ロープ 戦場の生命線のクチコミ・レビュー

クチコミ・レビューFilmarks

3.7

観た人
1227

観たい人
2530

投稿者:切身 2019年04月21日

ロープっていうのが皮肉。
あと、この映画のタイトルが皮肉。

結局、神や自然の前では、人の力が及ばないことも多々あるものだ。

人間の所作の皮肉。

投稿者:mao 2019年04月20日

ティム・ロビンスが子供と遊んでるシーンが可愛かった。ロープとってくるだけでここまで引っ張れるのすごい。

投稿者:レク 2019年04月19日

井戸に捨てられた男の死体を引き上げる為に、ロープを求めて奔走する国際援助活動家たちの姿を描く。

武装集団が徘徊し、あちこちに地雷が埋まる危険地帯。
文明国にない困難、他国に介入する難しさ。
置かれた環境の理不尽さやジレンマを一本のロープを通して描き切る。

レビューをもっと見る・投稿する

クチコミ・レビューTSUTAYA DISCAS

観ていて歯がゆい気持ちに・・・

投稿者:ミッキー 2019年03月15日

1995年、停戦直後のバルカン半島。ある村で井戸に死体が投げ込まれ水が汚染される。
市民に綺麗な水を提供するために「国境なき水と衛生管理団」は遺体を引き上げるがロープが切れてしまう。
ロープを探すお話。
何ともたった1本のロープを探すのにこんなに苦労するとは・・・

戦時中での何とも歯がゆい事の連続でした。

ユーゴ紛争、使命感、人としての部分、いろいろ考えるね

投稿者:Yohey 2019年02月18日

紛争地域に和平がなり、生活に必要なキレイな水を確保するために奮闘するNGOの話。ドキュメンタリーとかでしかその活躍ぶりは分からないですが、主役のベニチオ・デル・トロもティム・ロビンスもその他の方々も実際にいそうな感じで面白い。でもまぁ、女関係の部分はどうなのかな。あんまりいらんかったと思うけど・・・

ユーゴスラビア紛争のぐちゃぐちゃ感を、なんとなくではありますが分かるように描きつつ、国連軍や地元民の部分もうまくできていました。結果としてラストがいい感じに終わります。

いろいろなことがあるけど、使命感をもってやっている方はすごいですね。でも「さっさと帰りたい。」という本音なのかどうなのかよくわからん部分も出ていたりして、やっぱり人なんだなぁ、と思いました。

2.5

投稿者:aa 2019年02月09日

普通

レビューをもっと見る・投稿する

クチコミ・レビューTSUTAYA

レビューを書いてみませんか?

レビューをもっと見る・投稿する