ダブル/フェイスのクチコミ・レビュー

クチコミ・レビューTSUTAYA DISCAS

ダブル/フェイス

投稿者:ぴゅうた 2020年06月30日

最後、なんで生きてたのでしょうか。そこが説明不足です。

ニコラス空気!!

投稿者:Yohey 2020年01月11日

ニコラス・ケイジが妻とその親友の間で右往左往するという話なのかな、とぱっと見で思い、氷の微笑みたいなやつになるのかな、とか思ったら・・・いやいや、違う。ニコラス・ケイジが全くの空気。ただいるだけのおっさん。別に彼じゃなくてもよいくらいの存在感。

基本はニコラスの妻と代理母の間での物語でして、これがまた・・・ちょっと無理があるんだけど、実際にありそうな感じの話でして、怖い、怖い。

おそらくアメリカではあるんだろうなぁ、こういう話。代理母の気持ちもわからんでもないんだけどね。まずまずの作品でした。

代理出産を依頼した女性の正体は…

投稿者:コタロウ(!) 2019年08月27日

幼い娘を持つ裕福な医師夫妻・アンジェラとブライアン。
彼らに、住み込みの子守として雇われたシングル・マザーのケイティには、秘密があった。
何も知らないアンジェラは彼女を信頼し、代理母を依頼する。

ケイティがアンジェラの家庭を狙う動機…
ちょっと切ないが、彼女の行動は明らかに異常である。
髪を染め、カラー・コンタクトで瞳の色を変え、写真に撮られることを忌避するケイティ。
アンジェラの娘・コーラの愛情を勝ち取り、母親のように振る舞うケイティ。

ケイティが、アンジェラの家庭をジワジワと侵食していく様は、
サスペンスが高まりそうなのだが、なんだかストレスが溜まる。
疑念を募らせたアンジェラは、激高してケイティを問い詰める。
医師なら、もう少し冷静に理路整然と質問できないものだろうか。
サクっとケイティに反撃され、立場を危うくするばかりのアンジェラ。
視聴時間106分中95分くらい、アンジェラが下手を打っているシーンばかり見せられた…

彼女の夫・ブライアン(ニコラス・ケイジ)は、善人だけど空気。
アンジェラは4度も流産した末、卵子提供でコーラを授かり、やっとの思いで出産した。
大体、50才前後の奥さんに「あなたに息子をあげたかった」って泣かれたら、
「もう娘がいるからいいっすよ」とか「今のままでもハッピーっす」とか言えないものか。

代理出産で生まれた子どもに「ガブリエル」と名付けたのは、何か意味があるのかな。
ガブリエルって、マリア様に受胎告知をした天使の名前ですよね。

アンジェラ(ジーナ・ガーション)もケイティ(ニッキー・ウィーラン)もキレイ。
ケイティの同性の恋人・リンダも素敵な女性で眼福。
ブライアンの母役でフェイ・ダナウェイが出演していた。
何度見ても「あのフェイ・ダナウェイが…」と悲しくなる。
何もいじらない方がずっとキレイだったと思う。

先に投稿した方たちのレビューに興味を惹かれて視聴しました。
ご紹介ありがとうございました。

レビューをもっと見る・投稿する

クチコミ・レビューTSUTAYA

レビューを書いてみませんか?

レビューをもっと見る・投稿する