LOGAN/ローガンのクチコミ・レビュー

クチコミ・レビューFilmarks

4.0

観た人
31516

観たい人
19812

投稿者:satomi無限ロイド愛 2020年11月23日

【子守と認知症高齢者介護を一手に担う中年ミュータントの悲哀まざまざ】

X-Menシリーズは観たり観なかったり。ウルヴァリンは未見。
「無限の住人」が似ていると言われていたので、少女を守って逃避行する話だとは知っていた。
なるほど、あまり強くないが治癒能力を持つ(つまり不死身)主人公が傷を負い痛い思いをたくさんしながら少女を守る点は似ている。

違うのは少女が強力殺人兵器だということと、最強超能力認知症高齢者の介護もしなきゃならないということで、子守より高齢者介護の方が断然大変そうでこれは同情を禁じ得なかった

ミュータントの頂点でX-Menを束ねていたエグゼビアですらも認知症には勝てない。コントロールできないのに能力は強力なまま放出されっぱなし。娯楽映画としたらリアルすぎる…(しかもわがまま…)

投稿者:mitsui 2020年11月22日

いいラストでした。。
これだけ続いたシリーズだからこそ、かなりジーンとくる作品。

なかなかアクションシーンが過激。
敵も味方もしっかりと殺されてました。



タイヤ盗もうとしてた人を注意したらすぐさま射たれたってのが一番恐かったかも。
向こうの国の治安の悪さってどこまでがほんまなんやろか。。

投稿者:一 2020年11月22日

バイオレンス描写も話の展開もマジで容赦なくてスゴい。劇中でローガンはX-MENのコミックを指して「こんなのはデタラメ 現実には人が死ぬ」と言い放つ。同じシーンではポスト西部劇としての『シェーン』が引用されている。さらにイーストウッド映画的なテーマがどんどん浮かび上がってくる。あまりにも無残な死を遂げるプロフェッサーXの涙にしても、ローガンの最期の“this is what it feels like.”にしても、自分が“許されざる者”であるという意識に苦しんできた彼らの言葉がホントに胸を打ちます。アメコミ映画は全くわからないが、『3時10分、決断のとき』のマンゴールド印が刻まれていた。

レビューをもっと見る・投稿する

クチコミ・レビューTSUTAYA DISCAS

あら?

投稿者:雪うさぎ 2020年01月04日

ミュータントほぼ出てこず。
X-MENの派手さが一切なく。
ただ的をザクザクしちゃう感じで
シリーズとはかけ離れたイメージの映画に仕上がってました。
やっぱりビジュアル大事。
イケメン他に出ないんだから
いくらヒュージャックマンでも
小汚いのはヤだ・・・。

LOGAN/ローガン

投稿者:みっくん 2019年12月10日

ウルヴァリンシリーズの第3弾にして最終章であるが、ヒュー・ジャックマンの抜群の存在感と壮絶な展開は目を見張るものがある。ウルヴァリンの最後の戦いはどこか悲哀に満ちたものがあった。

ローガン最後の戦い

投稿者:モモイチゴ 2019年11月10日

壮絶な戦いがよかった。

レビューをもっと見る・投稿する

クチコミ・レビューTSUTAYA

レビューを書いてみませんか?

レビューをもっと見る・投稿する