コードネーム:ストラットンのクチコミ・レビュー

クチコミ・レビューFilmarks

2.8

観た人
578

観たい人
250

投稿者:ももくりさんねん 2020年11月15日

2020.7.4
出だしはドキドキ感あって不幸もあってつかみは良かったのに…急に停滞、失速笑
B級の極み

投稿者:勝沼悠 2020年10月26日

 イギリス海兵隊の特殊舟艇部隊がネイビーシールズと協力してテロの陰謀に立ち向かう。

 MCUでハワード・スタークを演じたドミニク・クーパー主演。やはりかっこいい。
 なのだが、映画としての見どころはあまりない。海中の特殊部隊なのにそれを活かした見せ場に乏しい。

投稿者:AriKen 2020年09月24日

微妙
シリアスな作品を監督が無理矢理アクション寄りに持っていったのでは?
B級映画に予算ぶち込んだ感じ

レビューをもっと見る・投稿する

クチコミ・レビューTSUTAYA DISCAS

盛り上がりに欠ける

投稿者:こうさま 2018年10月07日

英制作のスパイアクション、主人公ストラッテンは英国特殊船艇部隊(SBS)所属で相棒は米ネイビーシールズからの出向、ここにM16が絡んでテロリストに奪われた生物兵器の奪還作戦が展開されるのだが些か地味で盛り上がりに欠け、印象の薄い作品。
どのアクションシーンもどこかで観たような感じがしてしまうのが残念なところ。
ロンドンの街を見せながらのボートチェイスが見せ場の一つになっているが、これもまたどこかで観たような、、、、。
製作費が少し少なかったのかなぁと考えてしまう。

狙ってもできないレベルのトホホ感

投稿者:オッドジョブ 2017年12月18日

「ツタヤ先行」に備えてハードルをグッと下げての鑑賞。しかしそれを軽く凌駕してくる残念感あふれる作品。

ロシア、イランだけでなくSBS、MI6、KGB、ネイビーシールズ他たくさんの組織名を登場させてるけど本当に登場させている『だけ』という斬新さ。間抜けな相手、間抜けな作戦、間抜けな展開、間抜けなアクションと全編を通して安定したルーズ感。キャラクターもの、バディものとして全く成り立っていないシュール感。極め付けに悪役と上司の過去設定、裏切り、家族とのヒューマンドラマなど全力でトホホな感じを上乗せし、ラストに最終兵器のドローンでトドメの一撃!

「ストーリーさえ派手ならいいや」くらいの期待でしたが、あまりの牧歌的展開に心がほっこりしてしまうようなアクションキャラクター映画でした。

最後まで見れる我慢が必要

投稿者:テー 2017年12月18日

 最初から安っぽい感じが貫かれています。途中から飛ばし飛ばし観賞。見る価値はないと思います。予告に上手にやられました。ただ、最初から安さを感じ、飛ばしたので、時間をとられること最小限に防げたことは満足です。

レビューをもっと見る・投稿する

クチコミ・レビューTSUTAYA

今時これ、、?

投稿者:Tabee 2018年02月13日

ストーリー、アクションなど、全てにおいて在り方が古すぎる

レビューをもっと見る・投稿する