ナミヤ雑貨店の奇蹟のクチコミ・レビュー

クチコミ・レビューFilmarks

3.4

観た人
9186

観たい人
9274

投稿者:映画JP 2019年02月23日

今と過去とが手紙で繋がる、ファンタジー映画。原作知らないけど、映像には無理がある気がする。小説で読んだらきっと面白いストーリー。

投稿者:まどか 2019年02月21日

伏線というか繋がりがたくさんあって分かるとおお!ってなっておもしろかったけど、分かるのに時間かかってしまったー
小説の方がもしかしたら分かりやすいのかな?
西田さん推しだから観てみたけど、じんわりきたなぁ
3人の少年の葛藤もよかったけど、映画の時間に納めないといけないのわかってるけどもう少しじっくり時間かけれたらもっと好きな映画になったかな

投稿者:地獄少女ぶんぶん 2019年02月20日

ジャニーズ主演だからって理由で評価低くされがち(実際周りにもそんな理由で借りないって人がいたので)でしたが、意外と普通に観れましたよ。あまり気にならない私です。
山田涼介メインではあるけど、前面に出てないところはまあまあよかったのかな。尾野真千子がいい味出していました。西田敏行は言うまでもない。
場面場面の変わりから色々ごっちゃになりますし、思った程の感動はあまりなかったのは少し残念でしたかね。

レビューをもっと見る・投稿する

クチコミ・レビューTSUTAYA DISCAS

過去への手紙と過去からの回答

投稿者:こうさま 2019年02月08日

人気作家東野圭吾のベストセラー作品の映画化作品でサスペンスではない。
タイムトラベルファンタジーとでも言えばいいのだろうか。
2012の現在と1980年の過去とが廃屋となったナミヤ雑貨店で繋がっているという不思議な設定。
30数年前に営業していた雑貨店の主人は悩みの相談を引き受けており、それが彼の年老いてからの生きがいでもあったみたい。
人というものは苦しくなったり迷ったりしたら誰かに相談したくなるもの、そしてその答えが時には自分の背中を押してくれることにもなり、極端な場合は人生を変えることにもなるケースだってあるのだろう。
3人の若いコソ泥が追われて廃屋になったナミヤ雑貨店で一夜を過ごすことになるのだがそこで体験する奇蹟の出来事、郵便受けから投函される悩み相談の手紙と回答を入れる牛乳瓶受けとの箱が過去と未来をつなぐ通路なのである。
原作を読んでいないので冒頭の部分はどう描かれているかわからないが、同じ施設出身の3人組がローソクの灯の中で「迷える子犬さん」に回答を書くシーンに違和感を覚えてしまう。
そんな事を考える連中ではなかろうとチト突っ込みたくなってしまうが、それはサテおき過去と現在の一見バラバラになっているピースが最後に完成し、観ている側をほっとさせてくれる流れはなかなかよい。
なかなか面白い原作者のアイディアに感心させられる。

すごく感動しました

投稿者:スヌーピー 2018年12月17日

東野圭吾さんの本結構読んでるけどこの本は読んでないので原作を読みたくなりました。
原作を読んでたらがっかりしたかもしれないけど読む前に映画を見たのですごく感動しました。
どんな展開になるのだろうと思っていたらきれいにすべてがつながったので感動しました。
見終わって温かい気持ちになりました

どのストリーも素敵で良かったです。出演者も豪華で良かったです。

投稿者:ネットレンタル愛好者 2018年08月14日


レビューをもっと見る・投稿する

クチコミ・レビューTSUTAYA

良かったです!

投稿者:ハワイアン 2018年07月04日

文庫で読んで面白かったので、映画も是非観たいと思いお友達とシネマへ行きました。
初めは、本を読むのと違い繰り返して筋を読み返せないので、現在と未来と過去が分からなくて混乱しましたが…
その混乱が だんだん終盤になって全てが繋がって行くという面白さに引き込まれました。
あり得ない話なのですが、映画を観ている間はその世界に入り込んでしまいます。
キャストもそれぞれにはまり役であったと思います。それぞれに感じ方はありますが、私とお友達は本を読んでから映画の順番が良かったのか、感動しました。
レンタルビデオでもう一度観たいと思っています。

何かが違う

投稿者:こぴっとひろし 2018年06月30日

東野圭吾の作品はかなり読んでいたが、ナミヤ
?は読んでいなかったので、映画が初。違和感ありあり。主演の山田涼介の演技?違うなぁ、緊迫感が無い!タイムパラドックスがテーマなのに、ほのぼのストーリーを出そうとしているようで、東野作品とは毛色の違うものになっている。西田敏行、成海璃子、尾野真千子の三人が居なければ、ひっちゃかめっちゃかで終わってたでしょ?

面白いが、長く感じた

投稿者:ヨシヒコ 2018年03月04日

最後は感動します。

レビューをもっと見る・投稿する