鋼の錬金術師のクチコミ・レビュー

クチコミ・レビューFilmarks

2.6

観た人
6560

観たい人
4992

投稿者:せきちゃん 2019年03月20日

漫画は面白かったけど映画版は残念な感じ
舞台が西洋風なのに出演者がみんな日本人というのはやっぱり違和感がある

投稿者:セオ 2019年03月20日

ストーリーとしては
アニメでも良い感じに第1クール扱いで終わったあたりまでの内容だったから
色々と観やすかった

錬金術の戦闘シーンは
CGがすごかった迫力あって
見応えがあった

投稿者:かな 2019年03月17日

15分みるのが限界だった
ディーンフジオカと山田涼介は配役ぴったりだと思って期待したのに、全てが残念
原作好きとしてショックすぎる

レビューをもっと見る・投稿する

クチコミ・レビューTSUTAYA DISCAS

実写では表現できない

投稿者:こうさま 2019年02月24日

原作は超人気コミック、見ていないのでなんとも言えないが実写版は原作を超えるものではなかったのだろう。
人気コミックだからなんでもかんでも実写版を作ればよいというものではなかろう。
最近はVFX技術が格段に進歩しているからどんなシーンでも再現できるという手法が安易にこうした作品を生み出してゆくのかもしれない。
さて錬金術師が主役のお話し。
錬金術とは狭義では普通の金属を黄金に作り変える技術で広義では不老長寿の薬を作ったり人の魂の錬成なんかも含まれるとある。
天才的才能を持つエドとアル、死んだ母親と再会したいという強い思いから禁忌の人体錬成に挑み、代償としてエドは右腕と左脚、アルは全身を失うが魂だけを呼び戻して鎧に定着させるというのが発端。
錬金術の基本は等価交換にあるみたい。
兄弟の絶対的な絆はよくわかるが、その後人造人間や焔の錬金術師をはじめとする様々なキャラが登場し、黒幕は誰だなんていうごちゃごちゃの展開になってゆく。
27巻もある長編の原作にはそれぞれのエピソードが描かれているのだろうが、その全てを短い時間で表現することに所詮無理があろうというもの。
やはりコミックは原作の良さを大事にしてほしい。

嘘くせー。

投稿者:ひゅう助 2018年08月06日

原作の良いところを削ぎ、悪化させる。もう何度同じことを繰り返すのか。

実写にしてはいけない漫画。それはわかってたことだ。なぜ企画を通した。

しかも日本人キャストで。日本人の顔でカタカナの名前言われたら身体がかゆくてかなわんわ。

そして、原作のセリフをそのまま話すだけのストーリー。つまらんを通り越して、呆れる。よくそんなセリフを恥ずかしげもなく言えるな。

もしやで、これがもし連続テレビとして放送されてたら、そのセリフも重みが出たかもしれん。

しかしこれは映画。120分にすべてを注ぎ込まんといかん。

無理だろ。重みなんか出るはずない。

しかもまさかのハガレンをたった130分で終わらせる愚行。どう考えても無理ありすぎだろ。

完全なる失敗作。

☆1つ。

見ました

投稿者:東洋人 2018年07月22日

この手の作品は、『なぜ実写化』とよく言われますが、思い入れがなければ楽しめます。
アニメなので理屈抜きで・・。
子供を対象にするなら、ディーンフジオカ(入墨者)はダメですね。

レビューをもっと見る・投稿する

クチコミ・レビューTSUTAYA

最初の10分

投稿者:べべ 2018年06月29日

うーん。最初の10分で観るのやめました。原作ファンとか関係なく観るに耐えない作品です。エド役の人のファンなら観れるかも知れませんが… 何よりも日本人が実写化したのがダメなんだと思う。

なんかなぁ

投稿者:LEON 2018年04月19日

ずっとアニメで見てたので実写化で、あまり期待しないで借りました。なんかやっぱり違うなぁ。もう声が違うから違和感はんぱない。もっとリアルじゃないと引き込まれない!限界あるのかね

レビューをもっと見る・投稿する