マギーのクチコミ・レビュー

クチコミ・レビューFilmarks

2.9

観た人
1497

観たい人
1170

投稿者:VEL04 2019年02月10日

とっても静かなゾンビ映画。
ドキドキワクワク感ほぼ無し。
父親役がシュワルツェネッガーである必要もほぼ無し。
娘が早く楽にしてと頼んでんのにグズグズしてんじゃねえよとイライラしてしまう。
隔離所で使う薬より銃の方が良いのはなんで?普通は薬の方が安楽死できそうな気がするけどな。
不思議。

投稿者:リサ 2019年02月04日

ゾンビ映画で、親子の絆を描いた作品。娘を救えない父親の悲しみが伝わる作品で、最終的には特効薬が作られるかと思いきや、結局最後までその悲劇性は変わらないので、観てる側もツラくなる作品・・・。

無敵のシュワルツェネッガーが抗ウイルス薬を発見、娘のためにゾンビを蹴散らし強奪しにいく内容だったらもっと見応えがあったかもしれませんが、今回は普通の無力な男性なので期待してたぶん少しがっかりしました。劇中では特効薬も開発されないので、この世界はその後どうなったのかもわからずじまい。もう少し作り込めばという、残念の一言ですね。

投稿者:takanabe 2019年01月30日

つまんなくはないけど、地味すぎるし、色々勿体無い感じ。

ゾンビ映画を観たかった人は不満が残るだろうな…。

レビューをもっと見る・投稿する

クチコミ・レビューTSUTAYA DISCAS

観客が思い想い感じる系人間ドラマです。

投稿者:phantom967 2019年02月01日

ちょいネタバレかも。

最近の分かり易い、ゾンヒぶっ跳ばし系が好きな人。
説明過保護な作品が好きな人。
暴れシュワちゃんじゃ無きゃ嫌な人には不向きな作品です。

往年の映画の様に観客がキャストの台詞の行間や仕草表情から、自ら思い想い馳せる様な作品です。

親しかった友人や家族をゾンヒになったからと躊躇無く殺せるものなのか?
今目の前それは見知った人なのか?それとももう?

感染し成り果てる前の自分と云う存在。
また成り果てる前の存在をどう扱い、感じればよいのか?

物語はそれらを主体に描かれてゆきます。

勿論、感染したら成り果てる前に葬れとの考えの人も存在します。
身内であっても無くっても、本来ある筈の葛藤。

成り果ててゆく娘を見守る父や家族、そして友や知人。
そうした存在を成り果ててゆく娘も愛や恐怖の葛藤を感じる。

いよいよ二人きりになった父と娘。

成り果てた娘を父は、、、、。
そして娘自身は、、、、。

そして結末。

観客各々が彼彼女の想いに、個々様々な思い想いをめぐらせるでしょう。

個人的には秀作と感じました。
シュワちゃんの魅力はアクションだけでは無いですよ。

戦わないシュワちゃん、闘うシュワちゃん

投稿者:伝衛門 2018年06月28日

『ターミネーター』や『コマンドー』といった元ボディービルダーの経歴に裏打ちされた
圧倒的な説得力を持つ肉体派俳優の印象が強いアーノルド・シュワルツェネッガーさん。

彼が主演のゾンビ映画ということで、ゾンビ軍団との戦う様に期待したいところですが、
別の次元での彼と家族の闘いを描いた作品で、ホラーではなくドラマのジャンルと感じました。

主演だけではなく制作にもクレジットされていることから、
彼のネライに穿った見方をしてしまいますが、なかなかの好演で
娘への愛情をしっかり感じ取れます。
また、マギー役のアビゲイル・ブレスリンさんが自身の体調の変化して様を好演されており、
最後のシーンはドキッとしつつ感動もしました。

ただ、残念ながら20数年前の隠し子騒動のスキャンダルの記憶が残っており、
”あんたに家族愛を語られてもねぇ…”と感じずにはいられないかも。

ゾンビ、家族愛。

投稿者:iha 2017年10月15日

いまだかつてゾンビの家族愛を語った映画があっただろうか。
いやない。
おとなしく進行するストーリーと
悪趣味な映像美。
シュワちゃんだからこそ、アクションへの期待がふくらみ続け、
しぼんでゆく。。

レビューをもっと見る・投稿する

クチコミ・レビューTSUTAYA

レビューを書いてみませんか?

レビューをもっと見る・投稿する