名探偵コナン コナンと海老蔵歌舞伎十八番ミステリーのクチコミ・レビュー

クチコミ・レビューTSUTAYA DISCAS

さすが!海老蔵さん、お上手でした。

投稿者:kazupon 2017年12月11日

『名探偵コナン』の放送20周年を記念して製作されたスペシャル番組だそうです。
市川海老蔵が声の出演のみではなく、海老蔵本人の役で登場します。
前・後編に分かれていて、実際にある演目で、歌舞伎十八番に選ばれている『七つ面』に絡んだ事件が起きます。
内容が濃く、掻い摘んで説明するのが難しいのですが、
海老蔵が『七つ面』の公演の稽古中、その演目で使用する「二表の面」が何者かに盗まれます。
盗難の前には、「二表の面」を海老蔵に渡しに行く途中の車が、ブレーキに細工をされていました。
コナンの機転で大事故は免れましたが、殺人未遂事件と判断されます。
この事が縁で、コナン、小五郎、蘭、園子たちは、海老蔵の舞台稽古の見学を許されます。
海老蔵は大のミステリー好きで、小五郎のファンでもありました。
それで、海老蔵も今回の事件の推理に参加します。
ここまでが前編。
後編では、コナンが解体工事中のビルの地下に閉じ込められます。
助けを呼ぼうにも重機の轟音やコンクリートを砕くドリルの音で、コナンの声は外に届きません。
連絡が取れなくなったコナンを心配した少年探偵団のメンバーたちが捜索を開始します。
哀ちゃんが、GPSを使ってコナンの携帯を銀座の狭路で発見。
それを知った海老蔵は、銀座なら自分の庭も同然と捜索に加わります。
コナンが閉じ込められていることを知らず、どんどんビルが解体されて、あわや・・・という場面。
歌舞伎の稽古で鍛えられた海老蔵の喉から大声が発せられ、工事を中断させることに成功。
今回は眠りの小五郎の推理ショーもあり、見応えがありました。
ゲスト声優では、がっかりさせられる事の方が多いのですが、海老蔵さんは流石です。
本当にお上手でした。
ちょっと調べてみたら、本作が放送された2016年1月の初春花形歌舞伎において、『七つ面』の演目を演じられたそうです。
TV放送は、2016年1月9日と16日の2週連続でした。
公演に先駆けての収録で、海老蔵さんは大変忙しかったと思います。

レビューをもっと見る・投稿する

クチコミ・レビューTSUTAYA

レビューを書いてみませんか?

レビューをもっと見る・投稿する