ディストピア パンドラの少女のクチコミ・レビュー

クチコミ・レビューFilmarks

3.3

観た人
2370

観たい人
4748

投稿者:フェアにアンフェア 2019年07月20日

世界観は斬新で面白い。キャラクターもいい。ただモンスターの造詣・設定にもうふた工夫欲しい。ストーリーのためのモンスターになってしまっている。

投稿者:すい 2019年07月15日

ゾンビ映画今まで結構見てきたけど、他の作品とはまったく違った新しい感じ
子供がたくさん出てくるんだけど、どの子も演技力がすごい!
ゾンビもたくさん出てきてて、金かけてるなーって
真のゾンビ映画って感じでした

投稿者:ミドリババァ 2019年07月13日

なんという微妙さ。

ゾンビが増殖でキャー!に飽きた人にはいいのかもしれん……
いわゆるゾンビ映画のよくあるパターンではないです。

そしてかなり淡々と進みます……
なぜだ…………
20分ぐらいで寝ちゃうのに、500万ペソ賭けてもいいです。

小さい女の子がゾンビウィルスに感染してなくて、なんでや??からスタートです。
途中で仲間が合流するんだけど、まぁ1人だけなぜか個性豊か!!!
伏線ですね?分かります……

ゾンビ映画における科学者って、なんでいつもこう自分勝手なのか??
不思議よな?よくそんなポジションまで登ってこれたな?みたいな人多いよね、どうなってんの?
全ゾンビ映画の脚本家は科学者しらんのか?
ってぐらい酷いですよね、扱いが。

まぁいいや、むやみに憤りましたけど、
この作品の評価を低くしたのは、
「面白いポイントはいっぱいある」
「設定も面白い(ゾンビの木とか)」
「だがまるで生かしてない」
ってトコです。

案は沢山あって削りたくなくて、しゃーなし時間の関係で少しずつ入れてたら、こーなった、
みたいなのがめっちゃ見えてます。

もったいないな、誰かリメイクして欲しい。

レビューをもっと見る・投稿する

クチコミ・レビューTSUTAYA DISCAS

新しい人類の繁栄

投稿者:こうさま 2018年12月09日

ゾンビ作品はいろいろあれど本作は少し異なった視点でとらえている。
隔離されている少年少女、朝になると車椅子に拘束されて授業を受けるが、先生は子供たちに触れる事を許されない。
移動には銃口をつきつけた軍人たちが付き添っている。
やがて彼らはゾンビの第二世代、つまりゾンビウイルスに感染した母親の胎内で育ち、母親の内臓を食い破って出てきた子供たちだということが分かって来る。
彼らは人間の匂いに反応すると狂暴になるので人間は特殊なジェルを縫って匂いを消しているらしい。
この施設には初老の女性博士がいて、子供たちを研究材料にしてゾンビウイルスに対するワクチンを開発中らしい。
主人公の少女はかなり聡明で人間の心を持ち、先生も彼女を特別視している。
やがて施設のフェンスがゾンビの大群に破られ、侵入してくるゾンビに中の人間は次々に噛みつかれてゾンビ化してゆく。
ここらはゾンビ映画の常道。
車で難を逃れたのは少女、先生と軍人3人、ここから彼らの逃避行が開始されることになる。
少女の機転で何度か難を逃れる一行だが次々と犠牲者がでてゆく。
ゾンビ映画の結末は普通人類が滅亡してしまうか、ワクチンの開発で感染が止まり人類が優位にたつというどちらかが多いが本作はどうやらその中間。
第二世代という新しい人類の繁栄を暗示、人類から見れば原題の「絶望郷」が形成されることになるらしい。
やはりゾンビ作品は好きになれない。

メラニー

投稿者:塩胡椒 2018年12月01日

まさかのゾンビ映画だった。
まぁまぁ面白かったかな。

ありきたりな

投稿者:モモイチゴ 2018年11月18日

ゾンビ映画

レビューをもっと見る・投稿する

クチコミ・レビューTSUTAYA

レビューを書いてみませんか?

レビューをもっと見る・投稿する