吉田類の「今宵、ほろ酔い酒場で」のクチコミ・レビュー

クチコミ・レビューFilmarks

2.6

観た人
134

観たい人
196

投稿者:chikichiki 2019年03月30日


吉田類さんの"うまい酒と美味い肴"にフォーカスしてる『酒場放浪紀』とはまた違う、店主の個性や客層によって醸し出されるその店独特の雰囲気をドラマ仕立てで描いた作品。

観ている側が吉田類さんのように、その場にたまたま居合わせた客の1人としてそこにいるような、第三者的目線で描かれています。

どうしようもない飲んべぇ達。とりとめもなく、どこまでいっても不毛な会話。そしてそれら全てを肯定でしてくれるお酒の力。

「酒の美味さは子供にはわからねぇだろうなぁ」と、したり顔で言っちゃうタイプの大人たちのしょうもなさと愛おしさ。

お金を払って映画で見る作品とするなら、吉田類さんに中途半端な演技をさせたり、語りの部分からドラマ部分への繋ぎのぶつ切り感はどうにかならないかなと… 。

ただ、個人的には結構すきです!笑
店主も常連客も無愛想で排他的な雰囲気がありながら、ツマミが抜群に旨い店なども観たいなと思ってしまったので、どちらかというと、全5話ぐらいの深夜ドラマとして観たいなと思いました!

ホッピーと日本酒、できれば温めのビールをご用意の上、鑑賞することをお勧めしますっ!!

投稿者:チラシ沼 2019年01月07日

3本立て短編オムニバス映画。

1話目「居酒屋チャンス」
内輪ノリでワイワイしてる酔っ払いたちを見せつけられる。苦痛。

2話目「どつぼ酒場」
不味そうな酒と不味そうな料理を不味そうに食べる姿を見る。辛い。

3話目「ふるさと酒場 土佐っ子」
酒場からすぐさまフェードアウトし、謎の回想シーンを見せられる。意味不明。

一体なんなんだこれは・・・

ストーリテラー的な役割を吉田類という人がこなしているが、どこから声が漏れているんだろうと思ってしまう声量の無さと、おぼつかないイントネーションで、ちっとも話が入ってこない。終始ふわふわしている。

投稿者:ip 2018年11月03日

悪い内容じゃないんだが、話は素人でも思い付くベタなストーリーだし、酔っ払いが盛り上がるところを見るだけだった。

吉田類さんは演技力低そうというのがあの語りだけでわかる。
芝居っぽい語りではなく、ぼそぼその語りでいいのでは。

レビューをもっと見る・投稿する

クチコミ・レビューTSUTAYA DISCAS

レビューを書いてみませんか?

レビューをもっと見る・投稿する

クチコミ・レビューTSUTAYA

レビューを書いてみませんか?

レビューをもっと見る・投稿する