ディストラクション・ベイビーズのクチコミ・レビュー

クチコミ・レビューFilmarks

3.3

観た人
24715

観たい人
19225

投稿者:じぇ 2020年12月03日

柳楽くんのクレイジーさや菅田くんの憎たらしさなどの怪演が素晴らしいが、ストーリーが薄かった。題材の割にハイライトになるようなシーンもなく、色んな種類の「ヤバい人間」の物語が淡々と進むだけ。
個人的にはもうちょいサスペンス的な要素があっても良かったかなぁと思った。

投稿者:ささ 2020年12月03日

メッセージが自分の中で出てこなかった。
ずっと暴力ふるってて見てて痛かったけど
柳楽さんと菅田くんの演技にとにかく引き込まれみてた。

投稿者:Beths 2020年11月30日

“宮本から君へ”の真利子哲也監督作品
真利子監督作品の特徴として、今作も一貫して「暴力」をテーマに作られていた。
全編通して、ずっと喧嘩シーンが続くけど全く不快感がなく、むしろ爽快感を覚えた。私は大好き。

連鎖する暴力..........
柳楽優弥がとにかくスゲェ。
主人公の喧嘩のスキルが上達していく感じが最高。セリフが2言くらいしかないのも面白い。

レビューをもっと見る・投稿する

クチコミ・レビューTSUTAYA DISCAS

観てきた同じシーンの意味が変わるとき

投稿者:ロキュータス 2020年06月30日

ロキュの69日連続レビュー Ⅲ  第22日

  特殊音で始まる題名の映画レビュー・シリーズ  「ディ」

( ネタばれあり)
次々とケンカを挑む泰良。 何を考えてそうしているかわからない、不気味さ。 
演じた柳楽優弥はキネマ旬報主演男優賞など多数受賞して、カンヌ国際映画祭の男優賞を史上最年少しかも日本人初の受賞したことが、まぐれではなかったことを証明してみせた。 おそらく長い間プレッシャーだったでしょうね。 個人的意見ですが子役に演技賞なんかあげるものじゃない、本人があとあと苦しいだけと思いますので。  本作の怪演ぶりはすごいです。
 
 まあ、男の世界ではケンカの強さのマウンティングはあることなので、最初の方の若い男たちやヤクザ、ホスト相手のときは、それが生々しく、凄惨でもまあ見ていられた。
しかし、高校生の裕也がそれを面白がってつきまとい絡んでくるあたりから、段々と観るに堪えられない修羅場と化していきます。

この作品を観た頃は、まだ菅田将暉をそんなに知らなかったのですが、いいですね、彼は。
小山薫堂が「 薄っぺらな若者を演じるのがうまい」と評してましたが(笑)、もちろん誉め言葉で、かっこよさとダメさの振り幅が演技力ですから、彼はいい役者です。
 
キャバクラ嬢・那奈を演じた小松菜奈も同様で『 渇き。』に続いてこれだったので、当時の印象は悪かったのですが、難しい役と向き合い演じていることに好感を抱きます。

地獄のような修羅場の連続で、観るのを止めようかと思うほど嫌になったのですが、ラストで印象が変わりました。
( さらに、かなりネタばれあり )
 
 社会には「 ハレ 」( 特別な非日常 )と「 ケ 」( 日常 )というものがあり、ハレである祭りの効用は、その時ばかりは愚行や狂気とも思える変わったことが許されることによって、日常の憂さを晴らすというもの。 
時に暴力的だったり、わいせつだったりであったとしても、通過儀礼は終わればまた平穏な日常に戻るのが、共同体の約束事。  

泰良の凶行と弟・将太( 村上虹郎 )がけんか祭りを見るのが重なるラスト。  
それで思うのは、泰良のケンカは本人にとっては「 まつり 」のつもりなのだろうということ。 でもけんか祭りは、約束事で行われる祭りだからけんかが許される。
共同体の約束事から外れた狂気は通り魔的犯罪でしかない。
そしてその一人よがり、独り遊びの「まつり」(ハレ)との対比で、彼の孤独とこれまでの日常( ケ )の殺伐とした風景が想像される。  何が彼を狂わせたのか。

弟・将太は狂う前の兄・泰良を知っています。 おそらく幼い日の無邪気さや明るさも。
変わり果てた兄を見て感じるのは深い哀しみと痛み。
映画のラストで、弟・将太のそうした視点と重なったとき、僕も、これまでのおぞましく嫌悪感で観てきた修羅場のシーンが、哀しく心が痛いものに変わりました。

映画の意味することが変わった、深い寂寥感のラストでした。
 


何も残らない

投稿者:ふくちゃん 2020年04月17日

そうそうたる顔ぶれのキャストに惹かれて見たけれど、なんのストーリーもオチもない、沁みるものも心を揺さぶられるものもない。
キャストがもったいない。
こんなクソな役を演じる菅田将暉は古今東西見れないだろうから、その価値はあるかな。

意味がよく分からぬ

投稿者:m 2020年04月07日

なぜ主人公が喧嘩をしていたのか分からない
決めたんだ?って言った?願掛けでもしてるのかと思った
弟が可哀想…

レビューをもっと見る・投稿する

クチコミ・レビューTSUTAYA

酷すぎる

投稿者:たかち 2017年05月21日

これ映画館とかで普通にお金払って観てたら暴動起きるレベル?時間の無駄遣いでしかない。何かの映画祭で賞とか全く意味がわかりません。高い評価してる人がいるのに驚いた。

男性ホルモンか?

投稿者:Wattan 2016年12月11日

まるで、「テストステロン全開するとこうなるのか?」などと驚愕するほど暴力に取り憑かれた主人公の思考法が理解できない…

レビューをもっと見る・投稿する