重版出来!のクチコミ・レビュー

クチコミ・レビューTSUTAYA DISCAS

元気をもらえるドラマ

投稿者:アディルマ 2020年06月04日

このドラマは今まで見たドラマの中で一番好きなドラマです。
重版出来という同じ目標のために情熱をかける登場人物たちから元気をもらいました。

主役の黒木華さんが良いです。

投稿者:ホラーは観ないKEN 2020年01月28日

第1話から最終10話まで、毎回 面白いです。
主役の黒木華さんが、良い意味で美人過ぎず
ちょうど良い可愛さで、役柄にピッタリです。

第5話以降は良い話が多いのですが、
個人的には特に第5話・第9話が好きです。

春を待つぼくはコグマです。

投稿者:飼い猫チェロキー 2018年06月21日

舞台の中心は週刊コミック誌の編集部。新人女性漫画編集者・黒沢心を主人公に、漫画家を支える編集者の仕事を描く。出版業界を支える編集者、営業、宣伝、製版、印刷、デザイナー、取次、書店員、一般に裏方と呼ばれる人々の努力や連携があってこそ、初めて1冊の本が読者のもとに届くのである。“作品は漫画家だけの力では売れない現実”をリアルに描いている。(Wikipediaさんより)

筆者は先日TwitterのTLにヤマウチナオコさんのツイートを見つける。ヤマウチナオコさんは「重版出来!」の編集を務めていた方のようで、

”『重版出来!』のドラマは本当に本当に幸せな映像化だったな、としみじみ思う。”
(先日のツイートをコピー致しましたm(._.)m)

原作の漫画を一読もしていないし-ドラマが良かったので読もうと思っているが-漫画のことをものすごく深く愛してるかといえばそうでもない筆者だが、このドラマには仕事に対しての姿勢や悩み、他者との関わり方や夢と向き合う人たちの祈りや叫びや勇気…

一編集社を通して垣間見える普遍的なメッセージが込められているドラマである。そしてちゃんとコミカルなのである!役者のみなさんと脚本の野木亜紀子さんには感服いたします◎

これは大真面目に老若男女問わず、黒沢心-黒木華-にバイブスあげてもらえること間違いなし!!

ぜひ観てみてください!! / 飼い猫チェロキー

レビューをもっと見る・投稿する

クチコミ・レビューTSUTAYA

黒木華演技が上手いと感じてしまった

投稿者:猫娘 2016年06月27日

黒木華は主役の器じゃないと思っていたが意外や意外この人主役の方が脇役より向いているかもしれないと思ってしまった。伊達に高校の演劇部で三年間主役を演じていたわけじゃないなあと思った。主役を演じているのを初めて見たが最初から演技に惹き付けられたし役柄が凄く魅力的に見えて応援したくなるような感じだったこれが演技の上手くない女優が演じたらこんなに魅力的に見えなかったと思った改めて黒木華の演技力凄いと感じた。
主役の時の方がやはり慣れているのかもしれないと思った。

レビューを投稿する