ドクムシのクチコミ・レビュー

クチコミ・レビューFilmarks

2.0

観た人
483

観たい人
311

投稿者:Lenely 2019年07月07日

途中で観るのやめようかと思ったが合間合間のスプラッターシーンに助けられているだけで真新しさもなければ面白さなんて皆無。

投稿者:さとう 2019年07月02日

まだまだ粗製乱造が続いているデス・ゲームもの。

ルールは無い。仕掛けもない。集められた目的も分からない。
ないない尽くしで、駄作認定寸前のところ、ラストでビックリなどんでん返し。そりゃそうだ。ただの手抜きではないんです。低予算を逆手に取った見事なやり口ですね。

投稿者:Takahiro 2019年06月22日

極限の状況下で扇動され続けると、蠱毒ていう非現実な儀式?にも、染まってしまうんだなと思った。

最後のパスタを手で食ったのはどういう意味なんだろ。

流し観だったんで誰か教えてほしい。

レビューをもっと見る・投稿する

クチコミ・レビューTSUTAYA DISCAS

何これ。

投稿者:mafumafu 2016年11月21日

原作と全然違って凄く残念。
「蠱毒」という設定だけは同じだけど、内容も違う所が多い。

全く別物として見たほうがいいと思う。

よくあるデスゲームものですが、なかなか楽しめました

投稿者:みなみ 2016年09月29日

「密室に男女7人、デスゲーム」ってありがち設定だけど、さすが朝倉加葉子監督、面白かったです。
展開は奇抜なところもあったけど、スリリングで引き込まれました。

以下ネタバレです。

この状況は何だったのかについて、ラストに明かされますが、かなりこじつけっぽいです。
でもラストシーンで看護婦の顔があの人だったので、「やっぱりそうか!」の二段オチでした。
なぜ人々がそういう状況になったのかについては明かさないで終わる作品が多い中で
うやむやにしないところがよかったですね。

低予算のせいか、ゾーモツなどがちゃちくて笑ってしまったけど…(^^ゞ

ドクムシ

投稿者:片山刑事 2016年09月10日

 学校みたいなところに閉じ込められた7人の男女のバトルロイヤルな話。

 全く接点のない男女が気づいたら閉じ込められていて外との情報もなく、肉切り包丁と大鍋があったり謎のカウントをしているタイマーがあったり。そこで1人がこれは殺し合いをしないと出られないんだという発言から疑心暗鬼になっていく。

 主人公は大学生の男の子ですが、この男の子が大学生である設定の意味とかよくわからず、基本、お腹をさわって歩いているかトイレに閉じこもっているだけです。後は勝手に周りが殺し合いをして人数が減っていきます。そもそも水しかなくて食料がないまま1週間を描きますが、ヒゲも生えず汚くなっていく様子がないので、時間の経過がわかりにくいです。オタクでデブのキャラクターとか描かれ方が酷くて、作り手はそういう人たちが嫌いなのかとさえ勘ぐってしまいます。若い格好をしているけど、実はおばさんというキャラクターも勝手に発表して勝手に退場していくだけで一体何だったのか謎でした。

 そして最悪なのはオチで、なぜここに閉じ込められたのかという結果発表に愕然としました。真面目に考えるのやめたくなる映画で残念でした。勝手に殺しあってしまったという悲しさを表現したいのでしょうが、現代人をわけもなく閉じ込めるという状況をもっと煮詰めて考えてほしかった映画でした。それにこの内容で100分は長かったです。

レビューをもっと見る・投稿する

クチコミ・レビューTSUTAYA

レビューを書いてみませんか?

レビューをもっと見る・投稿する