4/猫-ねこぶんのよん-のクチコミ・レビュー

クチコミ・レビューFilmarks

3.2

観た人
64

観たい人
264

投稿者:くまぽん 2019年06月22日

上田作品目当てでレンタル。
担当はパート1の”猫まんま”。
基本に忠実な上田慎一郎監督。
ここでもこれでもかというくらいの上田節。
上田組ももちろん参加してのチーム枠ぶりに脱帽。
またしても自宅での撮影だったのですねw
カメ止めにも出てくる壁面のキーホルダー、
上田短編で出てくる部屋、そして曽我正臣、山本真由美の二人。

しかし木南晴夏、さすがの演技で持ってくなぁ。
すごい。

んで猫w
おまけやんw

投稿者:プア 2019年06月06日

猫まんま/上田慎一郎監督
ひかりと嘘のはなし/早坂亮輔監督
一円の神様/浅沼直也監督
ホテル菜の花/中泉裕矢監督
感動や衝撃、それぞれの監督の良さと作品の色がある、猫が繋ぐ短編オムニバスにほっこりしました。
曽我さん、山本さんも出演されてます。

投稿者:kazu 2019年04月29日

大の猫好きの一人として

声を大にして言いたい。


猫をだしにつかうなー!笑


4本のオムニバスだが

これっぽっちも猫が必要ない笑


そのくせエンドロールに

これ見よがしの猫ショットを満載させて


まるで猫の映画だったように落とし込む。

ずりー笑


1本目は、観れる笑

2、3はちょっとごめんなさい(>_<)

4は山中崇だけが良い。


4に関しては…

山中崇が一人気を吐き、

一所懸命「映画」にしようとしてくれてるのに、まわりが見事に足を引っ張っている笑

やはりお芝居はキャッチボールだと痛感させられる。

不必要なカメラ割り、不必要な照明の強さ、感動させてくれない台詞…

これはある意味

一流の俳優にとっては荒行だ笑


単純に1が観れるのは

そのあたりの録り方、見せ方、心に刺さる台詞など基本的な部分がしっかりしているからに他ならない。


一部の俳優に同情してしまう(>_<)

レビューをもっと見る・投稿する

クチコミ・レビューTSUTAYA DISCAS

レビューを書いてみませんか?

レビューをもっと見る・投稿する

クチコミ・レビューTSUTAYA

レビューを書いてみませんか?

レビューをもっと見る・投稿する