アトミック・ブロンドのクチコミ・レビュー

クチコミ・レビューFilmarks

3.6

観た人
31174

観たい人
24064

投稿者:JunOkuda 2021年01月22日

痛快なスパイ映画と思って見てみたら、めちゃくちゃ頭を使う硬派な映画でした。

ロシア、フランス、アメリカなど複数のスパイ集団が、ベルリンを舞台に戦うお話。アクションシーンが多い。
スッキリした!!という気持ちにはなれなかったけど、クライマックスの捉え方は人それぞれ。アドミックブロンド2が制作中ということで、その答えは次作でわかるかも。

投稿者:curly 2021年01月21日

シャーリーズ・セロンかっこいい。
長回しのアクションシーンはすごい見応え。
ベルリンのヴィルヘルム教会やテレビ塔は、統一前も今と殆ど変わらない景色で、逆に不思議な感じ。
キャッチーなロックがお供してくれて軽やかにテンポ良い展開で早く感じた。
最後のアンダープレッシャーは笑った。

投稿者:松本 2021年01月19日

ストーリーがよく理解できなかった。
中盤のノーカットのアクションシーンはリアリティがあって良かった。

レビューをもっと見る・投稿する

クチコミ・レビューTSUTAYA DISCAS

迫力あるリアルなバトル

投稿者:oyoyo 2021年01月07日

シャーリーズ・セロンが、MI6の女スパイを演じる。
アントニー・ジョンソンによる人気グラフィックノベルを映画化

アクションが凄い!
ただ、ミッションインポッシブルのような、派手で人間離れした戦いじゃなく、
痛みの感じるリアルなファイト。
主人公はとびきり強い訳ではなく、
ダメージを受けながら、なんとか勝利するのがリアリティあって○
傷だらけになり、アザを作りまくり、それでもギリギリのところで戦う。
エンタメ的な楽しくカッコいいアクションを期待して観ると×

実際に殴り合っているように見える格闘アクションは、
どうやって撮影したのだろう?
本当に殴ってた?
いやいや、それじゃ危険でしょ。
敵役が階段を転げ落ちるショットなど、どう見ても怪我しないほうがおかしい。
気になります。

ストーリーは複雑。
登場人物多く、掌握しきれない。
お酒を飲みながら観ていたら途中で訳が分からなくなりました(笑)

80点 

面白い!!

投稿者:払釣込足 2019年10月22日

東西冷戦期のスパイものを扱った作品の中には誰と誰が敵でコイツとアイツが味方でとか騙し騙されているのはどっちか?など思考の深みにはまり込みストーリーを追っていくうちにモヤモヤっとしている間に、あらっ?!まぁ~・・・と結局は何が何だかわからないうちに観終わるものも結構あったりするのですが、本作品にはそういう煩わしさ(一応スパイリストの流出阻止・Wエージェントは?というところもあるけど)を打ち消す、美女VS野郎の接近戦のアクションの切れ味がなかなか鋭く良かったです!!
プロ同士の格闘となるとやはり女性の非力感は否めない、さぁ~倒すことは出来るのか窮地を脱するには・・・。
散水用のホース?を武器としかつ脱出用のアイテムとする場面は面白い。(実際出来るかどうかは???なんだろうけども)高所からの落下シーンは浮遊感と身体動作の見せ方が自分的には印象に残る。格闘から脱出するタイミングまでの流れるようなアクション絶妙やなぁと。「ジョン・ウィック」を手掛けた監督さんらしく近接戦における柔道技(背負い投げ)とガンアクションのバランスが上手い。(勿論とどめはヘッドショット!!)
BGMと映像・雰囲気がマッチしていてこれも良かったですよ。

全体的に展開が遅すぎるし、緊迫感がない

投稿者:D.IKUSHIMA 2019年08月25日

奪われた機密情報を取り返すため、
ベルリンへの潜入する女性エージェントの話。

要所要所で繰り広げられるアクションはまずまずだが、
ストーリーとして惹きつけられる部分がなく、
どうにも淡々としていて退屈に感じた。
ケバケバしいビジュアルや雰囲気は悪くないものの
全体的に展開が遅すぎるし、緊迫感がない。

予告編は勢いがあって期待させてくれたが、
実際は盛り上がりに欠ける単調な作品だった。

レビューをもっと見る・投稿する

クチコミ・レビューTSUTAYA

もう少し人間・・・

投稿者:いもちゃん。 2018年05月20日

もう少し内容を、簡素にしたら良かったのに・・・

セロンの体を張った感がいい!

ただ、R 45 かな。
冷戦時代の暗さ、複雑さを、解る世代でないと楽しめない作品ですね。

アクションとカメラワークに注目

投稿者:ババロ 2018年05月05日

シャーリーズ・セロンの身体を張ったアクションが印象的。体重の乗ったパンチ1つ1つが半端ない。

レビューをもっと見る・投稿する