陸王 -ディレクターズカット版-のクチコミ・レビュー

クチコミ・レビューTSUTAYA DISCAS

陸王

投稿者:omiho 2018年07月15日

住んでる市の隣の市で撮影してたこともあり毎週みてました!毎週泣ける、心温まるとても素敵なドラマです 役所広司さんはじめ出演者の方々が演技派で素晴らしい。最終回はタオル持参でみてください
何回でも観たいと思えたドラマです

とても熱いドラマです。

投稿者:oyoyo 2018年04月02日

企業再生の物語ですが、マラソン足袋(シューズ)を製作するという内容。
僕も自衛官をしてた頃は、走るのが日常だったので、親近感湧きました。
マラソンにも出たことあるので、本番シーンでは胸が熱くなりました。

諦めない力!
素晴らしいです。
泥臭く、人間臭い、ヒューマンドラマの逸品です。

先が読めない展開、観ているうちに拳に力が入ってしまう場面も。

出演者も全員ハマリ役。
主役の役所さんをはじめ、脇を固める脇役まで、みんな個性が良く出ている。
そして、みんないい人だ。
観ていて気持ちがいい。
(もちろん悪役はいい人じゃないですが(笑))

TVドラマで観ましたが、これからまたDVDを借りて観ようと思います。

90点

心が拳を握る時間

投稿者:ビンス 2018年03月28日

毎週毎週
気持ちをグイっと入れ込んで
鼓舞して鼓舞されて
そんな所謂「熱い気持ち」で観たドラマ
そういう気分にしてくれたドラマ
「ハートが拳を握る」とでも言いましょうか
原作は池井戸さんだし
企業再生ものだし
熱くならないわけはないんですが
そこに主役が役所さんっていう
さらに熱くさせるキャスティングで
敵対する奴もワル演技に定評ありのピエール瀧さんに
ワルしかありまへんがな、な小藪さん
これで気持ちが盛り上がらないわけがないんです。
小さな足袋会社の再生と
あるランナーのケガからの再起
負けない
負けたくない
負けられない想いが合致するとき
魂をブルブルト奮わせたのがジュピターでした。
リトル・グリーン・モンスターが唄う
「ジュピター」でした。
これがもう絶妙すぎるタイミングでかかるわけですよ
そうするともう
魂奮わされて
ハートが拳を握って
溢れる想いは涙の滝となるしかないじゃないですか!
思わず立ち上がるじゃないですか!
これがもう毎週のように続いて
毎週のようにドンピシャだったのです。
なのに最終回!
なぜに最終回!
これまで寸分の狂いもなかったそのタイミングに
有り得ない狂いが生じ
ジュピター待ちしてる心に
その歌声が響いてこないエマージェンシー
ココでしょ!
今でしょ!
ココでかからないでいつかかるの!と
魂が叫んだのに
結局かかったのは
「は!?」なシーンとタイミング
これにはなんだか切ない気分にさせられました。
最後の最後で大チョンボ
勿体ないことしきりです。
ドラマ自体は
最後の最後まで素晴らしいものでした。

レビューをもっと見る・投稿する

クチコミ・レビューTSUTAYA

レビューを書いてみませんか?

レビューをもっと見る・投稿する