王の運命 -歴史を変えた八日間-のクチコミ・レビュー

クチコミ・レビューFilmarks

3.6

観た人
460

観たい人
396

投稿者:うっちー 2019年05月07日

ちょっと前に観ましたが、あまりに悲惨過ぎて……。王家ならではの厳しさというのはあろうが、ここまで親は非情になれるものでしょうか。

大好きなソン・ガンホの出演作で苦手なのは『復讐者に憐れみを』でしたが、それを上回る嫌悪感。改めてすごい俳優さんだと思います。
子供とはいえ、別の人間だし、半分は他人である妻の血が入ってるのだから、何が好きでどんな性格かは父親がコントロールできるものではない。それを意のままにならないからと退け、果てにはあんな沙汰を加えるなんて、王が人として成熟してない証拠だー、と強く主張したくなる展開。もう、辛くてつらくて。
こういう葛藤、母と娘のが強いのかと思いきや、男親も同じなんだなぁと。

王に疎まれ、米櫃に押し込められる悲劇の王子を演じるユ・アイン。ほんとに上手い。この人の自然で肉体的というか、身体ごとの存在感と切ない眼差しは、ほんとに観るものを揺さぶる力がある。最期、だんだん錯乱して狂っていく様子も凄かった。
幼い息子が水を一杯運んでくるシーンは、ほんとに勘弁して、という感じだった。辛すぎて。こんなトラウマ、当事者だけでなく、周りにいて観ている従者たちにだって被害甚大なはず。思い出すだに腹立たしい……。
しかし、時代劇装束も似合う鳥顔の王子、ユ・アイン。ますます好きになりました。

ひたすら悲惨な展開を淡々と追う映画なので、正直かなり地味。超リアリズムというか。それで一体何を伝えようとしたのだろうというところは、ちょっと不明瞭だったようにおもう。


余談;
最期に登場する、大きくなった息子は、なんか男前だなと思ってたら、ソ・ジソプですか。なんと! 辛過ぎる話に爽やかな風を、って気にも、やはりならない笑。あの死後硬直……。

投稿者:kojiメン 2019年04月30日

ソンガンホ出演映画。
父と子、上司と部下の関係……。
後世後継に厳正な姿勢を仁義する気持ちが伝わる映画。「人がいてこそ、勉学も礼節もあるのだ」
あと主題歌がたまらなくかっこよかった!

投稿者:ましもり 2019年04月16日

なかなかレビューを書く気になれなかった一作。超凄かった。ソンガンホも凄かったけど、ユアインが凄すぎた。
英祖〜正祖の時代を題材にした映像作品はたくさんあるみたいですが私はこれが初めてで。はあ、凄かったなあ。。。
あのお経サウンドトラック欲しい。


ユアインの息子、幼少のイ・サン役にわたしの中では幼ドンウォンでおなじみのイ・ヒョジェくん!!セリフが多い!!すごい!!ソ・ジソプは初めて見たけど、なるほど彼にも似ている!

チョンヘジン姉様が意志の強い母親であり淑やかに立場を全うする側室を演じてます!
ユアインの正室の父にパクウォンサン
ソンガンホ(英祖)の母である先王の后にキムヘスク(キムヘスクが絵になるシーン!!)
英祖の正室に(群盗と同じ役回りの)パクミョンシン!
家臣のチョンソギョンも印象的!
イ・デヨンもいた
「プリースト」のパクソダムは悪女っぽい役は微妙かも〜

レビューをもっと見る・投稿する

クチコミ・レビューTSUTAYA DISCAS

朝鮮王朝最大の悲劇「米びつ事件」

投稿者:みーちゃん 2019年02月13日

わたしは「イサン」や「秘密の扉」などの韓国ドラマを見ていないので、「米びつ事件」のことを全然知りませんでした。朝鮮第21代国王「英祖」(ソンガンホ)と息子「思悼」(ユアイン)。「英祖」は学問と礼法を固守する人間ですが、それとともに自分の命を守るための狡猾さや残忍性も体得しています。「思悼」は学問や礼法よりも人の心が大事だと考える人間で、もともとは聡明さや優しい心を持っている人間です。「英祖」は「思悼」に厳しい帝王教育を施しますが、「思悼」が自分より優れているかのような政治的手腕を見せると、手のひらを返したように嫌がらせをします。「思悼」は「英祖」に対して国王としてではなく、父親としての愛情を求めますが、それは与えられません。その悲しみから心が荒んでゆきます。父と息子の心のすれ違いに奸臣の策謀が入り乱れて、ついに「米びつ事件」が起こってしまいます。朝鮮王朝最大の悲劇と呼ばれるくらいの、とても残虐な事件です。この映画で描かれている親子の葛藤は、古代の王族だけの問題ではなくて現代にも通じる問題だと思います。だからこの映画が、見る人の心を打つのだと思いました。

なるほど

投稿者:クリームたいやき 2018年05月15日

米びつに入れられなくなった世子がいたというのを知った時は衝撃でした。ただ、細かいことを知らずに今まで来ていました。この映画でそこまでになる経緯などがよく分かりました。このような決断をした英祖の気持ちを思うと気の毒です。世子もこの時代、この地位に産まれなかったらこのようにならなかったのではないかとありもしない「もにも・・」のことを考えてしまいました。俳優さんたちの演技が素晴らしかったです。

泣いたぁ・・・

投稿者:(o^-^o) 2016年11月18日

幾度と映画化された史劇・内容ですが・・・
ここまで感情移入して、泣いたのは
初めてです。。

よかったぁ・・

また明日も観よう・・

ソ・ジソプが出てたぁ(o-_-o)ポッ 嬉しかった♪

レビューをもっと見る・投稿する

クチコミ・レビューTSUTAYA

ユ・アインの演技は最高

投稿者:マンボウ 2017年04月20日

イ・サンの時に話で出てきたサンの父の米びつ事件、こんなひどい話だったなんて、驚いた。


ソン・ガンホはダミ声で聞き取り難いし、内容はかなり嫌な気分になった。
個人的には息子に対しての、ただの嫉妬じゃないかと思った。

ユ・アインの父である王に認めてもらえずに見せる表情が切ない。ユ・アインの母親役の人も凜としていて、素晴らしい演技だった。韓国で賞を取っただけのことはある。

韓流含め外国映画は基本字幕で観ているが、王の後継ぎのことを、韓流映画では世子(せじゃ)と訳されるところを、この作品は何故か王子と訳されていて、違和感が半端なかった。

レビューをもっと見る・投稿する