モヒカン故郷に帰るのクチコミ・レビュー

クチコミ・レビューFilmarks

3.7

観た人
6809

観たい人
5341

投稿者:r 2021年07月14日

おじいちゃんが亡くなる直前の日々を思い出した。本当にああいう感じだった。柄本明さん、すごいなぁ、、
断末魔ーー

投稿者:湯っ子 2021年07月07日

料理なんて、だいたいめんつゆ入れときゃ何とかなるのよ〜。
めんつゆ最高!

笑いと涙、静と動、喧騒と静寂。
感動ものに転びそうになると笑わせにくる、このバランス好きだ〜!

役者さんみんな素晴らしいのは、言わずもがな…

この映画を観て、日本のお母さんと言えば、私の中ではすっかりもたいまさこになってしまった。「愛しのアイリーン」の時のオニババとは打って変わって、愛に溢れてるのに押し付けがましくない、普通かつ理想のお母さん。
「お父さん、これってことで…」のピザのシーン、最高だった!
前田敦子が演技してるところは初めて観たけど、いいね〜。こんな嫁が来たらかわいいだろうな。
海辺の父と息子のシーンも素晴らしい。
末期癌と同時に認知症も進んだ父と息子の会話…
いちばんの泣かせどころをこれだけ抑えた演出で観せるところも、好きだなぁ…。

吹奏楽部の子たちや、島のじいちゃんばあちゃんは、地元の素人さんなのかな。芸達者な役者さんたちが並ぶと、どうしても画面が華やかになりすぎるのをちょうど良いバランスで中和している感じが、また良かった。

投稿者:Koty 2021年06月12日

絵面のアバンギャルドな、正統派の家族ドラマ。
この手のジャンルは久し振りに観た。
特に何かが起こるというわけではなく、けれど淡々としてもいなく、コメディ要素強めの懐かしい暮らしを垣間見れるような、幸せな映画だったと思う。
映画の後も朗らかに日常が続いて行くんだろうなと感じさせる。
こういう世界線で生きてみたいと少し思う。

レビューをもっと見る・投稿する

クチコミ・レビューTSUTAYA DISCAS

モヒカン奮戦記

投稿者:こうさま 2017年12月10日

タイトルは名作「カルメン故郷に帰る」のパロディーみたいだがなんの関連もない。
東京で売れないデスメタバンドのヴォーカルをしているモヒカン頭の永吉が7年ぶりに故郷である瀬戸内海に浮かぶ小島に妊娠している恋人由佳を連れて帰郷、
矢沢永吉のフアンで短気な父親、熱狂的な広島カープファンである母親、帰郷していた弟と再会して久々に家族がそろうのだが、のらりくらりしている息子永吉に激怒した父親とさっそく親子喧嘩。
内心はうれしいのだろうがなかなかそれを素直に表現できない不器用さ、流石に親子よく似ているなぁと思わせる。
あまり頭はよくなさそうだが明るさと気のいい由佳、不器用な息子と父、達観している母親、のんびりして覇気のない弟、どこかちょっとズレている感じがするがちゃんと家族として成立しているところが面白い。
高齢者ギャグ、病人ギャグ、田舎ギャグが飛び交って全体をほのぼのとした感じにしてくれる。
後半は父親が末期ガンを宣告され、不器用ながらなんとか親孝行しようと奔走するモヒカン兄さんの活躍が微笑ましいしそれがお涙頂戴になっていないところがよい。
ピザ屋三社競合のシーンもいい味付けになっている。
松田龍平のゆるいキャラ、もたいまさこ、柄本明のベテランらしい存在感がうまくマッチしていて最後まで飽きさせない作品。

出演者の演技が良かったです

投稿者:スヌーピー 2017年07月28日

どこにでもいそうな家族な感じが良かったです。本当に現実にいそうだなと思いました。
素敵な両親だなと思いました。特に妊娠した彼女から見たら義理の両親なのにすぐ打ち解けれて素敵だなと思いました。特にお義母さんは明るくて優しくてこんなお姑さんならもめごとも起きないだろうなと思いました。
お父さんが病気になって余計に家族愛が深まった感じがしました。でも、家族でもある程度距離感は保ってる感じが良かったです。

出演者の演技もすごく良かったです。柄本明さんの父親役と、もたいまさこさんの母親役は本当に実際にいそうな両親ですごいリアル感を感じました。弟の千葉雄大さんの演技も良かったです。
舞台が広島の島だからすごく広島愛も感じました。見終わって温かい気持ちになりました。

面白くて、ホロっとさせられる映画

投稿者:nob77 2017年04月19日

面白くて、ホロっとさせられる映画。
主人公の永吉(松田龍平)と、その父親(柄本明)を軸に、家族愛がたっぷり楽しめる。
人の生き死にの話なのに、この2人の醸し出す雰囲気が明るいから、最後までじめっとしない。
かといって、ドタバタなわけでもない、絶妙なバランス感覚が心地よい。
永吉の恋人、由佳は、ちょっと変わった女の子だが、前田敦子が演ずると、実在しそうなくらい、しっくりくる。
風変わりな女性を演じたら、結構はまるな。
前田敦子の演技は叩かれることが多いが、こういう役をきちんとできるのは、もっと評価されてもいいと思う。
まあ、批判を言っているのはアイドル時代のアンチだけだろうから、気にする必要もないか。
最初と最後が「断末魔~」なのには笑わさせられた。

レビューをもっと見る・投稿する

クチコミ・レビューTSUTAYA

レビューを書いてみませんか?

レビューを投稿する