インフェルノのクチコミ・レビュー

クチコミ・レビューFilmarks

3.5

観た人
33894

観たい人
20819

投稿者:hachi 2019年10月20日

このシリーズの中で1番面白かったです!
展開もそれほど特別難しくもなく、でも歴史的な状況が加わっているお話はやはり面白いです!

投稿者:hrhnk 2019年10月14日


裏切りシーンは予想外で理解できず何回も巻き戻して見た
度を超えたゾブリストの考え
理解できんけど嫌いじゃない
ひたすらにイタリア旅行欲が増す
さらっと観れた


投稿者:わかぽん 2019年10月13日

シリーズほんと大好きやねーーーーーん!3つの中で個人的面白さは1番ではないけど、地獄篇の描写は当時高校生の自分にはすごく怖くてつよく印象に残ってます^^

レビューをもっと見る・投稿する

クチコミ・レビューTSUTAYA DISCAS

「週刊歴史のミステリー」+「ムー」

投稿者:ダイアー教授 2019年08月26日

この映画はフィクションです。
暗号はラングトン教授の極めて個人的な見解をもとに解読され、物語は進行します。
そもそも暗号なんてものが本当に隠されているのかも定かではありません。
実在の市街、建物内で撮影はされましたが、登場する人物・団体・名称等は架空であり、実在のものとは関係ありません。

しかし、信じるか信じないかはあたな次第です…!

シリーズの大ファンです。
とはいえ、原作は読んだことがなく、今後、読むつもりもありませんが、
映画は劇場、レンタル、テレビ放映とで何度も観ています。
※テレビ版の江原正士さんのアテレコが絶妙です。

世の中にはこの映画に対し、
史実と違う~ッッ!科学的考証に反する~ッッ!リアルじゃない~ッッ!
って言う人もいるようですが、心が狭いですね

“宇宙人の住民票”の件で「たま出版」に抗議の電話をかけるようなものですよ。

この映画はフィクションです。真に受けてはいけません。 

作り話、与太話とはいえ、頭のいい人がお話を書いたのでしょう。
都市伝説と歴史、オカルトと科学を上手いこと融合させていると思います
「週刊歴史のミステリー」+「ムー」とでもいいましょうか?
いいとこ攻めてると思います!

知的好奇心をくすぐるネタも豊富です。
英語の“quarantine=隔離”の語源がイタリア語の“quarantena=40日”で、背景に黒死病(ペスト)があることをラングトン教授が教えてくれます。早速、このネタ合コンで使います。
“Minute to Midnight”が世界終末時計のことでLinkinParkの3rdアルバムってそういう意味だったのか~ってのもこの映画で知りましたし、
ダンテの「新曲/地獄編」ってすげーって思いましたし…

あと、地球の人口問題の件は、口にしないだけで誰もが思ってることでしょうね。

食傷気味

投稿者:趣味は洋画 2019年04月14日

インフェルノ(2016年アメリカ、カラー121分)

ロン・ハワード監督は嫌いではないのですが、本作に限っては、彼が ‘自身の作風に陶酔しきっている感’ が満載で、凡作になってしまったと思います。

06年「ダ・ヴィンチ・コード」は確かに難解な作品でしたが、それなりに品格を感じました。続く09年「天使と悪魔」は途中まで観たのですが、‘難解の二乗’ に自ら放棄しました。
自分の冷却期間も過ぎた頃と見計らい、新たな気持ちでチャレンジしたのですが、正直、飽きてきました。はっきり言って面白くありません。

冒頭からの画面作りとフラッシュバックは観客を混乱させ(勿論、それが狙いというのは分かるのですが)、イタリアの風光明媚な景観と美術絵巻で鑑賞意欲をそそる...それでも飽きました。

結局は、「大富豪の遺伝学者と元恋人に振り回された挙句の結末」でありまして、そこに手を変え品を変え、胡散臭い登場人物を加味しながら、何とかミステリー・ゾーンへもっていく...そんな感じです。
もっともハワード監督にしてみれば、シリーズ3作目にして更に自身満々、原作に「ダンテの神曲」が存在すると知るや、‘どうだ参ったか!’と言わんばかりの陶酔ぶりなのですね。

二転三転するストーリー展開の映画を多く観ていますと、敵か味方かのパターンを予想した場合、結構当たります。でも外れてくれたほうが面白いし楽しい。
この「インフェルノ」では、フェリシティ・ジョーンズ(女医)がこのままいくわけがないなどと思って観ていましたが、反対に、WHOのエリザベス・シンスキー(シセ・バベット・クヌッセン演ずる)には、このままでいってほしいと願っていました。
個性的な俳優イルファン・カーン演ずる謎の危機管理会社のCEO役は良かったと思います。

というわけで、ミステリー風サスペンスも、アクションも、ともに凡庸、共演俳優陣への興味と印象のみが残った映画でした。

ギブアップムービー

投稿者:iha 2018年08月25日

残念なギブアップムービーとなってしまった。
6割ほどクリア。
何がそんなにつまらなかったのだろうか。。
内容は全く覚えていないけれどダビンチコードヒットしたよなぁ。
難しい言葉で進行して、それを都合よく解釈して
ウイルスはあそこにあるに違いないわとか。
難しすぎないか?その暗号??よく解釈したなー。
内容はまんがじみているのに、
コンスタンチノープルの洗礼盤がどうこう、
そして不自然に混ざるフレンチ。
自覚はしていないがイラっとしてしまう連続なのかも。
西洋の宗教芸術が毛色に合わないからなのかな。

レビューをもっと見る・投稿する

クチコミ・レビューTSUTAYA

★★

投稿者:トントン 2017年03月24日

やっぱり
ダビンチコードが
1番面白い。

残念だけど
期待ハズレ

レビューをもっと見る・投稿する