いつまた、君と ~何日君再来~のクチコミ・レビュー

クチコミ・レビューFilmarks

3.2

観た人
670

観たい人
769

投稿者:一人でレイトショー派 2021年02月25日

私にとっては最後まで観るのにそれなりの体力と覚悟が必要な作品でした。いい作品なんですが、単調に、淡々と物語が進行します。
戦後の混乱の中で苦労しながらも幸せな家庭を築き上げて行くんですけど、なかなかうまくいかないんですよね…。私はこんなに苦労して長生きはしたくないな…。
妻はそれなりに楽しめた、と言っていたので好みの差なのかもしれません。

投稿者:三四郎 2021年02月14日

向井理の以下の科白が印象的だった。
「良い成績取っても、金持ちじゃけぇ、先生が贔屓しよんでと言われて、俺は喧嘩ばかりしよったよ。ずっと考えてた。富の不公平が人間を不幸にする。社会主義運動に飛び込んで、大学も辞めて、俺は貧しい人たちの味方になるつもりでいた。それがどうだ。誰より貧しいのはこの俺だ。そのくせ、ガサガサと野良仕事に明け暮れる親父さんを心のどこかで見下していた。頭の中はグズグズの土くれだ」
戦前も戦後も、社会の矛盾に抗議抵抗し、共産主義運動(社会主義運動も然り)に熱くなる大学生、知識人たちの思考は、まさにこの言葉の通りだったのだろう。

「良い成績取っても、金持ちじゃけぇ、先生が贔屓しよんでと言われて」「富の不公平が人間を不幸にする」「俺は貧しい人たちの味方になるつもりでいた」
他人から正当に評価されない、正当に評価してくれない、という自分の抱えている苦しみからの解放のために、そして、貧しい人々への哀れみと同情から、共産主義(社会主義)に走るのだ。
しかし、その大学生や知識人などに貧しい農家出身の人間が果たしていただろうか?労働者階級出身者がどれほどいただろうか?
所詮、共産主義(社会主義)は、インテリの机上の空論でしかない。貧しい人や労働者階級のことを本気で考えているのではなく、ただ「可哀想」と同情している偽善なのだ。
向井理が「ガサガサと野良仕事に明け暮れる親父さんを心のどこかで見下していた」と言うが、それが真実である。

投稿者:YUKA 2021年02月03日

今、戦争がないってことがどれだけ幸せなことかすごく感じました。
向井理の祖父母の実話と知り、戦争がなくなったことが最近のことなんだと改めて感じました。

映画と思ってみてしまうと、ただただ見てる感じがしてしまうと思うのですが
勉強?戦争のことを知りたいと言う気持ちで見ると、とても見応えがあると思います。


最後の歌も高畑充希ちゃんの歌がすごく素敵でした!
もともと、自分のバイト先が昭和居酒屋でこの曲がBGMでかかっているのは聴いてて、いい曲って思ったことはなかったのですが(笑)
充希ちゃんが歌ってるととてと素敵です!

レビューをもっと見る・投稿する

クチコミ・レビューTSUTAYA DISCAS

奥さんの愛の深さに感動しました

投稿者:スヌーピー 2018年11月26日

戦後は色々大変なんだなと改めて思いました。そんな中で素敵な夫婦だなと思いました。特に奥さんの愛情の深さに感動しました。
朋子役の尾野真千子さんの演技が良かったです。後年の役は野際陽子さんで遺作が見れて良かったです。

向井理の祖母の感動の実話

投稿者:カマンベール 2018年01月07日

戦中・戦後を生き抜いた家族・・・その感動の実話です。
向井理の祖母の半生記(手記)を元に、向井が企画して実現した映画です。

若い方々には、こんな苦労があったのか?
と信じられない気持ちになるかも知れませんが、戦後直後には、
普遍的な話で、どこの家族も多かれ少なかれ、こういう苦労をして終戦後を乗り越えて来たのだと思います。
この映画の世界は決して特殊ではない。
私たちの祖父祖母の生き方を振り返れば、多くの人が経験した時代だと思います。
祖父芦村吾郎(向井理)は不運と不器用な生き方で、なかなか家族を
貧しい生活から抜け出すことが出来ない男です。
事故や病気で早逝してしまいます。
祖母朋子(尾野真千子・・後年は野際陽子・・遺作になりましたね)は
明るい性格で生活力のない夫を精神的に支えます。
芦村夫妻の3人の子供たち。
未子の真美(岸本加世子)との辛いエピソードは和解までが駆け足で、
もう少し掘り下げられれば良かったと、少し残念です。
ふたりが抱き合うまでにもう少し時間がほしかったです。
満州から帰国する船中の片桐はいりのエピソードは胸を打ちました。
子供を満州に置き去りにしたことを、夢現つのように信じることが出来ず、錯乱している母親。
ほんのワンシーンですが、リアルに戦争の醜さを表現したシーンでした。
終戦後73年。ほんの祖母祖父の時代に遡れば、こんな苦難の日々、そして翻弄される人々がいた。
振り返ることが出来て良かったと思います。

レビューをもっと見る・投稿する

クチコミ・レビューTSUTAYA

レビューを書いてみませんか?

レビューをもっと見る・投稿する