ゴースト・イン・ザ・シェルのクチコミ・レビュー

クチコミ・レビューFilmarks

3.2

観た人
22076

観たい人
13747

投稿者:ニスモ 2019年05月26日

原作知りません。
タイトルだけ聞いたことあるな程度で鑑賞。

なんかありきたりなSF映画に思えました。
ストーリーも展開も魅力なし。なんだかありきたり過ぎて退屈なのです。
唯一、街並みとかの世界観がイイとか、主演の女優さんが綺麗で、、とかは思うのだが他のSF映画でもこのくらいは普通だろうし・・・。
この手の映像なら昔のマトリックスとかのが良かった。
そう考えると年月経って映像を美しくしてもやはり内容が薄いとつまらなくなってしまうんですね。
すみません、今まで観た映画の中で最低クラスのつまらなさでした。

投稿者:地球外生命体 2019年05月23日

内容(「キネマ旬報社」データベースより)
士郎正宗の人気コミック「攻殻機動隊」をスカーレット・ヨハンソン主演で実写映画化したSFアクション。悲惨な事故から命を救われ、脳以外全身サイボーグとなった女性捜査官が、世界を脅かす謎のサイバーテロ組織に立ち向かう。

内容(「Oricon」データベースより)
悲惨な事故から命を助けられ、脳以外は全身サイボーグとなり世界を脅かすサイバーテロリストを阻止するために完璧な戦士として生まれ変わった少佐(スカーレット・ヨハンソン)。サイバーテロの操作を捜査を進めるうちに、自分の命は救われたのではなく、奪われたのだということに気付く。本当の自分は誰なのか…。ビートたけしら日本人キャストが豪華ハリウッド俳優陣と共演した、日本原作のSFアクション大作。

投稿者:qtaro 2019年05月19日

20190519鑑賞
かなり面白かった。評価低かったんで少し不安だったけど、原作ファンの評価が低いということなんかな。
公安のサイボーグ(と言ったらアカンかな)が、連続殺人事件の謎を追う話。攻殻機動隊は大昔のアニメを観ただけで、ほぼ知識無い状態で鑑賞。ブレードランナーっぽい街並みは大好物。設定はアリータっぽいな(こっちが先か)。アクションも派手だし、展開もコンパクトにまとまってる良作だと思う。たけしの棒読みセリフはもう少し何とかならんかったんかなぁ。

レビューをもっと見る・投稿する

クチコミ・レビューTSUTAYA DISCAS

映像だけはガチ

投稿者:うわいん 2019年05月15日

原作やアニメを知らない人向け。でも見るのはファンだよね。
というチグハグさ。
「設定や背景は変えるが,外見と名前は利用する」という実写版にありがちな立ち位置。

弄くりまわしたストーリーや設定は,ありがちなもので,それならマトリックスやバイオハザードを見た方が良い。

映像にはこだわりを感じる。

だいぶやばい

投稿者:やまだ 2018年11月01日

寝るにはちょうど良いかも

手間はかかっているようだ

投稿者:勇光 2018年04月04日

いかにも日本のマンガを映画にしたって感じだが、それなりに面白い。ヨハンソンはかなり老けてきたなと思ってたが、キレイになってた。顔の皮をはり替えたようだ。できれば腰回りをもうちょっとしぼってほしかった。
全面スタジオ撮影で、背景はほとんどがCGだと思われ、映画全体がオモチャみたいな雰囲気だし、ビートたけしが何言ってるのか全然聞き取れないうえ、悪役の社長が政治的な権限を持ってるのかと思ったらそうではなかったようで、そのあたりもモヤモヤするし、桃井かおりが桃井かおりにしか見えないのだが、でも、107分とコンパクトなつくりでよかった。
期待しないで観れば楽しめるだろう。

レビューをもっと見る・投稿する

クチコミ・レビューTSUTAYA

★☆

投稿者:トントン 2017年11月08日

攻殻機動隊が元ネタとは
知らずに観たが中々面白い。

微妙・・・☆

投稿者:月夜 2017年09月24日

監督の攻殻と北野さん大好きってのは伝わるが・・素子ファンとしては女優の太さが気になり過ぎ話入って来ない☆頭脳的攻めキャラの課長が北野さんでVoも付かず●クザ化してる、バトーさんの目を筆頭に特殊メイクが貼った感満載で・・結論は全3DCGが良かったな☆

少佐

投稿者:raw 2017年09月17日

アニメのストーリーとキャラを実写での再現が半端なく良い!
日本語吹きえが最高!
アニメ版を知らない方は理解出来ないかもしれないが、知っている方は楽しめる一品だよ

レビューをもっと見る・投稿する