クーパー家の晩餐会のクチコミ・レビュー

クチコミ・レビューFilmarks

3.5

観た人
8062

観たい人
9261

投稿者:めめめのめーさん 2020年12月02日

ラブ・アクチュアリー系映画。
クリスマス気分が味わえたのはよかったけど、全編通じて基本的にみんな怒ってるしなんか誰のことも素敵!って思えなくてちょっと微妙な映画だった。

投稿者:N 2020年12月02日

最後20分くらいで、みんな急に人格変わった気がして、ハッピーエンドへの持っていき方が納得いかなかった…
あんなイケメンと空港で出会って、家族に紹介したいっていうのが1番の感想笑

投稿者:あゆか 2020年12月01日

面白かった
アマプラで久しぶりにアニメ作品以外見た

大切なものは近くにある
気づいていないだけ

レビューをもっと見る・投稿する

クチコミ・レビューTSUTAYA DISCAS

愛犬「ラグス」が主役

投稿者:こうさま 2018年02月12日

誰もが楽しく過ごしたいクリスマスイブ、4世代11人が集まるクーパー家の晩餐会、でも皆が秘密を持ち、そしてその噓がバレませんようにと願っていた。
シャーロットとサム夫妻、結婚して40年余、でも今夜のパーティーを最後に離婚することで合意、それだけに最後の晩餐会を是非にでも成功させたい。
娘のエレノアはフリーターで不倫中、息子のハンクは失業中で離婚危機、シャーロットの妹エマは万引き容疑でパトカーの中、シャーロットの父親バッキーは若い友人を連れて参加となかなか人間関係を整理するのに時間がかかる。
それぞれのエピソードを紹介しながらクリスマスの晩餐会は進んで行く。
突然老いたバッキーが倒れ、一家のパーティーは病院へと移動、クリスマスの奇跡というべきものなのだろうか、いろんな事が好転したり、長年のわだかまりが氷解したり、意識を失っていたバッキーが目をさましてみると、そこには過去と現在がつながり未来を暗示する最高のクリスマスイブの光景があった。
流れからハッピーエンドに流れ込んで行くことは当然想定内ながらちよっと唐突過ぎる感じが減点要素になってしまっている。
でもやはり一番の主役はクーパー家の愛犬「ラグス」であろう。

けっこうロマンチック・漫画チックで楽しい

投稿者:Nekomegami 2017年04月04日

ダイアン・キートンとジョン・グッドマンの結婚40年の夫婦を中心に、
娘のオリヴィア・ワイルド(Olivia Wilde) とその相手の兵士ジェイク・レイシーの関係も漫画チック(けっこうロマンチック)で笑えた。
父役のアラン・アーキンとウェイトレスのアマンダ・セイフライドの会話を楽しむ関係などなど、
これってコメディ映画に分類されるわけで、安心して見られた。
ダイアン・キートンはまた花を咲かせている感じだ。

ラストが良かったです

投稿者:スヌーピー 2017年03月21日

普通の家族の話だけどみなさんそれぞれ色々問題を抱えているけど最後は楽しく終わったので良かったです。クリスマスは外国では日本のお正月みたいで親族が集まるんだなと思いました。

出演者が豪華で驚きました。見たことがある俳優さんばかりでした。クリスマス映画って感じでした。
ただ病院であんなに賑やかにさわいでいいのかなとも思いました。シャーロットの娘さんと空港のバーで知り合ったアメリカ兵の話が特に良かったです。

レビューをもっと見る・投稿する

クチコミ・レビューTSUTAYA

レビューを書いてみませんか?

レビューをもっと見る・投稿する