ルームのクチコミ・レビュー

クチコミ・レビューFilmarks

3.9

観た人
90961

観たい人
65734

投稿者:KK 2020年07月04日

いまいちハマらない、脱出した後もちょっと緊迫感が足りない。
ベースとなってる実話を調べたらそっちが壮絶すぎた。

投稿者:ミキ 2020年07月03日

生き抜いた、その先、を描いた映画。
皆様のレビュー通り子役の子の演技が素晴らしい。。!
欲張って色んな人にフォーカスを当てるより、この親子の心理描写がしっかり描かれていたのがすごくよかった。

投稿者:uki 2020年07月02日

I couldn’t say anything, no maybe I forgot how to speak cuz I’m shocked.

レビューをもっと見る・投稿する

クチコミ・レビューTSUTAYA DISCAS

そこそこ

投稿者:杉崎 2018年12月10日

嫌いじゃない

立派な母親だったヒロインは、傷ついた若い女性でもあった…

投稿者:コタロウ(!) 2018年09月27日

ジョイと5歳の息子・ジャックは、狭い「部屋」の中で暮らしている。
彼らは、変質者に監禁されているのだ。
ジョイは17歳の時に拉致されて以来7年間、ジャックは一度たりとも「世界」を見ていない。
そして、ある冬の日、ジャックの活躍で二人は部屋から解放される。

「部屋」から「世界」へ踏み出した母子を描いた感動作。
外の世界を知らない5歳児・ジャックが、風景に驚嘆したり、階段の昇降に難儀したり、
ちょっとカスパー・ハウザーのようだった…やりきれない。
彼が「世界」に戸惑い、やがて順応していく姿は、痛ましくも愛らしくて胸を打たれた。

ジョイは、変質者からの性的虐待に耐えつつ、ジャックを守り慈しんで育てていた。
立派な母親だ。
しかし、ジョイは、人生を狂わされ傷ついた若い女性でもある。
女友達と写ったハイ・スクールの陸上部時代の写真を見るジョイ。
「アンカーだった。速かったのよ…」「彼女たちには何も起こらなかった!」と…

ジョイの母親・ナタリーを演じたジョアン・アレンが良かったです。
ナタリーがジャックと心を通わせるシーンには、優しい気持ちになりました。

空想の犬しか飼えなかったジャック。
本当の犬・シェイマンに出会えてよかったね。いっぱい癒されてくれ!

失われた時間の難しさ

投稿者:Yohey 2018年08月26日

重すぎる作品でした。ストーリーの流れもいいんですが、映画として楽しめるかと言われると・・・重すぎるなあ、うまい描き方もしているんだけど。

当人たち、まわりの人たちの立場にたってみると、時間しか解決できないのかなと安易に思ったりするんだけど、それでも失われた時間は戻せないよなあ。特に男の出生の部分とかは、一生つきまとうものだし・・・

子役の子がうまくて、感情移入してしまいました。でも二度とはみたくない作品です、つらいもん。

レビューをもっと見る・投稿する

クチコミ・レビューTSUTAYA

よかった

投稿者:猫田 2018年10月02日

最初から最後までよかった!だからこそ、この続きが見たい!今後この親子の人生はどうなっていくのか、あと30分見ていたかったです!演技は全員サイコーです☆

良い意味で…

投稿者:ぴっぴ 2018年02月06日

今回裏面を読んで勝手に終始暗いヒステリックサスペンス的なのを想像していました。
完全に裏切られた(笑)
良い意味で。
久しぶりに涙を流しました(笑)
期待してなかっただけにとても良かったです。
母親の愛。親の心。考えさせられます。
皆さんも是非!

前を向いて

投稿者:ムカムカ 2017年02月20日

こういう拉致監禁野郎はヘドが出るほどムカつくけど
母子が助かった時は本当にホッとした。ジャックは大丈夫そうだけど、お母さんの方はまだコレからが大変なのかな…。

レビューをもっと見る・投稿する