまりにもたくさんの登場人物が同時進行で絡まりあいながら、物語をつむいでいくので、Wikipediaのアプリ必須。
ファンタジー好きには、絶対必見!

ゲームオブスローンズ

投稿者:メリー 2016年04月29日

凄い楽しいし色んなジャンルの人達が出て はまるかも 最終は どんな終わりになるか ドキドキするよー

レビューをもっと見る・投稿する