デッドマックス/憎しみのサンダー・ロードのクチコミ・レビュー

クチコミ・レビューFilmarks

1.5

観た人
36

観たい人
21

投稿者:NYoLo 2020年07月26日

時間の無駄とはこの90分のことだと言えよう。

アマプラのアクション映画のリストをひたすらスクロールしていたら、有名映画のパチモンみたいなものが続々出てきました。

そのうちの一つがこれ。

ゾンビマックス!怒りのデス・ゾンビが懐かしいくらいだわ。
なぁにがサンダーロードか!どこにサンダー味が?!

くだらなくて失笑する映画はたくさんあるし、なんだかんだ言って好きなものもあるんだけど、10分ごとにイライラさせられるのは初めてかも。確かに観ていたら憎しみが湧く。

マッドマックスが車なら、こちらは徒歩。2人のやり取りもイライラ。何がしたいのか分からんし、くだらん話を長々としすぎ。次々変なの出てきて、どいつもこいつもダラダラとしょもない会話して尺伸ばすな!

これで世紀末のつもりかっ
学芸会か〜っっっ


だんだん自分の表情が不機嫌になっていくのを感じる。でも選んだ私が悪いから、この腹立たしさ、誰にもぶつけられない。

ラスト前の展開だけはちょっと目が覚めたので0.2点上げたが、エンドロール後の映像も意味不明で再び腹立ったわ。


あとあの紫外線病の症状、なんやってん

投稿者:うしお 2020年06月03日

待っていた……オマエみたいな変態を……(殺し屋1の垣原さん風に)

「空腹万能説」という理論がありましてね
腹が減ってるときは何を食っても上手いと感じるんですよ
それと同様に映画を観てない期間が長いとその分何を観ても面白いと感じるんですよ

そこで実に17日ぶりに選んだ映画はこれ
とてもとてもゴミクズ変態のような匂いがぷんぷんするこれ
正に見た目通りのゴミクズ変態で非常に満足しました

右腕がサイボーグの男が荒廃した世界をずーっとぐだぐだチンチラのそのそタラタラ歩いて喋ってるだけ

登場人物はボルトが一本抜けると動かなくなるサイボーグの男、ヒロイン、神様、ゾンビ、食人族、ドンキのグッズを全身に身に纏った変態魔法戦士と多岐に渡るがストーリーに絡んだり絡まなかったりよくわからんのがゴミクズポイント

極めつけは「紫外線病」という設定
紫外線病とは「太陽光の下でサングラスなしで人を見ると他人の顔が自分の顔に見える病気」のこと
つまり自分と敵が話していても絵面は自分と自分、一人二役で会話してる
つまり登場人物の数だけキャストを揃えなくても一人で何役もやらせる設定を正当化できるシステム
これで人件費を大幅に削減できる
正にB級映画ならではの画期的な設定だ!

グロなしエロなし車もバイクもデッドもマックスも肩パッドも憎しみも狂い咲きもサンダードームもデスロードも出ないけど殺風景な風景はちょっと風情があるからスクリーンセーバー代わりにはいいんじゃないかな

ごちそうさまでした

投稿者:モーゾフ 2020年05月19日

私の中の底辺の底辺、力ータロウ(ちからたろう)の地位を揺るがす強敵現る。
カータロウはダメ加減が衝撃でなんとか見届けたけどこちらはつまらなさが半端なくてリタイア。点数記録せず。
尺長いけど製作陣はノリノリで作ったんかな…

2020 5 アマプラ

レビューをもっと見る・投稿する

クチコミ・レビューTSUTAYA DISCAS

レビューを書いてみませんか?

レビューをもっと見る・投稿する

クチコミ・レビューTSUTAYA

レビューを書いてみませんか?

レビューをもっと見る・投稿する