ラスト・ウィッチ・ハンターのクチコミ・レビュー

クチコミ・レビューFilmarks

3.1

観た人
4532

観たい人
1427

投稿者:武田 2021年07月24日

お金も掛かっていそうな、癖のないアクションファンタジーでした♪
こんなゲームが有りそうだなって印象! もう少しダークさが有ったらより好みでした。
ガッツリ観るというより、暇つぶしにサラッと観るのにオススメです。

投稿者:Miyuki 2021年07月14日

魔女‍♀️がペストを流行らせた時代…魔女狩りをしたコールダーは死ねない呪いをかけられた。そして800年後のNY、斧と十字架団の神父ドーランだけが唯一信用できる人だ。しかし36代目が殺され37代目と調査することに。
イライジャウッドとディーゼルのコラボはなんか変。

投稿者:ミズナラ 2021年07月08日

ヴィン・ディーゼル主演のダーク・ファンタジー・アクション

制作費は日本円で90億以上

マイケル・ケイン、イライジャ・ウッドと豪華なメンツが脇を固める

魔女の女王を殺したが、代わりに受けた代償は不死

そんな魔女ハンターは800年もの間、悪い魔女を狩っていた
そして現在の世界に魔女の女王が復活する
そんなストーリー

なんですけどね

CGはハデハデだけど
退屈過ぎる~

まず、ディーゼルさんのアクションが単調
武器を振る、武器を投げるぐらいしかない

これの繰り返し️

これは明らかに配役ミスでしょ

ディーゼルさんは殴ったりするのに迫力あって、そんな役こそ生きると思うんだけど

魔女相手だから、ぶん殴るVS魔術じゃおかしいから、ディーゼルさん良さが生きてこない️

剣術的(炎をまとった剣)な動きは正直いまいちだし、動きにスピード感ないから、上から振り降ろすのと横に振るくらいしかない

魔女もディーゼルさん合わせてるのか、動きに変化無く、消えるくらいで、あとは隙だらけ
だから結局、魔女のボスがめちゃくちゃ弱いという印象しかない

体術とかできる人を主演にすれば、魔術をスピーディにかわして、跳んでとか、戦う以外の見せ場も作れたハズ️

90億以上制作費あったんだから、しっかりスピーディーなアクションできる人にオファーできたでしょ

そして圧倒的に話が薄い

続編作る気満々な終わりかただけと、流石にこの内容じゃ作るの無理っしょ

ディーゼルさんはやっぱり悪漢あたりをド派手にショットガン系ぶっぱなしたり、ド迫力でぶん殴ってんのが似合うんだよね

次からは作品ちゃんと選んでくださいな

レビューをもっと見る・投稿する

クチコミ・レビューTSUTAYA DISCAS

オカルト系アクションでいい感じ

投稿者:勇光 2020年07月25日

なかなか面白かった。
悪魔のような魔女が化け物のような姿で登場し、人類を絶滅させようとしていて、それを退治する話。

ヴィンはレーサーやスパイなどよりも、こういうオカルト系の殺し屋なんかがよく似合う。宇宙の怪物をやっつける役なんかもよかったから、怪物と戦うのがいいのだろう。この映画でもスポーツカーに乗っていたが、年齢は800歳。格闘シーンではもっぱら古風な剣を使っており、魔法の薬を試験管に入れてそれを武器にしたりもする。現代人とはかけはなれた雰囲気がツルツル頭とピッタリくるようだ。

パートナー役のローズ・レスリーもよかった。悪の魔女と戦う正義の魔女っていう役どころ。なかなかセクシーだった。ジョン・スノーの筆おろしをしたのがきっかけで、この映画のあとに結婚したようだが、結婚したせいであまり映画に出ていないみたい。もったいないなと思ってしまった。「ナイル殺人事件」にも出演したようだが、ゲーム・オブ・スローンズをまだ観ていなかったので記憶にない。

マイケル・ケインはさすがに老けていたが、でも、80歳をすぎているようには見えなかった。わたしもそろそろホッペタに糸を入れたり、レーザーでシミをとらねば・・と思ったりした。

配役のミスマッチ?

投稿者:静かなる海 2019年09月30日

一風変わったヴィン・ディーゼル主演作品でした。
マッチョ一辺倒の主演が多いですが、本作は一風変わったウィッチハンターでした。

あまり彼の肉体が生かされていないため、ミスマッチな作品に感じました。
もちろん、マッチョ俳優脱却のためのチャレンジ作品なのかも知れませんが、それならそれでもう少しシナリオやメイクなどに工夫が欲しかったです。

最初出てきたときは、ひげもじゃのバイキング見たいで、現代での変わりように戸惑ってしまいました。

魔女の女王もなんかイマイチで強さを感じなかったですし、大したバトルがある訳でも無く、燃える剣で戦うだけで、もっとCGを使って魔法バトルとかもして欲しかったです。
彼をバックアップするドーラン36世と37世の絡みも無理やり感が否めませんでした。
ある意味、サプライズの要素ではありますが、それぞれの書き込みが弱く、苦笑いしてしまいました。

次作も匂わせていますが、どうなのかな?

ありきたりな作品でした。
もう一工夫欲しかったです。

ウイッチ・ハンターの新たな出発

投稿者:こうさま 2018年05月13日

800年前に魔女の女王を殺した代わりに女王の呪いで不老不死の身になったコルダーが再び悪の女王と闘うというお話し。
魔女の女王は人間を撲滅するために当時黒死病をはやらせたということになっている。
800年生き続けてきたコルダーの良き相談役となってきたのは代々継承されてきたドーラン神父36世が引退を告げた翌日に死んでしまう。
若き37世の神父も登場するが36世は死んだのではなく呪いをかけられていると考え、呪いをかけた相手を殺せば呪いは解けるとコルダーは行動開始。
ここから設定のオモシロイのは現代にも魔女はおり、生存権と自治権を得て、人間には魔術を使わないという条件で人間社会に交って暮らしていけるというところ。
もちろん悪い魔女はコルダーに捕えられ魔女評議会にかけられて牢獄に入れられるらしい。
クロエは魔女専用のバーを経営しており人の心に入ることのできるドリーム・ウォーカーなのだ。
彼女がコルダーの心に入り込み、死んだはずの悪の女王が何故復活しそうになっているかの謎も明らかになり、再び女王との闘いが行われる。
そして全てが解明されコルダーはクロエと新たな出発をすることになりそうなのだが、魔女もやはり不老不死なのかなぁ。
SFファンタジー作品ではあるがさほど面白くもない。

レビューをもっと見る・投稿する

クチコミ・レビューTSUTAYA

★★

投稿者:トントン 2017年03月24日

中々 面白いが
1回みたら
もう いいや

レビューを投稿する