探偵はBARにいる 3のクチコミ・レビュー

クチコミ・レビューFilmarks

3.6

観た人
14186

観たい人
7547

投稿者:奥田龍平RyuheiOkuda 2020年10月22日

大泉洋さん好きは、やっぱりコレだよな。
終始、可愛くてカッコいい。
どの役も愛せるキャラクター。

音楽や雰囲気も良くて、サラッと観れる。

投稿者:静 2020年10月20日

松田龍平の「激しくヤバイな」が激しくヤバい
シリーズの中でもいちばん台詞がなんかすきだったな
やっぱ音楽もいい

投稿者:R 2020年10月19日

殺陣シーンが長くなってるしスローモーションの高田が良い。
しばれる北海道ススキノに少し行ってみたくなるね。あと江別も。
皮肉めいた部分が多いけど、また観たい映画。

レビューをもっと見る・投稿する

クチコミ・レビューTSUTAYA DISCAS

命を燃やすもの

投稿者:hinakksk 2020年06月29日

 この熱いテーマとは真逆の、雪の舞う冬の北海道というコントラストがとてもいい。薄幸の女性の切なく哀しい物語に、真っ白な雪の風景と寒々とした冬の海がベストマッチ。

 3作目にして、このシリーズを初めて観ました。いきなり邦画らしからぬ拳銃の撃ち合いで始まってびっくり。行方不明の女子学生の捜索という何気ない依頼から、事態はどんどんディープな裏稼業の世界へ。ちょっとハチャメチャな荒っぽい展開だけれど、全然気にならない。癖のある個性的なキャラクターと、人情が微妙に交錯する裏通りのさり気ない雰囲気がとても渋く、そのなかに物語が自然に溶け込んでいる。これはなかなか癖になりそうな世界観。

 めっぽう強いのに、いつもぎりぎりまでクールに傍観している高田と、とぼけていても、暑苦しいほど熱血漢の探偵とが好対照で、実に絶妙なコンビ(俳優と役柄もベストマッチ)。高田がニュージーランドに酪農修行に行って、ふたりの関係ももはやこれまでかと思っていると、何とクレジットの最後の最後に、びっくりの楽しいオチがあって、このシリーズはまだまだ続くなと、ほっと安心。チャーミングな心憎い演出です。

大泉洋、松田龍平のコンビは、セリフがなくても絵になる

投稿者:nob77 2020年04月16日

大泉洋、松田龍平のコンビは、セリフがなくても絵になる。
前作までと違って、大泉洋がちょっとカッコよくなり、松田龍平がちょっとコミカルになっている点が、面白い。

本作のヒロインを演じた北川景子は、やってることと表情にギャップがあり、ちょっと違和感があるかな。
でも、本当にお綺麗です。

前田敦子はアイドルの頂点を極めたのに、へんに気取らず、天然でバカっぽい女の子を平気で演じている。
このキャラに合わせたかのようなわざとらしく見える演技がよく合っている。

2作目は設定に疑問があったが、本作は1作目を超えて面白く仕上がっていると思う。
そして最後に、エンドロールの後に意外な事実がわかるので、最後まで見損なわないように!

昭和の探偵ものみたいな安定感

投稿者:Sarah 2020年02月22日

ストーリーはやくざがらみで、昭和の探偵ものみたいな安定感があって、程よく二転三転します。
個人的には大泉がニヒルな2枚目を演じるのがなんかしっくりこない(笑)
一方で、松田龍平の妙に淡々としたこぼけキャラは、ついに小笑いを作り出す存在として、しっくりくるようになった。こういう人、いそう。けっこう個性的なんだけど、ちゃんと主役を食わないように一歩引いてる感がさすがです。
なかなか豪華キャストだと思いますが、このシリーズ、どれもドキドキ感・涙・笑い、どれもちょっとずつ入ってる感じでインパクトがちょっと薄いです。
事件の真相もちょっと弱い。実の子のほうがよくないか?

レビューをもっと見る・投稿する

クチコミ・レビューTSUTAYA

少し寝た

投稿者:ヨシヒコ 2018年06月25日

ストーリーのテンポがゆっくりめなので、中盤、少し寝てしまった、、、。
それでも、面白かったです。
エンドロ-ルまで、しっかり観てほしい。

レビューをもっと見る・投稿する