悪女/AKUJOのクチコミ・レビュー

クチコミ・レビューFilmarks

3.6

観た人
4564

観たい人
6203

投稿者:とみ 2019年03月19日

オープニング、ハードコアよろしくなPOVアクション
ラストのボンネットに乗って車運転するところかっこよくて笑っちゃった。
ここのアクションもすごい。

投稿者:あゆみ 2019年03月17日

アクションシーンのカメラワークすごすぎ。なんだこれは!ってのと、人物像を描く時が違いすぎて別の映画を見てるよう。ちょっと落ち着かない。
キルビルのように、血流れまくりのなか、ソンジュンが出てくるとほっとする。

投稿者:かきフライ 2019年03月16日

「悪いのは私か運命か」って、そりゃ運命でしょ!最悪な境遇で最高に運が悪い女のアクション映画です。そりゃ生きていたくなくなるよ!

色々と色々な映画でしたが、これはこれでありかな。でも、これ一本で疲れてしまって二本続けては見れないです。

アクションになるとアングルが主人公視点になって、グルングルンのカメラワークがサバイバルアクションゲームみたいでした。
そんなんに慣れてないとかなり酔います。

そんでもって、ストーリーは時間軸が行き来したり、ダイジェストみたいに、はしょったりで分かりづらいし、説明が足りないから、どんでん返ししてるのかしてないのかさえ分からないし、敵も味方も何がなんだか最初分からんし
(二回見るとそれなりに分かりそう)
だけど、説明あとづけで何となく分かるって映画でした。

これ、10話ぐらいのドラマにしたらもっと分かりやすかったんじゃないかな。恋愛パートも急だし、しつこくてストーカーみたいだったから無理もあったし…

でもって結局誰も幸せにならんし後味最悪やん。←ってネタバレしても全然怒られそうにないバリバリアクションの映画でした。

誰か主人公幸せにしてあげて…

レビューをもっと見る・投稿する

クチコミ・レビューTSUTAYA DISCAS

ありふれた話だけど

投稿者:ペーハ 2019年02月21日

私はすきですね。


「悪女」の定義がよく分かりませんが

投稿者:サランヘ 2019年02月21日

雑魚からラスボスまで容赦なくぶっ倒すキム・スッキ(キム・オクビンssi)のバイオレンスアクションで始まるこの映画、この冒頭シーンだけで観る気にさせてくれます。
スト-リー的には、幼い頃に父親を殺された彼女が、中国延辺マフィアの若頭イ・ジュンサン(シン・ハギュンssi)に拾われ、殺し屋として育てられ、成人したスッキはジュンサンと結婚しますが、ジュンサンはソウルの組織に殺害され、彼の仇討ちの過程が冒頭のシーンなのですが、この活躍?で国に目をつけられた彼女は、暗殺者養成所?を経て任務に就き、監視役のヒョンス(ソンジュンssi)と擬似恋愛を展開します。と、表題の「悪女」の持つイメージとはかけ離れたストーリー展開となっています。
流れとしてはあっち行ったり、こっち行ったりして掴み難いのですが、要所で繰り広げられるアクションとカーチェイスで十分に楽しませてくれます。
韓国では、女性が主人公の映画はヒットしないというネガティブな考えが支配的で、これまであまり制作されてきませんでした。そのジンクスに新風を吹き込んだのが、テコンドーとハプキドー黒帯という特技を持つキム・オクビンssiのアクションでした。ほとんどのアクションシーンをキム・オクビンssi自らが演じた本作は、彼女の魅力満開で、彼女の人気を不動のものにするとともに、ジンクスまで打ち破ってしまいました。

おまけ:キム・オクビンssiは「一級機密」にも出演していますが、彼女をご存知の方には少し物足りなかったのではないかと思います。そんな方にオススメがドラマ「小さな神の子どもたち」です。派手なアクションはありませんが、キム・オクビンssiの世界を満喫できます。

1

投稿者:1 2018年08月19日

1

レビューをもっと見る・投稿する

クチコミ・レビューTSUTAYA

ニキータ風か・・・

投稿者:いもちゃん。 2018年06月23日

アクションシーンを観てると酔うねえ。
訓練後の方が弱くなってない?

いい作品なんだけど、残念な作品ですね!

レビューをもっと見る・投稿する