追憶のクチコミ・レビュー

クチコミ・レビューFilmarks

3.3

観た人
8289

観たい人
7928

投稿者:Mirai 2019年08月20日

子供の頃の記憶って、まったく覚えてないものと、これでもかってほど鮮明に覚えてるものがあるけど、その違いってなんなのかな。後悔や償いとか負の感情の方が残りやすいのかな、、、

投稿者:さゆ 2019年08月18日

観た事を忘れていた。
なのでもう一度鑑賞。

安藤サクラさんが出てたことも記憶になくて笑。
出演者さん方がかなり豪華だったんだー笑。


過去、心に傷を負った3人の男性。
その3人が25年ぶりに交わる。

守りたいもの、守りたかったもの。

富山の夕日の美しさ。

投稿者:ArcherK 2019年08月17日

幼少期の暗い過去を抱えた3人の男達が、唐突に出会うことをきっかけに事件が起こる話。大して中身が無いのに変にシリアスな雰囲気を作ろうとしている無理矢理感がある。謎解き後も、ん?って感じ。

レビューをもっと見る・投稿する

クチコミ・レビューTSUTAYA DISCAS

全てにおいて掘り下げが浅い…

投稿者:伝衛門 2019年03月09日

木村大作さん拘りの富山の夕日は美しかった。
能登半島で見た日本海に沈む夕日に感動したことを思い出せました。

鑑賞してみて良かったと感じたことはそれぐらいで、
”監督:降旗康男×撮影:木村大作”
”日本映画界の伝説と豪華俳優陣が奏でる大ヒットを記録したヒューマンサスペンス”
という宣伝文句から期待してしまった分、
サスペンス要素の浅さにがっかりしたかも?

では、ヒューマンドラマとして及第点かというとそうでもなく、
安藤サクラさんと吉岡秀隆さんの関係性、意外な親子関係、
意外な夫婦関係の描写が浅く、感情移入する暇もなく結末を迎えてしまいました。

25年の時を経て

投稿者:こうさま 2018年11月14日

降旗康男監督らしい作品で詩情豊かな画面作りが印象に残るし、岡田准一の芸域が更に広まったような気がするのと安藤サクラの存在感もなかなかよい。
アッシ、ケイタ、タケシの幼馴染三人は里親涼子と暮らしていたが北陸地方に金環食のあった時他人に話せない過去を背負ってしまう。
そして25年が過ぎ、それぞれの道を歩んでいる三人、絶対に2度と会わないと約束していたアツシとサトシが偶然にも再会、アツシの胸に甦る25年前のあの日。
でもサトシは翌日他殺体となって発見され、事件の捜査を担当することになった刑事のアツシは被害者と面識のあつた事を隠して行動する複雑な立場に。
ミステリー的な要素を含んでいるストーリー展開だがあまりそれを感じさせない。
アツシは事件になんらかの関与があると思われるケイタに単独で接触、土建屋の社長となってそれなりに成功している様子のケイタはアツシに対して懐かしさを見せるよりもなにかを守ろうとするような頑なな態度、彼はなにを守ろうとしていたのか、これがエンディングへの伏線になっている。
この3人の家族関係も描かれており入り婿になりガラス屋を経営して家族と会社を守ろうとしているサトシ、妻に心を開かず微妙な関係になっているアツシ、子供の出産を控えて新居を建てようとしているケイタ、対照的な三人三様ではあるがやはりあの日の思いは消えていない。
アツシの胸に去来する25年の日々、後悔から悔悟、そしてそれが最後に追憶に変わる時が来るのだった。
雪割草も追憶になって行く。

良かったです

投稿者:スヌーピー 2018年09月17日

出演者が豪華で良かったです。みんなの演技も良かったです。なんとなくだけど途中で犯人とか分かってしまったけど、犯人探しというより友情や家族の話なんだと思いました。見ていて小説を読んでる気持ちになりました。

レビューをもっと見る・投稿する

クチコミ・レビューTSUTAYA

ちょっと期待はずれ。

投稿者:ゆき 2017年11月19日

役者さんも雰囲気もとっても良いんだけれど、思ってたよりも内容がさらっとしていてもったいない感じが…
あと、素人目にもわかるCGはなんとかならなかったのかな と。

★☆

投稿者:トントン 2017年11月08日

予告に騙された感じ。
色々突っ込みどころがあるが
全てが繋がるラスト。
岡田くんがとにかく小さい。
安藤サクラが年取ってなくて
ラストシーンに違和感。

レビューをもっと見る・投稿する